プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセット・アロケーション(2007年3月25日現在)
今日は、2007年3月25日現在のアセット・アロケーション(資産配分)を公開します。
先週末時点のものです。

--------------------------------------------

*ETFおよびインデックスファンド(日本株式) 比率 17%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 比率 19%
*さわかみファンド 比率 4%
*HSBCチャイナオープン 比率 6%
*HSBCインドオープン 比率 5%
*J-REIT 比率 16%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 比率 16%
*外貨建てMMF(ユーロ) 比率 13%
*純金積み立て 比率 4%

(注)
※公開している比率は投資商品のみの合計で100%としており、預貯金など元本保証型の金融商品については除外しています。
※ETFおよびインデックスファンド(日本株式)は、TOPIX連動型上場投資信託(ETF)とインデックスファンドTSPを合計したものです。
※J-REITは日本プライムリアルティと東京グロースリート投資法人の二つを合計したものです。
※外貨建て商品は円換算のものです。
※純金積み立てのみ購入価格。それ以外は全て時価です。

--------------------------------------------

今年の投資方針として、日本市場の比率を相対的に引き下げ、海外株式の比率を上げる方向で考えているわけですが、とりあえず現時点ではトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの比率が一番高くなっていて、少しずつですが一応は計画通りに進んでいるようです。今後も、海外株式のインデックス投資への比率を高めていく予定です(投資対象については、乗り換えを含めて検討する必要があるかとは思っていますが)。

・・・それにしても、「ポートフォリオの中核とはしない」という方針になっているJ-REITの比率が16%もあるというのは、少々問題かもしれません。もっとも、預貯金なども含めた総資産に占めるJ-REITの比率は10%なので、総資産ベースで考えれば妥当なのかもしれませんが・・・。いずれにしても、日本プライムリアルティ投資法人の上昇ぶりが気になるところです。今後果たしてどうなるのか?

ちなみに、日本プライムリアルティの運用利回りですが、本日(2007年3月31日)現在で、投資収益率 +99.7%  年間収益率 +30.7%にもなっています!これに匹敵する高い利回りを出しているのは、私のポートフォリオの中ではHSBCチャイナオープンだけです。・・・というか、HSBCチャイナオープンですら、本日(2007年3月31日)現在で、投資収益率 +98.0%  年間収益率 +27.5%なので、むしろ日本プライムリアルティの方が高くなっているという状況・・・。これを一体どう評価すべきなのか?迷いどころではあります・・・。


アセットアロケーションをまとめるたびにいつも書いていることなのですが、相変わらず外貨建てMMFの比率が高いです。長らく買い増ししていないのですが、依然として大きな存在感を示しています。


他には特筆すべきことはありません。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

こんにちは

いつも役立つ情報ありがとうございます


私もサイトを開設しましたのでもしよろしければ

一回見に来てください


ではこれからも良い情報待っています


ではがんばってくださいね

【2007/03/31 22:21】 URL | 株で稼ぐ野郎 #- [ 編集]

預貯金の比率が高いような気がします。
masa 様
 余計なコメントですが、J-REIT が運用額の 16% を占め、かつ預貯金を含めて考えると 10% だということは、金融商品が 100 に対して預貯金が 60 あるということになります。つまり、預貯金は全体の 37.5% になるというわけです。
 この比率を見ると、預貯金の比率が若干高いような気がします。
 アクティブ・ファンドの成績がインデックス・ファンドと比べて今ひとつになってしまう原因の一つは、現金の比率がゼロではないことがあります。インデックス・ファンドは、全額投資が可能です。
 運用の絶対額にもよりますので、一概に預貯金が多いというのはいえないと思いますが、私はこんなふうに感じました。
【2007/04/01 06:15】 URL | #aggRNquY [ 編集]


>>乙さん

コメントありがとうございます。

確かに、私は預貯金の比率がかなり高いです。その点については、私も悩みどころではあるのですが、これは意図的に高くしているというのが本当のところです。
預貯金の比率が高すぎるというのは、投資効率の点では合理的とはいえないのかもしれませんが、精神的な面でのメリットも多々あると感じています。例えば、世界同時株安といった大幅な下落局面においては、この預貯金比率の高さこそが、いわば「精神安定剤」の役割を果たしてくれていますから・・・。

今後の預貯金の比率ですが、相対的に徐々に下げる予定で考えています。基本的には現状以上に預貯金を増やすつもりはありませんので。
【2007/04/03 21:47】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/235-c80e6818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。