プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高すぎる運用利回りにこそ注意が必要
日々お金を運用していて、いつも思うことがあります。それは「あまりにも運用利回りが高すぎるときには警戒してしかるべきである」ということです。どういうことかというと、あまりにも運用利回りが高い状態というのは、もしかしたらそれはバブルかもしれないからです。


歴史を振り返ると、大暴落の前には必ず大暴騰があると言っても過言ではないでしょう。「暴騰と暴落は常にワンセット」と考えても差し支えないかもしれません。私はいつも思うのですが、暴騰と暴落というのは意地悪な双子の兄弟(あるいは姉妹)のようなものではないか、とつくづく思います。最初に「暴騰」がやってきて、投資家を有頂天にさせ、その後、双子のもう一人「暴落」がやってきて投資家を地獄に叩き落とす、というイメージです。



だからこそ、あまりに運用利回りが高いときには注意すべきだと思うわけです。



損失であれば、誰でも注意を払うことでしょう。しかし利益に関しては無頓着になりがちだと思います。人が投資をするのは利益を上げるためであり、儲かる分には多ければ多いほどいいのですからどうしてもそうなってしまいます。
私自身は、運用利回りが高いときには決して無理をしないようにしてきました。具体的には、追加投資金額を抑え、暴落時に買い増しできるように貯金に重点を置くようにしたきたのです。

株価や基準価額などというものは、上がったり下がったりしているわけですから、価格が上昇すればするほど下落の可能性も高まると考えています。特に、「何年何ヶ月ぶりの高値」とか「史上最高値更新」などというニュースが流れるときはなおさらそう感じてしまいます。その状況下では「買うから上がる。上がるから買う」という買いが買いを呼ぶ展開になっていることが多いと思います。
・・・で、結局最後に損をするのは、上昇局面の最後の方で買った投資家というわけですね。もっとも、そういう投資家が最も一般的なんでしょうけど(^^;)



バブル経済に関する本を何冊か読んだ経験上からすると、バブルかどうかということを事前に知る術はない、というのが私の出した結論でした。バブルというのは崩壊してからこそ「あれはバブルだった」ということがわかるわけで、バブル経済の最中にその判断を下すことは極めて困難なことなのだとつくづく思いました。「これはバブルではない。なぜならば・・・」などと主張する人が増えれば増えるほどむしろ危ないと思うのです。



私自身、これまでもそうだったように、今後もあまりにも高すぎる運用利回りには細心の注意を払いつつお金を運用していきたいと思っています。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/241-1db1e9a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。