プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略なくして戦術なし
私の投資は、いつも書いているように基本的に「ほったらかし投資」です。重点を置いているのは、アセット・アロケーション(資産配分)だけです。私の投資戦略は、あくまでもアセット・アロケーション(資産配分)をどうするか。ただそれだけ。前にも書いたと思いますが、投資成績の80%程度まではアセット・アロケーションによって決まるといわれているそうなので、それを「戦略」としているわけです。

その戦略に基づき、ポートフォリオを構築すべく、少しずつバランスよく投資資金を投入してきました。投資対象を「具体的にどの投資対象を買うか」「いかに安く買うか」ということももちろん考えますが、それはあくまでも戦術レベルの話です。

「戦略」と「戦術」の違いについて書いておくと

戦略・・・より大局的・長期的なもの
戦術・・・具体的・実際的なもの

ということです。例えは悪いかもしれませんが、戦争で言うならば・・・

戦略・・・国家全体あるいは戦場全体レベルでの作戦
戦術・・・個別の戦場(局地戦)での作戦・戦い方

・・・という感じでしょうか。


全体の作戦としての戦略がしっかりしていなければ、個々の戦場での戦術など無意味です。投資における戦略はアセット・アロケーション。それに対して、戦術というのは「どの投資対象(銘柄)を」「いかに安く買うか(売るか)」ということですね。戦略レベルでの失敗を戦術レベルで補うことはまず不可能でしょう(戦いにたとえると、国全体としての戦略が間違っていれば、少数の精鋭部隊がいても国家レベルでは勝つことはできないのと同じ。精鋭部隊の戦術をいかに有効活用するかを決めるのが戦略ということになりますね)。


まとめてみると、投資に対する戦略・戦術というのはだいたい以下のようなものになるでしょう。ここでも戦いに例えてみます。

--------------------------------------------

戦略・・・国力、すなわち手持ち資金・総資産の確認・現状分析。そもそも戦い(投資)が可能なのか?勝算(利益の出せる見込み)はあるのか?どれだけの兵力(投資資金)を出せるか?どのように兵力を展開(資産配分)するか?予備兵力(予備資金)はどの程度用意できるか?状況が不利になったら(市場が暴落したら)どうするのか?

戦術・・・具体的にどのように兵力(投資資金)を運用するか?(具体的に投資対象・銘柄を買うか?どのように買い進めるか?いかに安く買うか?いかに高く売るか?)

--------------------------------------------

よく、株式投資の本などで、「株というのは、9勝1敗でもトータルで損をすることがある」と言う言葉を見かけることがありますが、こういうのは、戦術レベルでの話をしているに過ぎないと思います。戦略レベルでしっかりした作戦を立てていれば、戦術レベルでの多少の失敗を補うことは十分に可能であると思うからです。
・・・もっとも、「9勝1敗でも・・・」などという表現を好んで使う投資本というのは、その大半が株の個別銘柄投資であり、それも大抵の場合は日本株式のみを対象としているのが大半。他の資産クラスを一切考慮せず、その上、日本のみに限定するというのはそもそも戦略レベルで大きな間違いを犯していると言っても過言ではないという気がします。


「戦略なくして戦術なし」


投資する上で、この言葉を忘れてはならないと思います。私の場合、戦略的視点で、あらゆる事態を想定した対処方法をあらかじめ考えてあるからこそ、ほったからし投資をしているに過ぎないのですから・・・。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/04/28 00:02】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/04/28 00:04】 | # [ 編集]


元町愛さんからコメントを頂いています。公開すべきコメントを間違って「管理者にだけ表示を許可する
」にチェックを入れてしまったとのことで連絡を頂きましたので、以下に公開します。


-------------ここからコメント-------------------------------


梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんは、バンガードから楽天証券取り扱い
海外ETFへの乗換えをおこなっているようです。
現在積み立てた、投信を解約しての乗り換えのようですので、これだけを見ても
「ほったらかし」とはいえない感じです。

もちろん、手数料等に関して考察の上の乗り換えですので、「戦略」にしたがった
上での決断のようです。

管理人さんは、ファンドの積み立ては行っても、組み直しには、消極的に受け取れますが、
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんの、「戦略」はどのように感じられますか?

私は、これをみて楽天証券の口座開設を考えています。
ただ、もう少し待てば、E-Trade証券とかも海外ETFを扱ってくれそうなので、
今年いっぱい待ってみようかとも考えています。


-------------コメント終了-------------------------------


いつもながら鋭いコメントです(^^;)
この元町愛さんのコメントについてですが、私の回答は後日改めて記事の形でお答えしたいと思います。
例によって、記事にするまでには時間を頂くことになりますので悪しからずご了承下さい。
【2007/04/28 22:15】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/242-00c19b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。