プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回り(2007年4月29日)
運用利回りを公開します。2007年4月29日時点でのデータです。

-------------------------
運用利回り(2006年4月29日時点)

*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 +43.3%  年間収益率 +17.2%
*インデックスファンドTSP 投資収益率 +6.3%  年間収益率 +8.7%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 +43.5%  年間収益率 +21.6%
*さわかみファンド  投資収益率 +28.4%  年間収益率 +15.9%
*HSBCチャイナオープン  投資収益率 +112.4%  年間収益率 +29.8%
*HSBCインドオープン  投資収益率 +62.2%  年間収益率 +44.4%
*日本プライムリアルティ 投資収益率 +110.0%  年間収益率 +32.1%
*東京グロースリート投資法人 投資収益率 +10.1%  年間収益率 +6.3%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 +18.8%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 +30.4%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

-------------------------

商品説明(一部のみ)

TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)・・・TOPIX連動型ETF

インデックスファンドTSP・・・TOPIX連動型インデックスファンド

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド・・・米国バンガード社の4種類のインデックスファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ。日本以外の世界主要各国の株式に投資する。為替リスクあり。

日本プライムリアルティ(証券コード8955)・・・J-REIT

東京グロースリート投資法人(証券コード8963)・・・J-REIT

純金積み立て・・・田中貴金属工業にて純金積み立て。

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。

-------------------------

金額は非公開ですが、利益の金額は過去最高水準に達しています。

J-REITの日本プライムリアルティが+110.0%となり、ついに2倍になりました。運用利回りが+100%を超えたのは、HSBCチャイナオープンに続き2つめです。今後も分散投資の一環として、保有を継続します。
これと比較すると、同じJ-REITの東京グロースリート投資法人の運用利回りが非常に低いようにも見えますが、それでも年利換算では+6.3%となっていて、私の目標利回りの年利4%から7%の範囲には収まっていますから、これでも十分な利回りです。

他に特筆すべきことはやはり外貨建てMMFのユーロでしょうか。このデータをまとめた時点での為替レートは1ユーロ 163.03円となっています(データはソニー銀行のものです)。なんともすごいユーロ高が続いています。今後は一体どうなることやら。

それにしても全体として恐ろしく高い利回りになっています。現在一番気になっていることは、やはり米国経済の先行きです。米国経済が世界に与える影響は非常に大きいでしょうから・・・。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

今日何気にラジオを聴いていたら、
「ウォーレン・バフェットの株式の平均保有期間は25年」
だそうな。

ありゃりゃりゃ!
もし、彼の真似したら、わたしは、一生購入した株式を売ることができない
(寿命が尽きちゃう)
やはり、投資は早く始めなければならないのか!

やはり、「時は金なり」ですねぇ
【2007/05/09 03:28】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


>>元町愛さん

まあそうですね(^^)

もっとも、ウォーレン・バフェット氏の投資手法は投資の王道と思う一方、相当特殊な投資手法だという気はします。
誰でも真似できる投資手法ではないでしょうし。
【2007/05/12 15:56】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/244-a0241cc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。