プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資収益と労働意欲の微妙な関係
今日は、投資で高い運用利回りを上げるようになってから労働意欲はどうなったかということについて、あらためて書いていきます。

よく、「投資でお金を稼ぐことを覚えると、真面目に働くのが馬鹿らしくなる」ということを聞きます。
私の場合、投資を開始するようになってから毎年プラス運用で推移してきました。また、投資資金がだんだんと大きくなるにつれ、必然的に運用で得られる利益金額もまた大きくなってきています。
そしてその結果、私の労働意欲はどうなったのか?ということですが・・・


会社の給料が安いことがあまり気にならなくなり、労働意欲はむしろ以前より向上した


ということがいえます。もちろん、投資資金の出所は会社の給料ですし、少ない給料の中から厳しい節約・貯金をし、投資資金を捻出しているわけですから、会社の給料が安いということは問題であることに違いはないのですが、それでもなお、給料の安さということがあまり気にならなくなってきたのです。
その理由を考えてみたところ、いくつかのポイントが挙げられます。



*「日々の生活費を稼ぐために否応なしに延々と働き続けなければならない」というある種の悲壮感が少なくなった。
*労働収入以外にもお金を得る手段を得たことによる精神的な余裕が出てきた。
*生活費を稼ぐためだけではなく、投資資金を稼ぎ、生き甲斐のために働くという新たな労働意欲を湧き起こすことになった。
*投資で殖えたお金によって経済的余裕ができ、その経済的余裕が「気持ちの余裕」へとつながった。



・・・といったところでしょうか。
また、投資というものは複利でお金が殖えていきますから、「いくら一生懸命働いたところで、安月給では一生お金持ちにはなれない」というある種のあきらめの感情がなくなり、「投資資金をしっかりと稼ぐことで将来の経済的基盤を構築することができるのだ」という目標ができたことも大きいと思います。


要するに、投資を始めたことによって、「たとえ安月給のサラリーマンであっても、お金持ちになれるという希望が見えてきた」ということなのです。


そんなわけで、投資を始めて以来、労働意欲は低下するどころか、むしろ向上したというのが私の実感です。そしてそれは運用利回りの向上とともにさらに顕著になってきています。これは意外な結果ではありました。






テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

とってもいいことじゃないですか!
僕もそうありたいものですが…怠け者なのでちょっと(^^ゞ
【2007/05/16 23:30】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


管理人さんは、たぶん職場環境(=職場の対人関係)がよいのではないでしょうか?
たとえ、どんな高給でも、対人関係がうまくいっていないと、仕事は続かないものだと感じます。

仕事の内容自体も、向き不向きがありますし・・・。

わたしは、投資で給料の3倍以上を稼ぐようになってから、働く意欲が完全にうせてしまったクチです。
「顧客のことを考えると、総簡単に辞めるわけにもいかないかな」
という、義務感からしごとを続けている感じです。

どうも、義務教育からの学校教育が影響しているのか、「リタイヤ=レールから外れる」
みたいな、イメージがあってやめられないのも要因のひとつなんですけど。
【2007/05/17 22:39】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


「投資行動が労働行動に対して悪影響を及ぼすのではなく、相乗効果を生むこともある」、それを示す興味深い例だと正直感じました。

投資行動を行う際は、生活水準を落としてはもとも子もありませんから、これは大変結構なことだと思います。

報告が遅れまして申し訳ありません。私も14日より、ブログを始めさせていただきました。投信による資産形成の記事を軸に持っていきたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。http://shinkansen-19641001.cocolog-nifty.com/
【2007/05/18 21:51】 URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]

僕も最近そう思うようになりました
うちは共働きなのですが、最近投資口座が3人目の家族となってお金を稼いできてくれていると
考えるようになりました。マイナスの時はニートで、年収100万円以下のバイトだったり、
契約社員並の給料を稼いできたり年によって様々ですけど。
最初は40歳くらいで引退できたらいいなと思っていたのですが、最近では余裕ができてきたのでわざわざ仕事やめなくてもいいかな?と思うようになりました。
20歳で働き始めてから60歳まで自分は働かなくちゃいけないんだと思っていた重荷から解放されたのが仕事に対しての意識を変えてくれたと思います。
義務感で仕事をしなくても良くなって気分的に楽になりましたね。
【2007/05/19 00:08】 URL | m@ #- [ 編集]


私はケチンボなんですが投資をはじめてから確かに勤労意欲が増加しました。
 資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)
ケチな私は今まで上記の式について支出だけに注視していたわけですが
資産運用を始めてからは収入も気になるようになったわけです。
これまで残業なんか嫌で仕方なかったんですが
最近は「これも全て種銭になる」と思うと楽しくなってきます。

私は収入増は残業でいいやと思っていますが、人によっては時間給の増加を目指して
キャリアアップとそれに必要な資格取得といった前向きな事を始めるんじゃないですかね。
【2007/05/19 13:04】 URL | まひわり #- [ 編集]


>>水瀬さん

私もけっこう怠け者だと思っているのですけどね・・・(^_^;)



>>元町愛さん

私の場合、今の仕事が自分に一番合っているというのは確かだと思います。
私が安月給にもかかわらず転職を考えないのも今の仕事が気に入っているからですし。


>どうも、義務教育からの学校教育が影響しているのか、
>「リタイヤ=レールから外れる」
>みたいな、イメージがあってやめられないのも要因の
>ひとつなんですけど。

うーむ。これは確かに大きいでしょうね。
早期リタイアできる状態ようになったとしても、
これを考えると実際に実行に移すのは難しいかも・・・(-_-)



>>新幹線さん

とうとう新幹線さんもブログを始めたのですね。水瀬さんのブログなどでの鋭いコメントにはいつも注目しておりました。
今後のブログ更新を楽しみにしております。

私の場合、投資行動と労働行動の相乗効果というのは、非常に大きいものがあると実感しています。もっとも、これは恐らく性格による部分が大きいのかもしれませんが・・・。



>>m@さん

>義務感で仕事をしなくても良くなって
>気分的に楽になりましたね。

結局のところ、これが一番大きいのだと思います。
私自身、「投資は人生を豊かにしてくれる」という言葉を実感するようになりました。



>>まひわりさん

初めまして。
私と同じようなことを考えておられますね(^^)
私も投資を始めるまでは支出にしか注目していませんでしたから・・・。

投資のための種銭作りのための労働と考えると、非常に楽しいですよね。

【2007/05/20 16:11】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/247-ed2a5e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。