FC2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
平成電電に投資した人って・・・?
前回、平成電電についての率直な感想を書いたわけですが、その後いくら考えても、どうしてもわからないことがありました。それは・・・

平成電電に投資した人って一体何を基準にして投資判断をしたのだろう?

ということです。
ニュースサイトによると「予定現金分配率10%相当」などと高利回りをうたった金融商品」として「約1万9000人から計約490億円を調達してきた」らしいのですが、どう考えても、まともな投資とは思えないのですが・・・。

私の場合、最初に投資募集の広告を見たときに、

どう考えてもおかしい

と思って、詳しくは見なかったのですが、今にして思えば、あのときの広告をよく見ておけばよかったかも。なぜかって???それは・・・


突っ込みどころ満載

だっただろうと思うからです。私はこのブログ「貯金生活。投資生活。」において、「適切なお金の使い方をできる人が適切な投資をできる」と書いているわけですが、そういう視点で見ると、「平成電電に投資する」という行動は全く理解できないのです。

配当金が異様に高いという点で、まず「これはおかしい」と思わないという金銭感覚がわかりません。普通ならば(仮に投資を検討するとするならば)この配当原資を一体どうやって稼ぐのだろう?「予定現金分配率10%相当」と堂々と強調して投資を募っているのもどうなのか・・・??そんなに利益が出るわけないと思うけど、どういう仕組みで利益を出すの?そもそも、10%も配当を出せるのなら、普通に金融機関からお金を借りた方が低金利でいいんじゃないの?

などなど考えるのが普通だと思うのです。
私は別に金融の専門家でもなんでもありませんが、それでもこの程度のことはわかります。


こういう商品で損をした人はおそらくこう思うでしょう。

「やっぱり世の中にはうまい話などないんだ。これからは地道に預貯金だけにしておこう」

と。でも、それもちょっとおかしいと思うのです。確かに世の中にはうまい話はありませんが、損をするのは、「投資を判断する知識と経験がない」のが原因であって「投資イコール危険なもの」という認識は明らかに間違いだと思うのですけど。


で、「なぜ、こんな商品に投資するのだろう?」という疑問に対して、最後にたどり着いた結論を書くと、

日本においては、自分で勉強しない限り、まともな投資教育を受けることがない

ということが原因ではないかと思うのです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/25-e874dd1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平成電電

平成電電平成電電株式会社(へいせいでんでん、英文表記:''Heisei Denden Co., Ltd.'')は、破産した日本の電気通信事業者である。商品は平成電話など。本社は東京都渋谷区広尾1-1-39恵比寿プライムスクエア19Fにあった。登記上の本店である、福岡本部 ちさとのブログ【2007/03/07 08:14】