プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ですが・・・あの映画ファンドはどうなった?
ずいぶん古い話題で、今更ではあるのですが、過去の映画ファンドの話題です。先日図書館で借りてきた週刊東洋経済の2007年3月10日号「著作権は儲かる」という特集の中で記事が載っていたので、一応書いてみることにしました。

今回書くのは、2004年11月に松竹によって立ち上げられた「忍 SHINOBI ファンド」について。


週刊東洋経済によると、1000人を超える個人投資家から約5億円の資金を集めたそうです。で、その結果ですが・・・
制作費が15億円に対して、興行収入は13.5億円。DVDの売り上げも振るわなかったようです。
その結果、出資額10万円当たりの償還金額が8万9000円(元本60%確保タイプ)という元本割れに終わったとのことです。


「映画ファンド」という発想は面白いと思うのですが、いつも書いているように、やっぱり「応援すること」と「投資すること」とは別個のものとして考えるべきだなあ、というのが私の率直な感想です。


映画ファンドに限らず、今後も様々な投資商品が出てくるのでしょうけど、やはり一般の個人投資家の場合は、無難にインデックスファンドで運用するのが一番いいのかもしれません。インデックスファンドには面白みは全くありませんが・・・。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/253-2b792227
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。