プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積み立てによるリバランスの限界
私は、ポートフォリオのリバランス・調整を行うときの基本的な考え方として、「値上がりした資産を売り、下がった資産を買う」という方法ではなく、「売却は原則として行わず、相対的に低い比率になっている資産クラスに対する積み立てをすることで、結果的にポートフォリオを調整する」という方法をとっています。
しかしながら、ポートフォリオが大きくなってくるにつれて、この方法にも段々と限界が見えてきました。



要するに、積み立て金額よりも、ポートフォリオ全体の値動きの方が遙かに大きいので、もはや積み立てによるリバランスが難しくなってきた



ということなのです。この傾向は、今後ポートフォリオがさらに大きくなるにつれて、ますます顕著になってくると思います。そして最後には、積み立てによるリバランスという作戦は完全に破綻してしまう可能性が高くなりそうです。
そんなわけで、いずれは本来の意味でのリバランス、すなわち、「値上がりした資産を売り、下がった資産を買う」という方法をとらざるを得なくなるかもしれません。

私が投資を始めた頃、どうしてわざわざコスト(売買手数料・税金など)をかけてリバランスを行うのかがよく分からなかったのですが、ようやくその理由が分かってきたというわけです。


「積み立てによるリバランスは、投資資金が小さいうちは極めて有効だが、資金が大きくなってくるともはや有効ではなくなる」というのは、私にとっては大きな発見ではありました。よく考えてみると当たり前のことなんですけどね・・・。



今回の件に限らず、投資額の増加とともに、投資戦略の変更を余儀なくされるケースというのは、今後もまた出てきそうな気がします(-_-)


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

はじめまして。
これから投信をはじめようと思っているのですが、
目標は億とした場合、個別のファンドで資産配分を調整するということが、
個人ではなかなか難しいということでしょうか?
それなら初めからマネックスやセゾンのようなバランスファンドを積み立てて、
ファンド内でリバランスしてもらう方が、個人の資産がある程度の額(例えば1000万円以上)に増加した際には、良くなってくるということでしょうか?
【2007/06/10 08:48】 URL | 宗男 #- [ 編集]

補足説明
>>宗男さん

初めまして。

どうやら私の説明が悪かったようです(いつものことではありますが・・・)。

今回の記事で言いたかったのは、毎月の積み立て金額(数万円程度)よりも、ポートフォリオ全体(投資資金全体)の値動きの方がはるかに大きいということなんです。

例えばの話、日本株式ファンドに50%、外国株式ファンドに50%と投資比率を決めて投資を始めたとします
(※説明のために、あえて単純な比率にしていますので念のため)

それが、各種投資商品の値動きの結果、手持ちの日本株式ファンドの比率が70%、外国株式ファンドの比率が30%になってしまったとします。この場合、「本来の意味でのリバランス」では日本株式ファンドの20%分を売却し、その売却代金を使って外国株式ファンドを20%分買い増しするわけです。それによって、最初に決めた比率である「日本株式ファンドに50%、外国株式ファンドに50%」という比率に戻そうというわけですね。

それに対して、私の場合どうしているのかというと、すでに投資しているファンドを売却するのがイヤなので、30%になってしまった外国株式ファンドに毎月少しずつの積み立てを実施することで50%の比率に戻そうとしているわけです。しかしこのやり方の場合、投資総額が大きくなってくると、せいぜい一ヶ月に数万円程度の積み立てなど、焼け石に水の状態となっていて、もはや元の比率に近づけることが難しくなってくるのです。数万円程度の積み立て金額など、ファンドの基準価額のわずかな変動だけで吹き飛んでしまうからです。

これが私の言いたかったことなんですが、これでおわかりいただけましたでしょうか?(これでもまだわかりにくいかもしれませんが・・・どうにも説明が下手なもので・・・)


>目標は億とした場合、個別のファンドで資産配分を調整するということが、
>個人ではなかなか難しいということでしょうか?


そんなことはありません。ファンドも少額から売却できるのが普通ですから、高くなったファンドを売って、安くなったファンドを買い増しするのは簡単にできます。
私の場合、ファンドを売るのがイヤなので、少々特殊なやり方をとっているだけの話です。

【2007/06/10 15:55】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


こんにちは。
「年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用-」
というサイトの管理人「のりたか」と申します。

貴サイトと相互リンクをしていただきたくお願いにあがりました。

貴サイトは以下に貼りましたので、ご確認ください。
http://f13.assetsplan.net/fx13/link3-10.html

当サイト情報です。リンクしていただけるさいには、ご利用下さい。

■サイト名  年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用-
  ※長い場合、「 年利20%の資産運用 」だけでもOKです。
■URL  http://f13.assetsplan.net/fx13/
■紹介文  年利20%になるように資産運用しています。

お手数ですがリンクしていただけましたら、返信にて、
リンク先を明記の上ご一報ください。

ご検討よろしくお願いいたします。

連絡先
nori☆assetsplan.net
☆を@に変えてご連絡ください。ご面倒ですが迷惑メール対策です。
【2007/06/10 17:56】 URL | のりたか #- [ 編集]


御丁寧な解説、真にありがとうございました。
私の方こそ、物分りが悪く申し訳ありません。
>高くなったファンドを売って、安くなったファンドを買い増しする
masaさんのような玄人投資家は簡単にリバランスできるのでしょうが、
私は無理そうです。
まずはバランスファンドを積み立てていこうと思います。
ありがとうございました。
【2007/06/10 22:06】 URL | 宗男 #- [ 編集]


かんがえてみたら・・・

マネックスやセゾンのようなバランスファンドってどうやって
リバランスしてるんだ?
いままで、考えたこともなかった。

債権時価に対して、株価時価が急激に上がったら・・・、
保有株式を売却して債権を買っているのか?
それとも、新たに積み立てられた資金を、全部債権に回すのか?

保有株式を売却なんかされちゃったら、手数料が発生して、
利回り悪くなっちゃうんじゃないかぁ?

う~ん、疑問
【2007/06/11 01:56】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>>宗男さん

ご理解して頂けたのならよかったです(^^)

バランスファンドであれば、アセットアロケーションを考える必要もないので、初めて投資をするにはいいかもしれないですね。バランス型ファンドの積み立てに慣れてきたら、他のファンドを組み合わせて、好みの資産配分にするとかいう方法もとれそうです。

余談ですが、私自身はまだまだ玄人投資家の域に達しているとは考えていません(^_^;)


>>のりたかさん

コメントありがとうございます。
リンクについてですが、私のブログの場合、ごく一部の例外を除いて相互リンクは行わない方針です。
申し訳ありませんが、ご了承願います。


>>元町愛さん

うーむ。考えてみたらそうですね・・・。
私もどんな風にリバランスをしているのか考えたこともありませんでした。
どこかに資料とかないんでしょうかねぇ・・・???
これは意外な盲点かもしれないですね。
今度、一度調べてみたいところではあります。

【2007/06/13 21:47】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/254-297f8e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。