プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資を人に語ることの難しさ(2)
ずいぶん前に書いた記事の続編です。
過去の記事はこちら。

投資を人に語る難しさ


ポートフォリオが大きくなるにつれて、投資を人に語ることの難しさというものをますます強く感じるようになってきました。投資によって資産総額が大きくなってくると、もはやその金額を軽々しく口にできないということももちろんあるのですが、今日書くのは、それとはまた別の話です。

かつて私は、「1000万円ものお金を投資するなど、正気の沙汰ではない」と考えていました。その理由は簡単で、「投資には元本保証というものがないわけで、1000万円ものお金をリスクにさらすなど、まともな人間のやることではない」という理屈です。

また、「もし私が1000万円ものお金を運用するようになったとしたら、恐らくお金を減らすのが心配で夜も眠れなくなるのではないだろうか?」と考えてもいました。つまり、大きな利益を得る代償として、「心の平安」を失うことになるのではないか?と思っていたのです。そしてその不安は、投資資金が増えれば増えるほど、より大きなものになっていくのだろうと・・・。


しかし今、実際に1000万円超のお金を運用するようになってみて、それが大きな間違いであることに気付きました。以前の記事、1000万円を運用してみてわかったことで、私はこう書きました。


-------------引用開始-------------------------------

「投資とは利益を出すことが重要なのではない。いかにリスクとうまく付き合い、リスク管理をするかということであり、経済環境の変化に対して耐えられるようにすることこそが重要なのだ」

-------------引用終了-------------------------------


これが真実だったのです。私は、このことがわかってから、以前にも増して投資に対して安心感を持っていられるようになりました。しかし、こうしたことをどうやって人に説明したらいいのか?ということになると、正直、うまく話すことができません。
こればかりは経験してみないとわからないだろうと思うのです。それゆえに、私は「人に投資を語る」ということがどうしてもできません。


「投資で一番大事なことは、リスクとのうまい付き合い方を学ぶこと。」


言葉にするとわずか一行で済みます。しかし、この言葉には実に深い意味がいくつも込められていると感じます。今の私にとっては、投資することとリスク管理をすることとは等価であるといっても差し支えありません。しかし、しかし・・・これをわかりやすく説明するということは私にとってはあまりに難解すぎるのです。

「投資って儲かるの?」「何を買ったら一番儲かるの?」ということを聞きたがる人にはどうにも答えようがないのはもちろんですが、投資について説明しようとして、「投資で一番大事なのは利益を出すことではなくてリスク管理なわけで・・・」なんていう説明の仕方をしたとしても、聞いている人は「何それ?どういうこと???」となってしまうのは目に見えています。

たかが投資。されど投資。投資というのは実に奥が深いものだ、とつくづく思ってしまうのです。


-----------------------------------------

個人的な都合&会社の仕事上の都合により、一週間ちょっとの間、ブログの更新をお休みします。次回更新は6月24日の日曜日の予定です(もしかしたら、6月20日頃にも更新できるかもしれませんが、この期間は何かと忙しいので・・・)。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
はじめまして
はじめまして。しろと申します。
生まれ年が同じです。独身も同じ、中小のサラリーマンも同じ、あとこちらの資産運用も1000万円ですので、これまた同じ。

こちらも1000万円の元本保証なしなんて考えてもいませんでした。
株で200万円以上損して、塩漬けもたくさん。トホホな運用でしたが、今では中国とインドの投信で巻き返してます。

こちらが分かったことは、資産運用なんて博打だなと。明日1000万円が無くなっても「しゃあないか、高い勉強代だったなあ」と割り切れる余剰金でやるべきと。
そのつど一喜一憂していたら、疲れてしまいますわ。

今では1000万が1200万円になって儲かっても「だから何?」程度ですわ(800万に減っても同じ)。200万円はでかいけど、逆に言えばたたが200万円。人生スケールで見てそんなに生活の中で優先度をあげることなのか? と思えるようになりました。

ちなみに、自分で昼飯の弁当作ってます、食事は自炊で玄米と漬物程度しか食べてません。あと、お茶も自分で煮出しているので、自販機で買うこともありませぬ。清貧を心がけておりまする。
【2007/06/20 00:22】 URL | しろ #mQop/nM. [ 編集]


<リスクとうまく付き合い、リスク管理をするかということであり、経済環境の変化に対して耐えられるようにすること

参考になります^^
1000万は預金からは外せませんが、個別株から足を洗い直販ワールドポートフォリオへ移行しています。
【2007/06/21 16:00】 URL | yのゲーム #- [ 編集]


>>しろさん

初めまして。
本当に、私とほぼ同じ立場のようですね(^^)
投資にしても、節約にしても、感覚的にはやっぱり私と同じようですし。

ある程度のまとまったお金を運用するようになると、みんな同じような感想を持つようになるのかもしれません。


>人生スケールで見てそんなに生活の中で優先度を
>あげることなのか?と思えるようになりました。


この点についても、本当にそう思います。

私にとっては、もはや投資そのものの優先順位が下がりつつあるのが現状です。人生には投資よりももっと大事なことがたくさんあると思えるようになってきました。


>>yのゲームさん

参考になったのならよかったです。
個別銘柄投資は、特に投資資金が少ないうちはリスクが高いばかりでなんのメリットもないと感じています。無難に分散投資がベターでしょう。

【2007/06/23 22:47】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

どもです
他の書き込みも読みましたが・・・ポートフォリオも似ていてびっくりしましたよ。
あらまあ、こんなに似ているなんて、ドッペルケンガーかしらと思いました。

最近はベトナムファンドでも買おうかなとか、香港ドルで外貨積み立てして放置しておこうかなとか
ようやく遊び要素が考えられるようになりました。

香港ドルは将来人民元との統合時に一気に価値が上がるかも? との思いです。もっとも、いつになるか分かりませんし、統合するのかも不明ですし、そもそも元に併せられるのかと、マイナス要因はたくさんありますが・・・大損の可能性は低いから、仕込んでおいて「あわよくば」を待つのも悪くないかなと。
【2007/06/24 01:44】 URL | しろ #mQop/nM. [ 編集]


>>しろさん

やはり、無難な国際分散投資をしようとすると、ポートフォリオも似通ってくるのかもしれませんね(^^)
そもそも、長期投資に値する投資商品自体がそれほど多いとも思えませんし。

ところで、私の方は、まだ投資に遊び要素を考える段階には至っていません。将来的には、日本株式の個別銘柄を一つか二つくらい買ってみてもいいかな?とは考えていますが、それはまだまだ先の話になりそうです。
外貨投資については、今のところは現在保有している米ドルとユーロ以外は全く考えていません。もっと投資総額が大きくなったら検討してもいいかな、とは思いますが・・・。
【2007/06/27 21:54】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/255-ca4489e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。