プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資収益と労働意欲の微妙な関係(2)
前に書いた記事の続編です。前回の記事へのリンクはこちら。

投資収益と労働意欲の微妙な関係


前回、「投資を始めて以来、労働意欲は低下するどころか、むしろ向上した」と書きました。今日は、そのことについてもう少し詳しく書いてみたいと思っています。

私が投資を始めるまでは、資産形成の手段は、「給料の一部を貯金する」ことだけでした。もちろん、これは非常に重要なことで、貯金ができていなければ、資産形成など夢のまた夢であることは間違いありません。しかし、その一方で、ある種の虚しさを感じていたこともまた確かなことではありました。つまり・・・


「自分がもらえる給料の金額なんてたかが知れている。いくら節約に力を入れてお金を貯めてみたところで、結局は自分の生涯賃金以上のお金を手に入れることはできないわけだから、たとえ一生働いても貯められるお金には限度がある」


という想いが常に心の中にあったのです。そしてもう一つ、



「いくら頑張って仕事をしてお金を稼いでも、お金持ちになるなんて夢のまた夢。年金だって将来はどうなるかわからないし、下手すると定年退職どころか、生活費を稼ぐために年をとっても寿命間際のぎりぎりまで働かないと最低限度の生活もできなくなってしまうかも・・・?」


ということも考えていました。これは貯金計画を立てていると必然的に分かる話で、「1年間に貯金できる金額×労働年数」によって、最終的に貯められるお金は計算できてしまいます。今の世の中、年齢とともに給料が上がっていくほど甘くはありませんから、なおさらそう思ってしまうのです。皮肉なことに、私には貯金に関する計画性があったがゆえにそうした冷酷な現実を認めざるを得なかったのです。


これは一種のあきらめに近いものでした。


ところが、私が投資というものを知るようになり、それを勉強していくうちに、そのあきらめは希望へと変わっていったのです。その変化は非常に大きいものでした。幸いにして、私には学生時代からスタートさせ、社会人になって以来ずっと貯め続けてきたそれなりの金額の貯金がありました。これをうまく活用すれば自分の生涯賃金のレベルを超える、大きな資産形成が可能になるかもしれないということに気付いたのです。そして私は実際に2年間にわたる投資の勉強を行った末に、実際に投資をスタートさせたわけです。
そして、その後の私の心境の変化は劇的なものがありました。


かつて、私にとっての会社での労働は、あくまでも「日々の生活費を稼ぐため」のものに過ぎませんでした。それが、「投資資金を稼ぐための労働」に変わったのです。つまり、「投資という、人生をより豊かにするための資金を稼ぐための労働」に変わったわけです。投資資金をうまく複利運用できれば、たとえ小さな金額の積み立て投資であっても、長期的には非常に大きな金額になることも学びました。


こうした心境の変化によって、私は働くことが楽しくなってきたのです。「生きるためには一生涯働き続けるしかない」というあきらめから、「労働以外の手段でお金を稼ぐ手段」を得たことによって、人生の選択肢が大きく広がるのを感じたわけです。


そして、私は今、経済的自由・早期リタイア可能な経済状態を目指しているわけですが、今は「今日の労働によって、経済的自由へと一歩、また一歩と少しずつ近づいているのだ」ということを考えながら毎日毎日働いています。


最後に一言。
投資というものは、決して楽してお金を儲けようというものではなく、むしろ勤勉に働く人に希望を与えるものではないか、という気がします。額に汗して働くことを好む人たちが真に報われるためにこそ、投資というものが必要だと思うわけです。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
いい感じですね
1000万から2000万ぐらいというのはサラリーマンにはフィットしますよね。
これが5000万を超えて1億近くになってきて、毎日が給料日、ボーナス支給日となったときにどうなっていくかで人の器が問われ始めると思います。
また1億突破すると新たな境地が開けると思っていますけどね。
【2007/06/24 16:01】 URL | ぬりかべ #- [ 編集]

ども
すごい壮大なテーマですな。ワシの場合そこまで考えておらず、気づいたら増えてました・減ってましたレベルです。
これはワシが資産を増やす目的が無いからだと思います(家が欲しいとか、車が欲しいとか、お店を出したいとか)。

ワシ、弁当作ってますが、そのことで一食600円位浮きます、弁当作ると大体朝食・夕食も作るようになります。
あとお茶も煮出しているのでドリンク類も買いません。3食外食生活から比べると、一日1500円くらい圧縮してます。
1500円×22日(月のうち自分でつくる日数)×12ヶ月=年間39.6万円節約

これって、ワシのもつインドインフラファンド(300万円分)の半年分の配当金に相当しますし、
1000万円ちょいクラスの不動産投資で4%運用くらいに相当すると思います。

「弁当作る=元本が300万で信託買う=1000万円で投資不動産買う」
この3つがワシの中ではイコールです。
この中で「リスク皆無・圧倒的な流動性・すぐに始められるし辞められる」の3拍子そろった節約と言うのはすごいなあと思いますよ。
【2007/06/24 22:06】 URL | しろ #mQop/nM. [ 編集]


>資産を増やす目的が無いからだと思います

これは、投資する上でいい心がけかもしれません。
逆に、明確な目標があるとストレスがたまって、貯蓄なんか出来ない気がします。
「早期リタイヤ」なんて、ある意味抽象的で、あいまいな目標のような気がします。
ですので、私から見ると投資の「いいわけ」にはぴったりな感じです。

>2年間にわたる投資の勉強

よろしかったら、時系列でどのような参考書や勉強をされたのかおしえてくれませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。
【2007/06/25 07:07】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


元町愛さん。あなたはいつも「教えてくれ」ばかりですね。
masaさんから教えてもらえるのが当然と思っておられませんか?
【2007/06/25 21:56】 URL | とおりすがり #THQoKXAA [ 編集]


>あなたはいつも「教えてくれ」ばかりですね。

たしかにそうですが・・・不快ですか?

管理人さんは、分別ある紳士なので、教えるのがいやなら、「ないしょです」
とコメントくれると思います。
個人的には、ネタフリもこめた、リクエストのつもりなんですけど。

私に聞きたいことがあれば、教えますケド・・・。
でも、ここでわたしの個人事に質問するのも、趣旨的に逆におかしいですよね。

「あいづち」や「賛同」だけがコメントではないですよね。
せっかくの記事が、そこで終わってしまってもつまらないのでは?
さらなる、展開(掘り下げ)を期待しての、質問を心がけているつもりなのですが。
また、過去ログは、全部とまでは行きませんが、出来る限り読んでいるつもりです。

管理人さんが、不快なら、「あいづち」だけにするよう心がけますが・・・。
【2007/06/26 02:16】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]

はじめまして
投資をする人は、いまの仕事がいやで投資に逃げているように思っていましたが、そうではないのですね。
わたしも最近投資を始めましたが、やはりMASAさんと同じような印象を持つようになりました。
投資をすることで仕事に対する気持ちがすこし変わってきたのです。この仕事をがんばろうという気になったのです。
木村剛の「投資戦略の発想法―ゆっくり確実に金持ちになろう」を読んだことも影響しています。その中の本業に努力するのが最大の投資だというのには、目からうろこが落ちました。

アーリーリタイアメントを目指していますが、仕事を完全に止めてしまうのは、経済的だけでなく、精神衛生上もよくないと最近は、感じています。

これからは、私自身いろいろ試行錯誤が続くと思いますが、このブログを参考にさせてもらいたいと考えています。
【2007/06/26 22:08】 URL | sosigaya #ehuBx04E [ 編集]

臨時コメント
とおりすがりさんのコメントに対しての臨時コメントです。

元町愛さんからの質問に関しての件ですが、管理人としての私としては、「何ら問題はない」と考えています。
コメントというのはブログの最大の特徴でもありますが、コメントの内容として、「質問」という形があってもいいと思います。
もちろん、内容によって、答えられる場合もあれば、答えられない場合もあるかとは思いますが・・・(^_^;)

まあ、とりあえずは常識の範囲内であれば、質問も問題ないということです。


追伸:他の方々のコメントに対するレスは、週末の日曜日にまとめて書く予定です。平日は非常に忙しいのでご了承下さいm(_ _)m

【2007/06/26 22:13】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


>>ぬりかべさん


>これが5000万を超えて1億近くになってきて、
>毎日が給料日、ボーナス支給日となったときに
>どうなっていくかで人の器が問われ始めると思います。

この点、大いに同意します。
よく、テレビなどで、いわゆる「セレブ」と呼ばれる人たちが出てくる番組がありますが、どうにも品がないと感じる人が決して少なくありません。単なる金持ち自慢だけだったり、金銭哲学が全く理解できないことも・・・。
もし仮に、私自身が資産家と呼べる水準に達したとしても、「品性のある金持ち」でありたいなあ、とつくづく思います。



>>しろさん

徹底的な節約生活を送っておられるようですね。
それだけ徹底しているのは見事!

「節約は最大の運用」と言われますが、まさにその通りだと思います。
個人だけではなく、企業においてもコスト削減を重視しているわけで、節約こそが資産形成の基本だと言えるでしょう。


>>元町愛さん

私の場合、明確な目的がある方が意欲がでますけどね(^_^)
まあ、これは人によって違うのでしょう。

>よろしかったら、時系列でどのような参考書や
>勉強をされたのかおしえてくれませんでしょうか?

これについては何らかの形で記事にしてみたいと思います。思い出しながら書かなければならないので、例によって時間は頂かなくてはなりませんし、必ずしも時系列になるとは限りませんが・・・(図書館で借りた本が大半で、記録が残っていないので・・・)


>>sosigayaさん


中には、仕事がイヤで投資に逃げている人もおられると思います。かくいう私も、当初はそういう動機であったことは否定できません。
もっとも、私の場合は仕事を失った場合とか、働けなくなったときのためのリスクヘッジという意味合いが強かったわけですけど。


>投資をすることで仕事に対する気持ちがすこし変わってきたのです。
>この仕事をがんばろうという気になったのです。

私と同じ感想をお持ちのようですね。
同じように感じている人は他にも大勢おられるのではないでしょうか。
それにしても、この心境の変化というのはなかなか面白いものだとつくづく思います。


【2007/06/30 22:31】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

どうも
コメントどうもです。

>投資というものは、決して楽してお金を儲けようというものではなく、むしろ勤勉に働く人に希望を与えるものではないか、という気がします。

この部分ですが、私はあんまり希望はありません。
インドやチャイナ系の暴騰は置いておいて、信託でもたとえば年利7%運用に成功したとしましょう。
年利7%だと、10年でおよそ2倍。1000万が2000万円です。
個別でみると確かにすごいのですが、大局でみると物足りないのです。なんか、この程度の増加ですかい、だったらほっとく位がいいのかなと。
コツコツ節約やっていても、やっぱり一山当てたいというのはありますね(私もかなりの俗物ですので・・・)。

なんの目的もない淋しい投資ですが、定年までに資産1億めざしたいです。
すると、これまで私が行っていた方法ではムリ。なんか新しい方法を勉強しないとなあ。
【2007/07/02 10:31】 URL | しろ #mQop/nM. [ 編集]


>>しろさん

これはまあ、人によって感覚が違うのでしょう。
私も現在の投資資金ではまだおぼつかない限りですが、今後の積み立て追加資金を考慮すればかなりの資産額を構築できるのではないかと思っています(ただの皮算用とも言えますが・・・)。


>なんか新しい方法を勉強しないとなあ。


私の場合、利回りを上げるために新たな投資手法を勉強しようという意欲がそもそもないので、今後も現状のままで運用することになりそうです(^_^)

【2007/07/04 21:46】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


こんな人もいる。

http://dameotoko.blog35.fc2.com/blog-entry-597.html

「やまっけ」は、持たないほうがいいかも。

このブログ、絶望感でいっぱいで、とても読むに耐えません。
映画「ウォール街」で、「はじめからお金がないより、持ってるお金を失うほうがつらい」
と言うセリフがありましたっけ?

「お金=人生」なのかと考えさせられます。

どなたか、ご感想をお待ちします。
【2007/07/06 02:38】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]

ちわ
えっと、このブログでは「お金=人生」とは誰も申し上げていない気がしますが・・・
もしかして「やまっけ」ってワシのことかしら。それならばご指名頂いたので少々(人様のブログで討論するなと言う気もしますが。。)

こちら運転資金1000万円、年利7%の運用は、物足りないとの額面どおりの意味です。
資産1億超えて運用益だけで生活するにはどうするか考えてます、確かに「やまっけ」ではありますし、可能性は「限りなくゼロ」かもしれません。
しかしポイントは「限りなくゼロ」と言うところです、やらなければ「確実なゼロ」でしょう。ここに大きな違いがあります。
常に思っていると視野が広がります、どこのファンドが新しくできたとか、なんでホテルファンドは統合させる必要があったのかとか、最近さわかみファンドはインデックス化しているような気がするとか、タックスヘイブン(オフショア)などで資産移動できないかなあとか、やっぱり商売始めないとだめかなあとか。
「限りなくゼロ」はゼロではない!と考えている人と、「確実なゼロ」として思考・行動停止した人の違いは今後どこかからか出てくるかと(まぁでてこない方が多いですが、汗)。

紹介されたブログ拝見しました。
正直な話、ワシから見るとまだ余裕があるように見えます。。。真剣に困ってる感じを受けません。ただ単に自身の能力を「確実なゼロ」と考えて思考停止しているだけかと。
【2007/07/07 10:24】 URL | しろ #mQop/nM. [ 編集]


しろさん、レスありがとうございます。

「やまっけ」というのは、新しい投資法=ディトレードのような投資法という意味で、
投機的な個別株投資をさしています。
その例として、とあるブログのアドレスを掲載しました。

で・・・
>「限りなくゼロ」と言うところです、やらなければ「確実なゼロ」
これは、誤りです。
やれば、マイナスの可能性のほうが高いです。
投資の世界では、アクティブな投資を「やった結果」は、マイナスの可能性のほうが
高いのです。
「個人投資家の90%は負けている」といわれていますが、コレはうわさではなくって、
私は本当・事実だと思っています。

>このブログでは「お金=人生」・・・
「お金=人生」を感じるのは、「貯金生活。投資生活。」のブログではなくって、
先に私が、アドレスを紹介したブログですね。
でも、「貯金生活。投資生活。」の管理人さんも、貯金&投資によって仕事に張り合いが出てきた
(=将来に明るさが見えてきた)の趣意がみれますので、やはりお金は人生とは切り離せないような気がしますね。

>ワシから見るとまだ余裕があるように見えます

え・・・ホント?
何かあったんですか?
【2007/07/07 21:49】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


今回はまとめレスにて失礼します。

私の考えでは、人生のある部分まではお金で決まるのは事実だと思います。完全な自給自足でない限り、そして貨幣経済で動いている限り、「お金がないと確実に不幸になる」のは真実でしょう。例えば、今日の食費もなく、病気になってもクスリも買えないような状態ではとても幸福にはなりようがないですし。
しかし、「お金=人生」ということにもならないのではないでしょう。お金というものは、人生における重要な位置を占めてはいても、お金が人生の全てにもならないと思うからです。日常生活に必要不可欠な金額まではお金と幸福度は比例すると思うのですが、そこから先は人によって違ってくるのではないでしょうか?
私の感覚では、人生の7割から8割くらいまではお金で解決できるが、それでもなお、どうしてもお金では解決のできない部分が残ってしまうと思います。

ところで、「はじめからお金がないより、持ってるお金を失うほうがつらい」という部分についてですが、ある意味ではそれは正しいと思います。



>常に思っていると視野が広がります

これは非常に重要なことだと思います。これは「やまっけ」というものではなくて、むしろきちんと勉強している投資家ならではだと思います。投資にしろ、他の金儲け手段を考えるにしろ、何よりもまず「考える」ということが基本だと思いますから。


---------------------------

ところで、いわゆるダメ人間系ブログですが、これは要するに、自分の中の「いい部分」に目を向けるか、「ダメな部分」に目を向けるかの違いだと思います。ダメな部分というのはちょっと探せば誰にでもあるわけですから・・・。
私でも、ダメ人間系ブログを書こうと思えば、書くネタはいくらでもありそうです(-_-;)
あえて書かないだけのことで・・・。

元町愛さんの紹介されたブログに関しては、以前から私も時々目を通しているブログの一つです。
ダメ人間ネタでここまで継続して書けるのは、ある意味ですごいと思います。ブログというのは、継続して書き続けるのはけっこう大変ですから・・・。見方によっては、一番ブログらしいブログかもしれません(^_^;)
【2007/07/08 14:37】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/256-cc504451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。