プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資学習中止計画
私は、これまで投資に関する本をずいぶんたくさん読んできましたが、最近になって、それもそろそろ終わりにしてもいいのではないかと思うようになりました。すなわち、


投資に関する勉強をやめてしまってもいいのではないか


と考え始めているのです。その理由は簡単です。私のようなインデックスファンドをメインとする個人投資家にとっては、「利回りを上げるための投資の勉強」などというものは無意味だからです。運用利回りは結局のところ「市場平均なみ」に落ち着くわけですから、勉強をしようがしまいが結果は同じ。ならば無駄なことはやめてしまおうということです。

また、過去に読んできた膨大な数の投資本を振り返って思うのは、「結局は書いてあることはどれも同じだ」ということです。そして、お金を劇的に殖やす魔法の杖は存在しないということもわかりました。


私自身は、いわゆる投資セミナーに参加したことはありませんし、これからも参加することはないと思います。日経新聞も読んでいませんし、マネー誌の購読も今はストップしています。なぜかというと、「そんなことをしても時間とお金の無駄遣いにしかならない」と考えているからです。

私が今現在やっていて、そして今後もすべきことはあまり多くありません。つまり、

(1)積み立て投資を今後とも継続すること

(2)定期的にポートフォリオを見直し、リバランスを実施すること

の2つだけです。逆に言うと、これら2つのことに関して理解しているのなら、もはやそれだけで十分だと思っているのです。私が投資に関する本を調達するのはたいてい図書館においてですが、最近はどんな投資本を読んでみても、もはやすでに知っていることばかりで目新しさは全くありません。そんなわけで、新たに学ぶことがない以上は、もはや投資の勉強をやめてしまっても何ら差し支えないと思うわけです。

そんなわけで、新たな投資の勉強の一切合切をやめてしまおうかと考えている今日この頃です。


追伸:実際に投資の勉強をやめることになったとしても、投資そのものをやめることは決してありませんし、このブログもネタが続く限りは継続するつもりですので念のため(^_^)

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

「勉強」=「情報収集」だとしたら、私は反対ですね。

このところ、インデックスもいろいろなものが売り出されるようになったじゃないですかぁ。
乗り換えとか、別商品を追加する必要は出てくると思います。

同じ「平均」でも、国やセクターによっては、リターンもリスクも違いますし。
かなり金額がつみあがったら、「リスクを上げようか」とか、進化も必要でしょうし。

マネー雑誌を講読せずに、図書館で時々読む形で継続するべきだとも思います。
ただ、マネー雑誌読むよりインターネットのほうがはるかに情報が早いんですよね。
本当に、「時々、まとめて読む」形がベストな感じがします。

それに、管理人さんが読まれた雑誌記事で気になったものをブログに載せて
いただけると、読者も楽しいし、あるいみ助かるわけです。
個人の情報収集は限界がありますので。

ご検討、ご再考くださいませ。
【2007/07/15 03:08】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


masa 様

いつもブログを拝見させていただいております。
投資学習中止計画という記事をみて、まさに私と同じ考えで驚いてしまいました。
時間とお金の無駄という点に、まったく同感です。

でも、ブログは私も楽しみにしておりますので続けていただけると幸いです。
(私も同じトヨタアセットバンガードに投資しております)

【2007/07/15 13:06】 URL | takenuko #- [ 編集]

ども
確かに、インデックスしか持たないのであれば投資テクニックなどはあまり役に立たず、無駄な時間と思います。
ただ、ポートフォリオの見直しや世界動向など、「投資向き」の視点で勉強を続けないと見えてこないこともチラホラ。

最近は過去の日経平均をみていろいろ考えます。
1964年の東京オリンピック、1970年の大阪万博の頃に株価がどう動いたのか。
北京オリンピック後に(来るであろう)下落に向けて何が準備できるのか。
高度成長で自動車株が上がったが、逆に淘汰されたメーカはどうなったのか。その前兆は知ることができたのか。

歴史の中から動向を見定め、現在に置き換えて修正し、自分の中で予測と筋道を見つけ、自分なりの考えでポートフォリオを構成する。
そういった人や雑誌のお勧めとかではない状態で「売り・買い・待ち」を行うと、これまでとは注意の仕方が異なることが実感できます。
こうして自分なりの「投資哲学」へ昇華させていきたいとワシは思います。
【2007/07/15 14:35】 URL | しろ #mQop/nM. [ 編集]


確かに私も同意見です。

勉強すればするほど、インデックス投資から外れていきそうです。
過去がどうであれ、タイミングなど取れるわけが無いですし、
逆にタイミングを間違えれば大きくパフォーマンスが悪くなる・・・。

時間ができた分は本業に力を入れて行きたいです。
【2007/07/15 18:24】 URL | polyp #sSHoJftA [ 編集]


>>元町愛さん


>「勉強」=「情報収集」

この点は確かに継続した方がいいのかもしれないという気もしないではありません。
新たな投資手法を学ぼうという気は全くないのですが、現状を把握するためにも情報収集はしておいた方がいいのかもしれませんね。

>>takenukoさん

コメントありがとうございます。

同じように思っておられる方もおられるようでほっとしました(^^)
「利回りを上げるための勉強」という意味ではこれほど無意味なことはないでしょう。


>>しろさん

ふーむ。確かにポートフォリオの見直しなどは勉強を継続していないと難しい面もありそうですね。
とはいえ、せいぜいたまに経済動向をチェックする程度でも十分かもしれないという気もしているのですが・・・。


>>polypさん

>勉強すればするほど、インデックス投資から外れていきそうです

まさにこの点を、私は懸念しています。余計な知識を身につけることで、投資に対するスタンスがぶれるような結果になってしまっては本末転倒ですし。投資の勉強に費やしてきた時間を、何か別のことに振り向けた方がよほど有意義だという思うのですよね・・・。



ここからはまとめレスです。

皆様からのコメントを読んでいると、今回の記事に関しては賛否両論ありました。
とはいえ、当然のことながらブログの方は今後とも継続することになりますから、そういう意味では「ブログのネタ作りのための情報収集」ということであれば、従来よりも勉強に費やす時間を縮小しつつも継続、という結論に落ち着くことになるかもしれません。

そんなわけで、結論はもう少し先送りということにします(^_^)


【2007/07/21 22:55】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/262-854223eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。