プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000万円を運用してみてわかったこと(2)
以前の記事の第2弾です。

前回の記事はこちら。
1000万円を運用してみてわかったこと

さて、1000万円を運用してみて分かったこと。それは・・・



人間の欲には限りがない



ということです。かつて私が貯金を始めた頃、1000万円を貯金するということは途方もない目標でした。何しろ、当初は10万円の貯金ですら大変だったのですから・・・。しかし、長期にわたる貯金生活の末、実際に1000万円貯金(預貯金・投資資金の総合計)を達成してみて思ったのは、「この程度の資金では全然足りないな」ということでした。そして、さらにその後、せっせと貯金・投資に励み、その結果として資産は大きくなり、やがて生活防衛資金を除いた純投資資金が1000万円にまで達したわけですが、それでもやっぱり、


「1000万円程度の投資資金では全然足りない。もっともっと資産を殖やさなければ!!」


と思ってしまったのです。私にとって、1000万円もの投資資金というのは途方もない大きな金額のはずなのに、実際にその金額を運用するようになってもなお、満足するということがないのです。「これだけ持っていたら大丈夫」という安心感すらありません(正確には、ある程度の気持ちの余裕はあるのですが、今なお経済的自由には程遠い状態なので、まだ十分ではないということです)。
そこで私は考えました。


「では一体、いくらお金を持ったら満足するのだろう?」と。
その答えは、「資産総額がいくら大きくなっても決して『これで十分』と思うことはないだろう」というものでした。


現実問題として、今保有している1000万円超の投資資金にしても、本来ならもう十分な金額のはずなのです。今後、一切追加投資を行わず、すでに投資しているお金を複利運用するだけでも長い目でみるとそれなりに大きな資産を構築できるはず。けれど、私にはその程度で満足する気は全くなくて、さらなる巨額の資産を目指して追加投資を今後も継続して行う予定です。

このことがいいことなのかどうなのかはわかりません。しかし、お金との適正な付き合い方をちゃんと理解している限りは、別に悪いことでもないだろうとは思っています。

例えば、過去最高益を上げた企業が、それでも決して満足することなくさらなる成長を目指すのと同じように、個人投資家としての私もまた、さらなる大きな資産構築を目指して努力を続けることになりそうです。


-------------------------------------------

これは余談ですが、「どんなに生活が豊かになっても、人はさらなる豊かさを目指す」という、人が本来持つ性質こそが、経済発展の原動力でもあるのでしょう・・・。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

欲望には、きりがないようです。
1000万が1億になっても同じだと思います。
いろいろな投資関連のブログを見ると1億がひとつの目標になっているものが多いですが、その目標に達しても人間は、満足しないでしょう。
次の目標を目指すと思います。

発展途上国の人が経済成長して、中進国になっても、満足しないで、もっと高いGDPをめざすのも同じ理由でしょう。
それが、経済の成長を支えているのも事実なのですが。

孔子は、足るを知る、といいましたが、個人の倫理としてはいいにしても、みながそうなったら、経済成長は止まってしまうでしょうね。
足るを知らず、が今の時代の倫理としては、適当かもしれないですね。
【2007/07/25 22:10】 URL | sosigaya #ehuBx04E [ 編集]


>>sosigayaさん

まあそういうことですね (^^)
経済全体としては、「足るを知らず」がいいのでしょう。もっとも、だからといって、いわゆる拝金主義や利益至上主義になってしまってはならないとも思いますが・・・。

【2007/07/28 22:34】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


こんにちは。

1000万という数字は最初は大きく見えますが、100万単位の思考の枠の範囲でしかありません。
あくまでうさみみの体験ですが、資産1000万円を超え、2000万円に達する間に、心理的な壁を越えるのではと思います。

というのは、100万単位の思考から1000万円単位の思考になる最初の壁だからです。

純資産が2000万円近くに達すれば、
●子供が居ない場合だと、生活成防衛資金を除いても1000万円以上の運用ができます。老後の資金として増やしていけます。
●子供がいる場合、1人の教育費の大半をキープしたことになります。
●家の頭金として無理が無いローンが組めます(早期に頭金がたまるということは早期にローン完済できる支出のコントロールを持ちえているという意味で)

といったような、人生設計上での大きな支出にも一定の道筋が見えてきます。
人生設計のレベルでは1000万単位の資産が必要なイベントがこれだけあるわけですから、1000万円では何も出来ないということだと思います。

時間がかかる話ですが、お金について勉強し、投資で言えば種銭を増やすことの方が、投資技術を磨くより大事ではないかと思います。

もちろんどちらも大事ですが、先に「収入UP」か「支出のコントロー」ルで時間をかけてでも粘り強くまとまった資産を作り上げてから、投資をする方が、安全な運用も可能だし、時間をかけた粘り強さが投資家の資質の1つとして重要だということを考えれば、masaさんのように、「貯金生活。投資生活。」の両方を頑張るということが非常に大事だと思います。

そういう視点を持ったブログが少ないので、応援したい気持ちでいっぱいです(^^♪
ついつい、長々と書いちゃって済みませんでした。

これからも記事の更新楽しみにしています。
【2008/05/11 11:08】 URL | うさみみ #- [ 編集]


>>うささみさん

非常に素晴らしいコメントをありがとうございます。
「100万円単位から1000万円単位の思考」についてはその通りだと思います。
私自身の経験で言うと、投資資金が1000万円を超えてからは、どうもお金の増えるペースが鈍化しているような気がして仕方がないのですが、これは思考の単位が100万円単位から1000万円単位へと切り替わりつつあるからなのかもしれません(もちろん、ここ最近の間、利回りが大きく低下していることも非常に大きいわけですが)。


>時間がかかる話ですが、お金について勉強し、
>投資で言えば種銭を増やすことの方が、
>投資技術を磨くより大事ではないかと思います。

これこそが最も重要なことと思います。種銭を殖やすことの重要性に比べれば、「アクティブ投資かインデックス投資か」といった投資手法・投資技術の問題などは、些細なことにすぎないとすら思います。

【2008/05/16 22:39】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/265-cad20b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。