プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節約生活をやめる日。
私は、できるだけ無駄金を抑える節約生活を送っています。しかし、私はいずれこうした節約生活をやめたいと思っています。「節約なくして貯金なし」をモットーとしているのに、こうしたことを書くのは矛盾しているように思うかもしれませんが、私はこれはごく当然のことだと考えています。なぜか?



節約というものは、家計の黒字化・そして投資資金を捻出し、より多くの資産を構築するための単なる手段でしかありません。そうであるならば、大きな資産を保有するような経済状態に達したならば、もはや節約生活を送る必要はなくなるからです。



もちろん、節約をやめるといっても、資産を食いつぶすような暮らしをしようとは思いません。資産を食いつぶす暮らしを送っていると、いずれは貧乏生活に逆戻りしてしまうからです。そういうことではなく、資産額に応じた、それなりに贅沢な暮らしをしてみようと思っているのです。
そもそも、人は節約をして質素な生活をするために生きているわけではありません。私自身は、節約に力を入れてきたとはいえ、こうした生活を一生続けることがいいことだとは思いません。節約のために犠牲にしてきたものも決して少なくはないとさえ感じています。



私が節約・貯金・投資に力を入れてきたその原動力になっているのは、あくまでも「豊かな暮らしを実現するため」のものです。過度の節約生活から豊かな生活はなかなか実現しにくいのもまた事実です。
そして、本来は手段であるはずの節約に対して、「節約して質素な暮らしを送ることは美徳である」などと考えるようになるのは、ある種の歪んだものの見方ではないかと感じています。



そんなわけで、私自身は、資産総額がある程度の金額に達した時点で、少しずつ、節約生活を緩めていこうと考えています。この「ある程度の資産総額」が果たしていくらにすべきか、というのがなかなか難しいのですけどね。そして、それを達成するのもまた、それなりの時間がかかりそうですが・・・。


私の場合、そもそも贅沢が悪いことだとは全く考えていません。自分自身の経済状態に見合う範囲内であるのならば、いくら贅沢をしても何ら問題はありません。いや、むしろできるだけ贅沢な暮らしをすべきだと考えています。贅沢というものは、金持ちだけに許された特権とも言えますし、それ自体非常に魅力的だとも言えます。そしてそうした目標があるからこそ、節約や貯金・投資にも身が入るというものです。



--------------------------------------

最後にお知らせです。

もうすぐ私の会社もお盆休みになるのですが、お盆休み前後はブログの更新をお休みします。盆休み前後は仕事が忙しく、盆休み中は個人的に忙しいからです。次回更新は8月21日か22日前後になる予定です。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

節約をするのは、目的ではなくて手段のはずなのですが、それを永年続けていると体に身についてしまうものです。
「贅沢」をしようにも身についたものを止めることはなかなか大変な気がします。
わたしも今は、未来の「贅沢」を目指して、節約生活をしていますが、そんな懸念がしてならない今日この頃です。
目的の資産がたまって、余裕ができたら、本当に「贅沢」をしてみたいものです。
でも、何だかそのときには、「贅沢」の仕方を忘れていそうです。
中島敦の「名人伝」に出てくる弓の引き方を忘れてしまった名人みたいです。
【2007/08/08 22:48】 URL | sosigaya #ehuBx04E [ 編集]


またまた興味深い内容です^^
贅沢というものは節約や節制ができている人のための特権とも言えるのかもしれません。お金持ちの家に生まれたお坊ちゃん、お孃ちゃんは、ある意味で不幸とも言えなくも無いと私は思います。もちろん最後まで貧乏な生活を送ることは、もっと不幸だとも言えるのですが。
資産形成する為に節制を心がけ、余裕がでてきたらある程度、豊かな暮らしをしていく。こういう人生が幸せな人生なのでしょうね。
【2007/08/09 02:35】 URL | cocoa #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/08/09 15:32】 | # [ 編集]


>>sosigayaさん

的確なコメントですね(^^)
私自身、自分にとって最大の贅沢とは何なのか?ということを考えてみたのですが、どうも思いつきません(-_-)
長年にわたって節約生活を送ってくると、お金を使わないことに対して喜びを感じるようになったりして、お金に対する考え方が歪んできてしまうようです・・・。

>>cocoaさん

贅沢な暮らしが日常になってしまうと、もはやそれが普通になってしまい、贅沢ではなくなってしまうわけですから、そういう意味では、金持ちの家に生まれてきて裕福な暮らしをしてきた人は不幸だと言えるのかもしれませんね。

贅沢というのは、節約生活を知っているからこそ楽しめるものなのかもしれません。
【2007/08/12 07:47】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

間違っていないと思います。
masaさん。ご無沙汰しております。

高級車や高級ブランド品を買うことだけが贅沢ではないことは
masaさんならお分かりだと思います。
精神的な贅沢、自分自身に投資する贅沢などが今後重要となるでしょう。

無駄を省くと言うスタイルは、資産が何千万円あっても変える必要はないでしょう。
しかし、年に何度かは旅行に出かけてみたり、高級レストランで食事をしたり、
5つ星のホテルに泊まってのんびりしてみたりしてみると
今までの価値観、世界観が変わってきます。
そのような場で楽しむ為にはそれなりのマナーも必要ですし、それなりの準備、衣服も必要です。
またその場にいる客層、また場違いな客などが客観的に見えてきます。
数を重ねていくと徐々に慣れていくものです。

また自分自身の為だけでなく、家族、パートナーのためにお金を使うという事も重要です。
そのような機会が今後徐々に増えていくと良いですね。
【2007/08/14 00:38】 URL | スマイリー #TMk8PTho [ 編集]


>>スマイリーさん

お久しぶりです(^^)

まさにおっしゃるとおりだと思います。
とはいえ、私の場合、果たしてどのようなお金の使い方をすべきなのか、まだまだ迷っている段階ではあります。

【2007/08/18 21:57】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

贅沢はいつから?
はじめまして。48歳になる男です。
総資産額がいくらになったら、贅沢が可能か?とのことですが、生活費が金利でまかなえるようになったと時からじゃないでしょうか?そして、年利回りは5%。
つまり、年間の生活費が仮に300万くらいとして必要な総資産額は6000万ですね。

今年本業で500万稼いだら、全額貯金。元金は6000+500=6500万。
来年の金利の650万は全額使い切ります。今年より50万だけ余分に贅沢ができます。
そして再来年は6500+500=7000.
こうして、金利はすべて使い切り、本業の儲けはすべて投資にまわすとすれば毎年、裕福な生活が可能ですよね。

私は当面、65才まではこの方法で蓄財していきます。

【2007/09/18 12:49】 URL | バラ色大好き #- [ 編集]


>>バラ色大好きさん

初めまして。
なるほど。具体的な数字で書いていただきまして、ありがとうございました。
私の場合、そこに至るまでにまだ時間がかかりそうです(^_^;)
【2007/09/23 10:35】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/269-0f55d2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。