プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大暴落でわかる自分自身のリスク許容度
今回の、株価の急落・急激な円高に直面して思ったことが一つ。それは、



自分自身の実際のリスク許容度は、大規模な暴落に直面してみて初めてわかるのではないか



ということです。
お金の運用をやっていて思うことですが、人間というものはどうしても自分自身のリスク許容度をあまりにも甘めに考えすぎる傾向にあるのではないかという気がします。

特に、株価の上昇局面ではその傾向が強く出てしまいがちになってしまいます。単なる含み益であるにもかかわらず、それを実現利益であるかのごとく考えてしまったり、「預貯金比率が高いのは投資効率が悪い」とばかりに手持ちの預貯金を必要以上に投資資金に回してしまうことで過大なリスクをとってしまったり、あるいはもっと最悪なパターンとして、手持ち資金の少なさを補うために信用取引で無茶なレバレッジをかけて投資したり・・・。

いずれにしても、過大なリスクをとった先には破滅しかありません。

私は、以前の記事の中で、「投資とは利益を出すことが重要なのではない。いかにリスクとうまく付き合い、リスク管理をするかということであり、経済環境の変化に対して耐えられるようにすることこそが重要なのだ」と書きました。経済環境の変化に対して耐えられるようにするということは、株価の下落にも十分に耐えうるだけの「経済的体力」が必要です。私の場合、それを預貯金をベースとする生活防衛資金を多めに確保することで対応しているわけです。


預貯金の比率が必要以上に高いと、投資効率が悪くなるということは当然承知の上でのことです。けれど、こういう大暴落局面においては、たとえ投資効率を下げてでも預貯金をたっぷりと保持しておくことの重要性をあらためて認識させられます。例えばの話、仮に私が3ヶ月分の生活費だけを預貯金の形で保持してそれ以外のお金の全額を投資していたとするならば、大暴落局面ではとても耐えることができないと思います。少なくとも、精神的に相当きつい状態に追い込まれるのは確実。そうなると、もはや冷静な投資判断などできなくなってしまうでしょうし、バイ&ホールドし続けることもまた難しくなってしまいます。これはちょうど、ギャンブルで負けが込んできた人が冷静に判断できなくなるのと同じ心境でしょうか。



逆に、高い預貯金比率にしておくことで、大暴落時にそれを最大限に生かすことができます。世間一般の投資家たちが、損切りと称して投げ売り・パニック売りをしている最中に、「空前絶後の歴史的大バーゲンセール」という認識の元に追加投資をすることも可能だからです。

※もっとも、今回のような先の読めない大暴落時においては、必ずしも追加投資がいいとは思いません。しかしながら、「いざとなれば追加投資が可能なだけの資金的余裕」を持つことには大きな意義があると思います。資金的余裕は精神的余裕につながりますから。



さて、当然のことながらリスク許容度というのは人によって違いますし、それを正しく知ることも非常に難しいのもまた事実です。リスク許容度というものは、「どこまでの損失に耐えられるか」ということを基準にして考えるべきものだと思いますが、最初に書いたように、こればかりは実際に大暴落に見舞われないとわからない、という部分があるからです。



大暴落というものは、これまでも起きてきたし、そしてこれからも起きるでしょう。私としては、大暴落が起きるたびに、自分自身のリスク許容度を見直すように心がけたいと思っています。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

とても有意義な記事をありがとございます。

リスク許容度
難しい、命題ですね。
「許容度」というからには、「許容できない度」もあるわけです。
現物投資によるバイ&ホールドを基本の投資姿勢とした場合、、「許容できない度」は
存在するのでしょうか?

株式の場合、5%で損切り、10%下がったら売る、などのルールを持っている人もいるようです。
インデックス投資には、そのようなルールを提示する人はいない気がします。

わたしも、相場の下落を起因とする売却のルールは持っていません。
しかも、コレが正しいことなのか、分からないのが現状です。
【2007/08/22 00:03】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>>元町愛さん


>現物投資によるバイ&ホールドを基本の投資姿勢とした場合、
>「許容できない度」は存在するのでしょうか?

この点について、私の考えを書いておきます。

まず一つは、「大きく下落した場合でも、現状の生活水準を落とさずに済ませられるかどうか」ということではないかと思います。もし、下落時に生活水準を落とさなければならないとしたら、本来なら生活防衛資金として預貯金の形で温存しておくべきお金までも投資資金に回していると考えられるからです。
そしてもう一つは、「精神的に、下落にどれだけ耐えられるか」という点ではないでしょうか。
例えば、下落状況が気になって、仕事も手につかない状態になってしまっているとしたら、リスク許容度を超えてしまっていると考えて間違いないでしょう。

こうしたことは、市況がいいときにはあまり意識することがないだけに注意が必要だと思います。


>インデックス投資には、そのようなルールを
>提示する人はいない気がします。

インデックス投資の場合、「いかなる状況下でも常にバイ&ホールドし、市場にとどまり続けること」が投資戦略の基本ですから、損切りなどの発想はないと思います。インデックスファンドを使った国際分散投資というのは、そもそもにおいて、個別銘柄選びやタイミング投資を否定しているわけですから・・・。

【2007/08/25 22:18】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/271-ca82c74c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。