プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴落時に考える、アクティブ運用とパッシブ運用
私は、持っているファンドをただ単にひたすらバイ&ホールドしているだけという状況なので、今回の大暴落では含み益が大幅に減ってしまいました。そこで、もしかしたらこんなことを考える人がおられるかもしれません。


「これほど急激に株価が大暴落することがあるのなら、適当に利益が出たときに売っておいた方がよかったんじゃないのか?特に今回問題になっている米国のサブプライムローン問題なんていうのはずいぶん前から言われていたことなんだし、はっきりいって今度ばかりは事前に予測できたことなんじゃないの?」・・・と。


しかし、私はこうした考え方に対しては否定的です。
どこが株価の天井で、どのタイミングでどの程度まで暴落し、どこが底値かといったことを事前に知る術があるというのならそれもいいと思いますが、それが分からない以上は、どうしようもないからです。


仮に首尾良く、大暴落前に高値で売却できたとしても、そのお金を今度はどうするか?という問題に直面します。もともと投資に回していたお金なので、預貯金に回すのもどうかと思いますし、暴落後の安値で買い直すにしても、どこが底値かなんてわかりません。結局は極めて適当なタイミングで資金を再投入することになりますが、そこからさらに暴落しないという保証はどこにもありません。逆に、買うタイミングを見計らっているうちに暴騰してしまい、買いそびれてしまう可能性だって十分にあり得ます。



「安値で買っておいて高値になったら売る」という戦略をとり続けるためには、常に底値と高値を当て続ける必要がありますが、そんなことは不可能。



そもそも、私が分散投資をしているのは、「どの投資対象がいつどのくらい下がる(上がる)のかなんてわからないんだから、買えるものは全部買ってしまえばいい」という理屈によるものなので、私は、今回含み益が大幅に減ったことに対しても何にも後悔などしていません。

投資家というものはリスクをとるのが仕事なのですから、損をするのがイヤなら投資などしなければいいというのが私の考え。そんなわけで、私は今後とも、国際分散投資で追加投資しつつ、バイ&ホールドし続けるだけです。今回の大暴落も、私にとっては投資戦略の見直しのきっかけにはなりません。むしろ、暴落のたびに、自分のとっている投資戦略の正しさをますます強く実感するようになっています。特に、短期投資家たちの悲惨な状況を見聞きすると、なおさらそう思ってしまいます。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/272-a2462d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。