プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックス投資家としては、アクティブ運用投資家は大歓迎です
私自身は、インデックスファンドをメインとして長期投資をしているわけですが、そういう私の立場からすると、アクティブ運用をしておられる投資家さんや短期投資家さんというのは大歓迎だと思っています。
なぜかというと・・・



アクティブ運用をしている投資家さんや短期投資家さんが、損切りやパニック売りをしてくれるおかげで株価が下がり、その結果として、私のような投資家がバーゲン価格で各ファンドを購入できるチャンスを与えてくれているからです。



私は大体においていつもそうですが、普段は淡々と少額の積み立て投資を行いつつも、大暴落となると、アクティブ投資家・短期投資家の皆様方が売っている最中に比較的まとまった金額での買い増しに向かいます。短期投資家さんは損をしているのに、私の方は大バーゲン価格という超安値で追加投資ができ、そのおかげで私の高い運用利回りにつながっているわけですから、私にとってアクティブ運用投資家の存在ほどありがたいものはありません。


それにしても、短期投資やアクティブ運用をされている方々というのは、本来ならば市場平均程度のリターンでは満足できないからこそ、積極的にお金を動かして運用をしているはずなのに、結果としてごく一部のアクティブ運用投資家を除くと、大半の人が市場平均を下回っていたり、あるいはもっとひどいケースだと損ばかりしている人も大勢おられるというのは何とも皮肉な結果だなあと思ってしまいます。
もっとも、投資というものは自己責任ですから、各投資家さんたちが自分の投資哲学に従って投資をした結果として損をしたというのであれば、それもまた仕方のないことだというのもまた事実ではあるのですが・・・。


ともあれ、私としてはアクティブ運用・短期投資派のみなさんにはどんどん売買をして欲しいと思っています。



もちろん、私自身は、無用な利食い・損切りなどは一切やりませんが・・・(^^)

-----------------------------------

注・・・今回の記事は、短期投資家・アクティブ運用投資家へのイヤミがたっぷりと込められていますが、あくまでもジョーク記事ですので念のため・・・(^^;;)


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

ウォール街の超エリート集団が8月のサブプライムローン問題でパニック売りをする様子を見ると、アクティブ運用で市場平均以上はいかないなと思います。
でも、こんな相場の時に市場平均以上の結果を出す人がいるので、そういったファンドとかが神話になるんですよね。何年か先にはほとんど消えますが。
市場の先を読めない私はインデックス一本で満足です。

【2007/09/01 22:31】 URL | 道産子 #1Tat1pec [ 編集]


masa様

8/中に開設した私の「道産子投資道」へ貴サイトへのリンクを設定させていただきましたので、よろしければ相互リンクをお願いします。
【2007/09/02 13:15】 URL | 道産子 #1Tat1pec [ 編集]

長いコメントで失礼します
 「アクティブ運用=短期運用」という認識で記事を書かれているようですが、長期のアクティブ運用投資家も存在していることをお忘れなく。
 アクティブ運用の投資家が投げたから相場が暴落したというのも 多分 正しい理解ではありません。
 機械的に運用しなければいけない あるいは 値洗いに厳しい条件がつけられている投資家が、「相場が下がる→ロスカットラインに接触→機械的に投売り→更に相場が下落」というフィードバックループにはまり込んだことが 大本にあるように思います。
 投売りに至る機序は アクティブ的ともいえますし、設計時点で決められた通りにしか運用できないという点ではパッシブ的であるともいえると思います。
【2007/09/02 22:53】 URL | 通りすがり #r/nGt0lQ [ 編集]

先ほどの続きです
  ネタ記事にマジレスみたいで格好が悪いのですが、今回のトラブルで大損したのは アクティブ投資家とか短期投資家という漠然とした括りではなく・・・

 1.レバレッジが大きくかかったPFを持っていた人
 2.短期資金で長期的な運用を行っていた人
 3.格付け会社を過信して 商品の自己判断を放棄していた人

 いずれにしても、リスクに対する認識の甘かった人たちが大損した訳で 「パッシブ対アクティブ」のネタに貶めるのは ちょっと勿体無い事件かなと思いますが。

 今回の金融ショックを引き起こした投げ売りが、運用条件が非常に厳しく設計されたファンドから始まったという点は インデックス運用を使用する人たちにも示唆的な点を含むとは思いませんか?
【2007/09/02 23:06】 URL | 通りすがり #r/nGt0lQ [ 編集]


まあ、今回投げたのは「短期投資家」でしょうね。
長期のアクティブ投資家も買い向かっている人も多いんじゃないでしょうか?

インデックス運用の良いところは短期投資家の投げで安く買い、長期投資家のおかげで適正な株価にしてもらい、最終的に両方とも抜き去るところでしょうか。

ネタの一つとして、ある有名ブログ(アクティブ)に投稿した時の反応です。
投稿内容は、HN「通りすがり」で
「少なくともデイトレはギャンブルであって、株式投資では無いので。
デイトレで成功するかどうかは、ギャンブルの運、不運と一緒ですよ。その証拠に1億7000万が
半分以下になってるし、その前は何百倍にもなった。
これはギャンブル以外の何者でもありません。
恐らく、10年と生きていられないでしょう。
世界の超人投資家でさえ年率数十%を安定して出すのに苦労してるんですから。」

反応が
「また運、不運の話ですが確かに個々の売買の結果はほとんどが運に左右されていると言えます
しかしそれは一つ一つの売買を見た場合だけだと思います
数多くの売買の結果というものはほとんど運の影響を受けないというのが私の持論です

大数の法則をご存知無いようでw 運、不運を幾ら積み重ねても運、不運だけなんですから。予想通りの反応ですね。短期投資家には今後も血を流し続けてもらいましょう。

詳しくは
ttp://morohanoturugi.blog3.fc2.com/blog-entry-719.html#comment
で。
【2007/09/03 22:40】 URL | インデックス投資家 #- [ 編集]


> 大数の法則をご存知無いようでw 運、不運を幾ら積み重ねても運、不運だけなんですから。
> 予想通りの反応ですね。短期投資家には今後も血を流し続けてもらいましょう。

ウケました :)
義務教育で習ってるハズなんですがね。

【2007/09/03 22:55】 URL | ひろん #- [ 編集]

相互リンクのお願い
はじめまして
FX比較@の管理人kuwatoroと申します。
突然のお願い大変恐縮ですが、貴サイトと私のサイトとで相互リンクをお願いできますでしょうか?

貴サイトは下記URLのページにてリンクさせていただきました。
http://fx.maru1.info/link/07090/
http://fx.maru1.info/link/07090/post-120.html


私のサイトの情報は下記となります。
【サイト名】FX比較@
【URL】http://fx.maru1.info/
【紹介】】FX比較情報が満載!FXを取り扱う業者を手数料やスワップ金利で徹底比較!(変更/省略可)


以上、どうぞよろしくお願いいたします。
【2007/09/04 00:24】 URL | FX比較@kuwatoro #SFo5/nok [ 編集]

後日、あらためて補足記事を書く予定
今回はまとめレスにて失礼します。

通りすがりさんのコメントはその通りだと思います。
今回の記事に関しては不適切な部分もありました。


・・・で、今回頂いたコメントに関連しての話なのですが、後日補足記事を書きたいと思います。
その際、皆様方のコメントを引用させて頂く場合がありますのでよろしくお願いいたします。
(ただ、書くのはもう少し先の話になりそうです。今、仕事がかなり忙しいので・・・)


なお、相互リンクの件ですが、原則として相互リンクはしない方針を打ち出しております。今現在、相互リンクしているブログがいくつかあるのは「数少ない例外」です。せっかく申し出て頂いたのに申し訳ありませんが、ブログのデザインをシンプルにするための方策ですのでご理解願います。


【2007/09/08 21:49】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/274-17b6892a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。