プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「分散投資で金持ちになった人は本当にいるのか?」という素朴な疑問
先日、本屋さんで何気なく投資本コーナーで本を見ていると、「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」という本が目につきました。「そういえば、いくつかの投資系ブログでこの本が取り上げられていたなあ」と思って、本を手にとってぱらぱらと見ていると、ビックリ、「巻末付録 厳選! ハイブリッド社員のブログ集」の中に私のブログも紹介されていたのです。

・・・まあ、それはどうもいいのですが、今日のテーマはこの本に関するオンライン書店Amazonの書評欄からピックアップしたいと思います。

Amazonでの書評はこちら。
「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩」の書評



さて、この本ですが、書評を見る限りではなかなか厳しい評価がついています。私自身は、この本を読んでいないので評価は避けたいと思います。

本題はここから。私が注目したのは、この本の書評の一つです。以下に引用します。


-------------引用開始-------------------------------

30年以上もサラリーマンをやっていて、知り合いもたくさんいますが、いまだかって、ただの1人も、インデックス的な投信や積み立てで、金持ちになった人を見たことも聞いたこともありません。そういった人たちは、いいところで、やや元金を増やした程度。こちらに書いてあるように、デイトレで、勝ち続けることもないでしょうが、デイトレで、金持ちになって止めた人は、何人か知っています。会社勤めで、金持ちになった人たちの多くは、持株会における自社株買いです。つまり、1点集中で、長期投資をした人たちです。著者のように、潰れる会社に勤めていては、紙くずになってしまいますし、こちらに書かれているように、分散すれば、リスクは減ります。でも、大きく儲かることもありません。過去の都合のいいマーケットで、都合のいい時から始め、都合のいい時に売ったとするのは、机上の空論です。現実に、長年、いろいろなサラリーマンを見てきた感想です。分散投資では金持ちになれないのです。

-------------引用終了-------------------------------


この書評を読んで、「なるほど。確かにその通りだ」と思いました。で、今日のテーマである、「分散投資で金持ちになった人はいるのか?という素朴な疑問」へとつながるわけです。

果たして、分散投資で金持ちになれるのか?その答えは、「残念ながら私にもわからない」というのが本当のところです。なぜかというと、この書評にあるように、私もまた「分散投資で金持ちになった人を見たことも聞いたこともない」からです。
やれやれ。投資系ブログを書いておきながら、こんなことを書いてしまってもいいのか?と思いますが、仕方がありません。「分散投資で将来的に金持ちを目指そう」という人ならいくらでもいますけど、「本当に金持ちになった」という話は、残念ながら全く知りません。

一般的に金持ちになった人というのは確かに集中投資が多いと思います。

------------------------------------------------

サラリーマンの場合・・・本業への集中。自社株への集中投資。

起業家の場合・・・自分の所有する会社・ビジネスへの集中投資。

不動産投資家の場合・・・不動産への集中投資。

株式投資家の場合・・・少数の個別銘柄への集中投資。

------------------------------------------------


私自身、1000万円を超える運用資金を持ちながらも、時々、「投資なんてせいぜいこの程度なのか・・・」と思ってしまうこともあります。分散投資で確実にお金は殖えつつも、いかにもペースが遅いのは非常に気になるところではあるのです。実際のところ、だからこそ本業を大切にしなければならないわけですけど。いや。もっと正確な表現をするならば、


「分散投資で稼げる金額なんてたかが知れてる。運用利回りを1%上げる努力をするよりむしろ、より多くの投資資金を投入できるようになることの方が重要なわけで、そういう意味では本業であるサラリーマンが結局は『一番稼げる』ということになる」


というところでしょうか。こう書いてしまうと身も蓋もありませんが・・・。

もっとも、だからといって私が分散投資をやめて集中投資に切り替える、などということは決してありません。金持ちになった人の大半が集中投資であるといっても、集中投資で金持ちになった人はごく少数であって、実際には集中投資に挑戦した人の大半は金持ちになれず、かえって貧乏になってしまっているのではないか、と推測されるからです(一歩間違えれば破産する可能性も・・・)。


分散投資か集中投資かというのは投資における永遠のテーマだと思いますが、それでも私はやっぱり分散投資を選びます。これは推測ですが、分散投資で金持ちになった人がいないというのは、これまでは株式投資での分散投資が困難であったためかもしれません。海外ETFやインデックスファンドといった分散投資するための選択肢が増えてきたのはつい最近のことだからです。

もしかしたら、今この時代に国際分散投資を始めた人たちこそが、分散投資で金持ちになる第1号なのかもしれません。

------------------------------------------------

最後に一言。いくら分散投資とはいえ、日本株式インデックスファンドや国内株式ETFに関してはあまり比率を高めない方針であることに変わりはありません。日本の株式市場内でいくら分散させたところで長期的にさほどの利益が見込めるとはどうしても思えないからです。そもそも戦後の株価の推移にしても、右肩上がりにはなっていないようですし。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

思いますに、もし同じ金額の種銭を持っているとすると、
どれだけお金持ちになれるのかは、どれだけのリスクを背負えるかで決まると思います。
集中投資よりリスクが少ない分儲けも少ないので、お金持ちになれるかどうかは難しいかもしれません。
しかし、リスクとリターンのバランスが一番良いのが分散投資だと思います。
長い目で見て、貯蓄と分散投資が出来るならば、それなりの資産を築くことができるはずです。(と私は信じています)
大穴を狙うか、中穴か、それとも本命党か、結局、自分が背負えるリスクによってどれを選択するかではないでしょうか。
以上はど素人のわたしの戯言です。
【2007/09/09 19:20】 URL | ルノア #mQop/nM. [ 編集]

トラックバックさせていただきました
たいへん興味深い記事をありがとうございます。
たまたま、僕も同じことを考えたことがあり、自分なりの「答え」のようなものに至っております。
関連記事をトラックバックさせていただきました(2つもゴメンナサイ)。
よろしければ、ご覧いただければ幸いです(^^)
【2007/09/09 19:41】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


インデックス投資をなぜするか?
私の場合は、答えは簡単です。

・なるべく利回りのいい投資をしたい。
・他の方法(例:デイトレ)では、ぜんぜん利益が出ない。

これだけです。

億万長者いない?億万長者になれない?
だからなんだってーのよ。
「しょーがない」じゃん、他に方法が見つからないんだから。

デイトレ?やってみましたよ、一年じっくり。
マイナスですよ、マイナス。
証券会社に年季奉公したのと同義ですよ。

個別銘柄投資?やってみましたよ、2年じっくり。
はっきりいって、体持ちませんよ。
ストップ安って、ありゃなんですか。
初めて出会ったとき、新手の精神侵食型兵器かと思いましたよ。
もー髪の毛真っ白ですよ。頭頂部の毛がなくなって、カッパ状態ですよ。
で・・・やっぱりマイナスですよ、マイナス。
日経新聞購読するより、TVガイド購読した方がましでしたよ。

で、管理人さん、私思うんですけどね、
よく本屋で「デイトレで3億」とかの本ありますけど、あれの確立って
宝くじ並みなんじゃないですかねぇ?
【2007/09/10 01:40】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


金持ちをどう定義するかによりますよね。

インデックス投資は一番にも最下位にもならない投資法です。長期にわたってインデックスを上回る運用をする投資家も、ごく少数だけど、います。仮に運用成績上位1%を指して金持ちと呼ぶならば、インデックス投資家が該当する可能性は低いと思います。

それに、水瀬さんがおっしゃったように、始まったばかりですしね。30年後くらいにアンケートしたら、運用成績上位30%前後の層にインデックス投資家がたくさん見つかるんじゃないかな、と僕は予想しています。

こういう投資の基本に関する記事、好きです。これからも楽しみにしています。
【2007/09/10 05:45】 URL | 与六 #- [ 編集]


はじめまして。
個人的には内需株を含まざるを得ない日本株のインデックス投資はペケかなあと。
やっぱり人口減少は抑えようがないし、30年後は?とおっしゃいますが、私達が生きている間に日本という国が劇的に上向きに変わることはないと予想します。

市況バブルが終わるといわれているけれども、それでも市況関連となんだかんだのBRICS新興国関連株以外に期待できるセクターがありません。
【2007/09/10 17:37】 URL | katsu #- [ 編集]


金持ちになった人に集中投資が多いのはある意味当然です。集中投資はボラティリティーが大きくなりますから、うまくはまれば大儲けできる可能性があるからです。
反面、分散投資に劣後するリスクもかなりあります。
ちなみに、平均値は集中投資でも分散投資でも変わらないはずです。そして、シャープレシオをとれば、分散投資が優位なはずです。
【2007/09/10 22:21】 URL | dell #X5XodAgg [ 編集]


はじめまして、いつも拝見させていただいてます。

アマゾンの書評はいろいろな思惑がうずまいていて、こちらの書評については意図的に悪く書かれているかな、と感じます。この書評を書いた人は他のレビューがありませんし・・・。

インデックスの分散投資は「市場にとどまり続ける」ということができるのが利点かな、と考えてます。集中投資だといつはじきだされてもおかしくないですよね。
【2007/09/11 09:48】 URL | あや #- [ 編集]


みなさん、コメントありがとうございます。


>>ルノアさん


>結局、自分が背負えるリスクによって
>どれを選択するかではないでしょうか。

確かにその通りだと思いますね。
それこそ、起業家などは自分の人生そのものをリスクにさらしているとも言えるでしょうし。
私のような凡人の場合には、分散投資が一番ぴったりだと思いますが(^^)



>>水瀬 ケンイチさん


トラックバックありがとうございます。
おかげさまですさまじい勢いでアクセス数が伸びました(^^)
コメントは、水瀬さんのブログに書かせていただきましたので、ここではあえて書きません。
今回の記事の反響の大きさに驚いているところではあります(^^)


>>元町愛さん

実感のこもったコメントをありがとうございました。
「経験者は語る」というところでしょうか。


>よく本屋で「デイトレで3億」とかの本ありますけど、
>あれの確立って宝くじ並みなんじゃないですかねぇ?

おそらくそうだろうと思います。デイトレで億単位のお金を稼ぐなんて、どう考えても現実的ではありません。こういうテーマの本の罪深いところは、まるで誰でもそれが可能であるかのように書いてある点だと思います。


>>与六さん


>30年後くらいにアンケートしたら、運用成績上位30%前後の層に
>インデックス投資家がたくさん見つかるんじゃないかな、
>と僕は予想しています。

この点、まさにそう思います。そのときこそ、インデックスファンド投資がメジャーになる時かもしれません。


>>katsuさん

初めまして。
日本株インデックス投資については、私も似たような考えを持っています。もっとも、新興国も不確定要素が非常に多いので安心して投資できるとは思いませんが・・・
まあ私としてはどの市場が一番いいかがわからないので全部をバランスよく投資しておくだけです(^^)


>>dellさん


>うまくはまれば大儲けできる可能性がある

これこそが、集中投資派の最大の動機付けなのでしょう。
リスクの大きさを考えればとても割に合わないと思うのですが、実際にそれで金持ちになった実例がマスコミで紹介されたりするので、「自分にもできるかもしれない」と考え、その気になってしまうのでしょうね。
リスクとリターンのバランスを考慮すれば、dellさんの書いておられるとおり、「分散投資が優位」だと思うのですけど・・・。


>>あやさん

初めまして。

この本の書評が意図的に悪く書かれているかどうかはわかりませんが、読んだ人の感想としては、恐らく内容の善し悪しというよりも、「ただ単につまらない内容の本」という印象だったのかもしれません。基本に忠実な本というのは、大体がそういうものだという気がします。本当は、その基本こそが一番大切なのですが、そのことがなかなか理解できないのかもしれませんね。当たり前のことほど、実行しにくいものですし・・・。

分散投資のメリットは、まさにあやさんの指摘通り、「市場にとどまり続ける」ことができる点にあると思います。これこそが、分散投資の最大の強みだといえますね。

【2007/09/15 21:30】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

分散投資の穴
いま学校で分散投資について、ポートフォリオ分析などを通して勉強しているのですが、本来分散投資とは分散することによってリスク軽減を目的として投資するものだとされています。

しかし、現在では軽率かもしれませんが分散投資によってリターンも低い、さらにリスクが多きいわけでもありませんが、資産が昔よりも相関しており”資産分散”という集中投資をしているのではないかと考察しています。

そのことについて、意見を聞かせてください。
【2009/07/17 15:42】 URL | dolce #J5wy2O1Y [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>dolceさん

この話については、後日あらためて記事にしたいと思います。といっても書けるのはあくまでも私の個人的考えに過ぎないので、、必ずしも参考になるとは限りませんが・・・。

少し時間を頂くことになるかと思いますが、しばらくお待ち下さい。

なお、その際に上記コメントを引用させていただきたいと思いますので、その点、ご了承願います。

【2009/07/19 19:58】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/276-646f6baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「分散投資で金持ちになった人は本当にいるのか?」という素朴な疑問に対する個人的な答え (その1)

大切な相互リンクブログ「貯金生活。投資生活。」のmasaさんが、興味深い記事を書かれています。その名も、『「分散投資で金持ちになった人は本当にいるのか?」という素朴な疑問』... 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー【2007/09/09 18:58】

「分散投資で金持ちになった人は本当にいるのか?」という素朴な疑問に対する個人的な答え (その2)

前回の記事、『「分散投資で金持ちになった人は本当にいるのか?」という素朴な疑問に対する個人的な答え(その1)』の続きです。日本においては、インデックス投資の歴史は20年... 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー【2007/09/09 19:39】

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

JUGEMテーマ:ビジネス 当ブログで過去にご紹介した、「マネーと常識 投資信託で勝ち残る道」、「バリュー投資 株の本当の価値を問う」と似た装丁で出版されているシリーズ?の最初に出版された本ということで興味を持ったので読んでみました。これらの本はいずれも林?... rennyの備忘録【2008/03/16 09:02】

「分散投資で金持ちになった人は本当にいるのか?」という素朴な疑問

先日、本屋さんで何気なく投資本コーナーで本を見ていると、「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」という本が目につきました。「そういえば、いくつかの投資系ブログでこの本が取り上げられて... お小遣い稼ぎ【2011/05/31 15:56】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。