プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資商品を売却するとき。
今日は、私の考える「投資商品の売り時」について書いてみます。
私自身は、基本的に徹底的なバイ&ホールド戦略をとっているので、原則として売却は行わず、積み立て投資の継続のみでお金を殖やそうというのが基本です。

しかし、当然といえば当然のことなのですが、私にも「売るべき時」は存在します。それは・・・


(1)その投資商品を持つべき理由がなくなったとき。

(2)お金が必要になったとき。


の2つです。以前に、コメント欄でも書いたことですが、例えば、HSBCチャイナオープンの場合ですと、中国経済が長期的に渡って成長を続けることを期待して買ったわけですから、「もはや中国経済に成長が見込めないと判断したとき」には売却することになります。J-REITの場合ですと、分配金目当てで買ったわけなので、十分な分配金が見込めなくなった場合には有無をいわさず売却することになるでしょう。


唯一の例外はインデックスファンドで、これについては、何があろうともバイ&ホールドを続けるつもりです。


インデックスファンドを売却するとすれば、上記(2)の「お金が必要になったとき」ということになりそうです。当たり前のことですが、いくらインデックスファンドをバイ&ホールドし続けるといっても、いつかはそのお金が必要になる日が来ます。投資したお金を一生使わないまま死んでしまったとしたら、そもそも投資をすること自体が全く無意味になってしまいます。


お金というものは、使って初めてお金として機能するわけですから、当然といえば当然です。


さて、上記(1)「その投資商品を持つべき理由がなくなったとき」という売却タイミングについてですが、逆に言うと、持つべき理由がなくならない限りは持ち続けるということになります。一般的には、「ある程度値上がりしたら利益確定のために売却」とか、「値下がりしたら損失を限定するために損切り」という手法が普通ですが、私にはそういう発想は全くありません。


-----------------------------------------------

これは余談ですが、何らかの理由で売却する際にも、アセット・アロケーション(資産配分)を考えながら売却することになると思います。特定の投資商品のみを集中して売却すると、投資商品の資産配分・投資比率が大きく狂ってしまいますから、そのあたりのことを考慮しながら売却することになると思います。このあたりのことは、実際にその状況になってみないと何ともいえず、今後具体的な検討を重ねる必要がありそうですけど・・・。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/278-88a090db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。