FC2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
節約と投資の境界線
前回の続きです。第1段階は節約、第2段階は投資と書きましたが、そこのあたりをもう少し詳しく書きます。
一般的な節約に関する本ではこの第1段階に関して書いているわけですね。投資ノウハウのみを書いた本では第2段階についてのみ書いているわけです。

でも、私の実感では両方重要だと思うのです!!

以前、このブログで「金持ちになるためのスタートラインに立てるかどうか」ということを書きました。スタートラインに立てるかどうか、というのは第1段階の節約ができるかどうかがカギになるわけですね。もし、節約そのものができないくらい生活が切羽詰まっているのなら実質的にもうすでに生活は破綻してしまっているのではないかという気がします。よくマネー雑誌などでの相談なんかを見ていると「節約しましょう」的な回答を出してますが、本当にギリギリの生活状態なら、真剣に転職を考えるなど、基礎的な収入を上げる方向を考えた方がいいと思うのですけど。今の職業にしがみつく方がかえってハイリスクになっているような。まあ、ファイナンシャル・プランナーの場合、そこまでは踏み込めませんから仕方がないですね。それともう一つ、生活がギリギリになるまで追い込まれた本当の原因は「お金に対する甘さ」があると思うのです。

私なら、

お金がないのなら・・・
*クルマを買うな!!
*結婚するな!!
*子供を作るな!!
*家を買うな!!

・・・と思うのですけど、そんなことを言う人は・・・誰もいませんね。フツーの人は言わないはずです。そこまで言うと、間違いなく反感を買うし、確かによけいなお節介なのですけど。でもこれは真実なのでは?そもそもそのへんから間違っている人が多いような。「己を知らない」人が多いような気がします。「ブライダルローン」ってのがありますが、あれは一体何なんですか?結婚する時から借金漬け?まあ、金融機関にとってはいいお客さんではありますね。そのまま住宅ローンとか借りてくれればもう最高のお客さんですわな。一生涯、せっせと銀行のために働く、みたいな感じ。

本題に戻ります。
とりあえず、節約をして生活スタイルがシンプルになり、貯金ができるようになれば第1段階はクリアー。
第1段階の節約とはいっても、その道のりは長いです。第2段階のお金を使う、というところに到達するにはかなりの時間がかかるはず。できれば、投資を開始するときまでに「2年分の生活費」くらいは貯めておきたいですね。多すぎですか?確かに多いです。よくマネー誌では「万一のお金は生活費の3ヶ月分+使うことが決まっているお金」と書いてますから。でも私としては、やっぱり「2年分の生活費」は貯めてから投資した方がいいと思います。念のために書いておくと「2年分の生活費」は投資に回してはなりません。それを超えた分だけを投資するわけですね。ちなみに私の場合は「手取り年収の3年分」を安全資金として確保しています。それは絶対に投資してはいけないお金と決めています。あまりに慎重すぎると思うかもしれません。実は私もそう思うのですよ(^.^)
だけど、多くの資金を安全資金としておくことによるメリットは計り知れません。投資をする上で「精神的な安心感」が全く違うからです。「生活費の3ヶ月分+使うことが決まっているお金」だけだと正直あまり余裕がないと思います。

私が比較的のんびり構えていられるのも、万一のお金を多めにとっているからです。人生、いつなんどき大金が必要になるかわかりませんからね!もし、急に大金が必要になったとき、安全資金が少ないと投資商品を売ることになりますが、そのときの状況によっては損失を出してでも売らなきゃしょうがない、ということになってしまう恐れがありますし。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/28-778df911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)