プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット証券は個人投資家の味方だと言えるのか?
今日は、前に書いた記事の続編です。
過去の記事はこちら。

金融機関だけが悪いのか?


投資系ブログを見ていると、ネット証券は非常に好意的に捉えられていることが多いように思われます。いわゆる大手メガバンクなどを批判する方々も、ネット証券に対しては非常に寛容な態度をとっておられることが多いような・・・。
旧来型の大手金融機関はダメだが、ネット証券会社は個人投資家にとっては強い味方だ、とでもいわんばかりの勢いです。
しかし、それは本当に正しいと言えるのでしょうか?私はその点に大きな疑問を感じています。

ネット証券が投資家層の幅を広げたというのは事実だろうと思います。しかし、その中身はどうなのか?ちゃんとした統計データを持っているわけではないので、例によって独断と偏見になってしまうのですが、現実問題として、


「投資家というよりも、むしろ無謀なギャンブラーを増やしただけではないのか?」


と思ってしまうのです。そう思ったのはいくつかの理由があります。それは・・・

(1)見方によっては「無責任」ともとれる販売姿勢
(2)信用取引を誰でも簡単にできるようにしてしまった
(3)極端な短期投資家向けの取引手数料

といったことです。



まず、(1)の「見方によっては「無責任」ともとれる販売姿勢」について。

投資信託を買うとき、当然目論見書を事前に読まなくてはなりませんが、ネット証券の場合、どうしても「自分でちゃんと読んでおいてね。ちゃんと読んでなくて後でひどい目にあっても知らないよ」ということになってしまいます。窓口販売と異なり、人を介さないのですから当然といえば当然ですが、これは考えようによっては非常に無責任な販売姿勢とも言えます。勉強している投資家にとっては、非常に便利な反面、不勉強な投資家にとっては、非常に危険な側面を持っているのではないかと思います。


次に、(2)の「信用取引を誰でも簡単にできるようにしてしまった」について。

これはネット証券の最も罪深い部分だと思います。たった30万円の証拠金で信用取引が可能?これはとても正気とは思えません。こんなことをすればどうなるか、最初から大体想像はつくはずです。個人投資家は一般的に資金が少ないので、「少ない資金でより効率よく投資する」という名目で、ろくにお金を持っていないにもかかわらず安易に信用取引を始めようとする人が大勢出てくるのは自明の理。
以前の記事のコメントで、「心地よい言葉を並べて『必要のない需要を無理やり作り出している』という見方もできる」というのがありましたが、それならば、このネット証券の信用取引こそ、まさにそれに該当するのではないでしょうか?


最後に、(3)の「短期売買投資家向けの取引手数料」について。

ネット証券は、大抵の場合、一日に何回取引しても定額で済む売買手数料を導入していますが、これこそが、いわゆる「デイトレーダー」と呼ばれる人たちを大量生産することになったのではないかと思います。これもまた、「必要のない需要を無理やり作り出している」と言わずしてなんというのでしょう?デイトレードに代表される極端な短期売買が不毛なのは、投資についてちゃんとした知識を持っている人であれば誰でもわかる話です。ネット証券の幹部がそれを知らないとでも言うのでしょうか?



・・・書きたいことはまだまだありますが、書き始めるときりがないので、今日のところはこの辺でおいておきます。


-----------------------------------

今日の記事の補足説明をしておきます。

私自身は強硬な自己責任論者なので、ネット証券のこうした姿勢についても、何ら問題はない、と思っています。こうしたサービス姿勢もまた、「投資家のニーズに応えた結果」だと言えるからです。ネット証券のセールストークに乗せられる方が悪いのだと思います。投資というものはどこまでいっても自己責任である以上は仕方がありません。

にも関わらず、私がこういう記事を書いたのは、「旧来型の大手金融機関の営業姿勢を批判する人たちはなぜネット証券を批判しないのか?」と疑問に思ったことがきっかけです。もしも、大手メガバンクや旧来型の大手証券会社を批判するというのであれば、ネット証券とて、同じように(あるいはそれ以上に)批判されてしかるべきなのに、なぜかそういう声があまり聞こえてこないので、あえてこういう記事を書いてみたというわけです。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
masaさんこんばんは
確かに・・・ネット証券が批判の対象になることは少ないですね。
私個人としては、損切りを推奨するようなメールマガジンを発行したり、逆指値などという理屈から言って何の得にもならない(取引回数を増やすだけの)システムを導入するなどしている某ネット証券が大嫌いです。(批判的な記事も書いています)

でも、批判的な記事を書く媒体がネット上の物であるだけに、ネット証券というネット上の巨大な敵には全く太刀打ちできないというのが実情です。

ネット証券に批判的な意見を持つ人間以上に、ネットの持つ特性を上手く利用して利用者を魅惑しているのがネット証券なので、結局は皆、ネット証券の虜になってしまっているのではないでしょうか?

それに、実際 投資家を惹きつけるだけの魅力を持っていますしね・・・良い面が目立つだけに批判もされにくいと言う面もあるのでしょう。

我々としては、その良いとこだけを利用させてもらえばいいのだと割り切るしかないのでしょうし、それを見極めるだけの判断力も養っていかなければならないということなのでしょうね。
【2007/10/05 23:26】 URL | CHARO #- [ 編集]


これは直販投信にもあてはまるのではないでしょうか。
既存金融機関は悪で自分達のみが正義という論理展開。
セミナーではメリットのみでデメリットは一切語らない。結局は長期投資すれば必ず儲かると誤認させるセミナー商法。
売り方はうまいかもしれませんが、結局他社と大してかわらないのではないでしょうか。
【2007/10/06 00:21】 URL | 弥太郎 #- [ 編集]


 ネット証券はセミナーやメールマガジン、様々な記事を媒体とするニュースなどで、ありとあらゆる手段を使ってデイトレーダーを増やす努力をしています。それはインデックスファンドやETFだけではやっていけないからです。結局、利益をださなければやっていけない点に関してはネットだろうが、ネットでなかろうが同じです。通常の金融機関は実際に店舗を持ってる分、維持費や人件費、目論見書の作成費用などより多くのコストがかかるだけです。

 インデックス投資家の不思議な点は、こういったアクティブ投資家の利益のおかげでネット証券が存続し自分達の投資が継続できるのに、アクティブ投資家を馬鹿にしてることです。インデックスブロガーの記事を読むと、アクティブ投資家大歓迎とか謳っていながらインデックス投資家が増えることを心の底では望んでいるという自己矛盾があります。ブログを持つこと自体おかしいともいえます。

 投資には様々な手法、様々な考え方があり、金融機関もネット証券もただ単にそれに対応してるだけ、と考えればよいと思います。日本人の考え方のレベルが低いと思うのであればインデックスブロガーも、もっと投資教育に力を入れればよいのです。利益のことを考えず、純粋に投資家のためになることを書けるのは個人投資家だけです。ただそのときに窓口で買うのはやめネットで買いましょうでは、そんなことだれでも知ってるよと言われるだけです。 
【2007/10/06 06:52】 URL | ゆうまりの #- [ 編集]


 日本に長期投資家が根付かないのは、短期売買の
普及啓蒙活動をしているネット証券でしょう。健全な投資家教育を
阻害してる主犯というやつです。

 しかし一方で販売手数料のかからない投信も数多く販売してるので、
結局のところどこで買おうが「利用者が何を選択するか」
が全てじゃないですか?
【2007/10/06 07:35】 URL | カミナリ #- [ 編集]


ゆうまりのさん wrote:
> インデックス投資家の不思議な点は、こういったアクティブ投資家の利益の
> おかげでネット証券が存続し自分達の投資が継続できるのに、アクティブ投資家
> を馬鹿にしてることです。

ただ単に、アクティブ投資家であるからといって、馬鹿にはしていないと思いますよ。
アクティブ投資家さんは、インデックス投資家に馬鹿にされている!!、と思っているんで
しょうかね?

ただ、以前のエントリー(インデックス投資家としては、アクティブ運用投資家は大歓迎です)
のコメントで
http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/blog-entry-284.html#comment700

> 「また運、不運の話ですが確かに個々の売買の結果はほとんどが運に左右されている
> と言えますしかしそれは一つ一つの売買を見た場合だけだと思います。数多くの売買
> の結果というものはほとんど運の影響を受けないというのが私の持論です」

というのを読んだりすると、正直、"こいつ... バカ?" と思ってしまいましたが。
だからと言って、アクティブ投資家=バカ、というように思っているわけではありません。
この場合、バカな奴がいるな、それがたまたまアクティブ投資家だった、というくらい
ですかね。


一般的に、インデックス投資家が意識(重視)しているのは、コストだけです。
"だれのおかげで、ネット証券が存続し、その結果、コストが安くなるのか"
なんて全く考慮していないと思いますよ。もし、ネット証券と窓口販売で、
窓口販売の方が、コストが低ければ窓口販売を利用する、それだけです。

ゆうまりのさん wrote:
> 日本人の考え方のレベルが低いと思うのであればインデックスブロガーも、
> もっと投資教育に力を入れればよいのです。

思うのは自由であって、意見の表明も自由ですよね?
だからといって、投資教育しなければならない、ということにはならないと思いますが?

私としては、ブログで自分の考えを表明している時点で、十分に投資教育に貢献してると
思います。

悪い点もありますが、ネットの良い点の一つとしては、いろいろな人の考え方を知る事が
できて、それを読んで、共感、反対、納得、あきれる、感心する、などなどしつつ、自分
の意見を進化させることができる点だと思います。なので、

ゆうまりのさん wrote:
> ブログを持つこと自体おかしい

には、私は、賛同できません。

ゆうまりのさん wrote:
> ただそのときに窓口で買うのはやめネットで買いましょうでは、そんなことだれでも知って
> るよと言われるだけです。

実は....

インデックス投資家って、それしか言う事がないんですよ(笑い)
【2007/10/06 09:16】 URL | ひろん #- [ 編集]

大した問題でもないと思います。
>ゆうまりのさん
こんばんは。大和証券とイートレード証券に口座を持って、個別株もアクティブファンドもインデックスも持っている、どっち付かずの個人凍死家(投資家ではありません)です。
証券会社は、既存証券であろうが、ネット証券だろうが、自分にとっていい商品を売っているのであればそこから買うという主義です。

>アクティブ投資家大歓迎とか謳っていながらインデックス投資家が増えることを心の底では望んでいるという自己矛盾があります。ブログを持つこと自体おかしいともいえます。

市場のベンチマーク(インデックス)があるから、それを越えるアルファー戦略(アクティブ)があります。それでベンチマークでいいという投資家と、アルファーを求めたいアクティブ投資家がいることのどこに矛盾があるのでしょうか?私はアクティブもインデックスもどちらも保有しています。
私はどちらの投資家もいるから、マーケットが成り立っていると思います。

しかし理解不能なのは、それでブログを持つことへの否定になるというご意見です。
私はこのブログはROM(読むだけ)ばかりでレスしていない人間ですが、このブログで、自分の貯金や投資に対してのスタンスを考えさせられました。ここ一ヶ月かけて全部読ませていただき、考え方が同じ点や違う点、それを自分にとってどういう事かを深く考えるいいきっかけをいただきました。
アクティブとインデックスが矛盾するものでは無い以上、ブログの存在を否定するのは、いかがなものと思います。
【2007/10/10 22:56】 URL | とり #JalddpaA [ 編集]


>>CHAROさん


>我々としては、その良いとこだけを利用させてもらえば
>いいのだと割り切るしかないのでしょうし、
>それを見極めるだけの判断力も養っていかなければ
>ならないということなのでしょうね。


この点、まさにおっしゃるとおりだと思います。
私が見たところ、ネット証券をうまく使っている投資家と、ネット証券の戦略にはまってしまい、結果としてネット証券にお金を貢いでいる投資家(というのは言い過ぎかもしれませんが・・・)とがきれいに分かれているように思います。


>>弥太郎さん

確かにそう思います。投資なのですから、リスクこそが重要だと思うのですが、そういう説明にはほとんど力を入れていないように思えます。直販投信については、今後またあらためて書きたいと思っているので、ここではこれ以上のことはあえて書かないことにします。


>>ゆうまりのさん

>インデックスファンドやETFだけではやっていけないからです

この点は、非常に強く同意します。インデックスファンドを取り扱っているネット証券であっても、デイトレード向けの手数料体系を導入しているわけですし、理想論だけでは飯を食っていけないことの証明のような気もしますね・・・。



>>カミナリさん

>日本に長期投資家が根付かないのは、短期売買の
>普及啓蒙活動をしているネット証券でしょう。

私もそう思います。結局やっていることは、ネット証券も旧来型証券会社のやってきた回転売買の手法となんら変わりがないという気がします。


>利用者が何を選択するか」
>が全てじゃないですか?

おっしゃるとおりです。
我々投資家側は、そのための選択眼を身につける必要があるということになりますね。


>>ひろんさん および ゆうまりのさん

インデックス投資家がアクティブ投資家を馬鹿にしているかどうかというのは、まあ人によりけりでしょう。
インデックス投資家の場合、自らの投資のやり方に対して、「最も合理的な投資」と自負している部分が少なからずあると思うので、そういうところが態度に出てしまって、読む人によっては、アクティブ投資家を馬鹿にしていると捉える向きもあるかもしれません。

それと関係するのかどうかはわかりませんが、インデックス投資家ブロガーさんによっては、非常に独善的な態度になってしまう傾向にあることもまた事実だという気もします。「インデックス投資にあらねば賢明な投資にあらず」「インデックス投資以外の投資手法は間違っている」という風に・・・。

まあ、そういったことも含めて、いろんな人の意見が見聞きできるのがブログの最大の特徴でもあるわけですから、個人がどんな意見や考えを表明しようが、別にかまわないとは思います。個人の持てる最大のメディアがブログだと言えますから・・・(^^)



>>とりさん

>私はどちらの投資家もいるから、マーケットが
>成り立っていると思います。

この点は強く同意します。
私自身も、アクティブファンド、インデックスファンドの両方を保有していますし(^^)

>ブログの存在を否定するのは、いかがなものと思います。

まあ、そうですね。
ブログというのは、先ほども書いたように、個人にとっての最大のメディアなので、ブログを持つこと自体を否定することはないと思います。


余談ですが、「『ブログを持つことを否定する』という意見を持つ」こともまた一つの意見・考え方であるとも言えるかもしれませんね・・・(^_^;)
【2007/10/11 22:02】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


 私はブログの存在は否定していません。誤解されるような表現で失礼いたしました。私が言いたいのはインデックス投資家のブログは、あまりにも多すぎるアクティブ投資家を、少しでもインデックス派にくら替えさせたいという意思が見え見栄のサイトが多いので、こう述べた次第です。アクティブ投資家がいてこそインデックス投資戦略が成り立つのに、アクティブ投資家を減らすようなブログ活動は矛盾してるのではないですか?と言いたかっただけです。ブログの存在を否定していたら、masaさんのブログやその他のブログを読むことはないし、こうしてコメントをつけることもありません。
【2007/10/13 20:09】 URL | ゆうまりの #- [ 編集]

インデックス投資家の複雑な心境・・・
>>ゆうまりのさん

>アクティブ投資家がいてこそインデックス投資戦略が
>成り立つのに、アクティブ投資家を減らすようなブログ活動は
>矛盾してるのではないですか?と言いたかっただけです。


なるほど。確かにそれは言えますね。極端な話、全ての人がインデックス投資をするようになれば、インデックス投資の優位性は失われてしまうでしょう。
それでもなお、インデックス投資家がアクティブ投資家を減らしたい理由はあるのではないかと思います。その理由とは・・・


インデックス投資があまりにマイナー過ぎると、そもそもインデックスファンドが販売されなくなってしまう恐れがある(投資家のニーズがないものとみなされてしまうため)


というものです。
インデックス投資家にとってはインデックス投資があまりにメジャー過ぎても困るが、マイナー過ぎても困る、というやや複雑な心境なのだと思います。それがブログの姿勢にも現れているのではないでしょうか?

【2007/10/14 16:50】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


> インデックス投資があまりにマイナー過ぎると、そもそもインデックスファンドが販売されなく
> なってしまう恐れがある(投資家のニーズがないものとみなされてしまうため)

日本ではマイナーかもしれませんが、欧米の機関投資家(年金関連だったと思う)が、かなり
の額をインデックスファンドに投資していると、どこかで読んだことがあります。なので、
インデックスファンドが販売されなくなる恐れは、殆どないと思います。

アクティブ投資、インデックス投資に限らず、"株式投資による運用" そのものが、日本では、
"マイナー扱い" です。ですが、預貯金だけでは、埒があかない時代が続きそうなので、好む
と好まざるに関わらず、"運用" を真剣に考えないと、大きな差がでる時代になるのではない
でしょうか。
【2007/10/15 10:27】 URL | ひろん #- [ 編集]


コメントが大変遅くなってしまいました m(_ _)m


>>ひろんさん

なるほど。確かに、指摘の点はその通りです。

ただ、ちょっとだけ補足説明をさせていただきます。
私がイメージしていたのは、以前にブログ「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」の水瀬さんが書いておられたような事態が今後も起きるのではないかということだったのです。


「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」 外国株式インデックスファンド放浪記(まとめ)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-232.html


インデックス投資があまりにマイナーすぎると、今後もこんなことは起こりえますし、また、海外では売られているが日本では売られていないファンドもたくさんあるはずで、そうしたファンドが今後も日本では販売されないままになってしまう恐れがあるのではないかと思っているのです。


【2007/10/21 09:27】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/284-5f5e4c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。