プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分散投資否定派の共通点
前に、「分散投資か集中投資かというのは投資における永遠のテーマ」だと書きましたが、世の中の投資本をいろいろと見ていると、分散投資否定派も決して少なくありません。で、ふと気付いたことがあります。分散投資否定派には一つの共通点があるということ。
それは何かというと、



分散投資を否定して集中投資を勧めている人は、現代ポートフォリオ理論を完璧なまでに無視している



という点です。

分散投資否定派の皆様方は、現代ポートフォリオ理論に対して明確な反論をしているのかと思いきや、決してそういうことではなくて、どうも感情論・経験則的(?)に分散投資を否定し、集中投資を推奨しているように、私には思えました。


もしかしたら、集中投資派の方々は、そもそも現代ポートフォリオ理論を全く知らないのではないか?と思ってしまうのです。


私としては、「まさかいくらなんでも現代ポートフォリオ理論を知らないなんてことはないだろう」と考えたいのですが、もしかしたら本当に知らないのかもしれません。


集中投資推奨派の意見は「分散投資は儲からない。だから集中投資すべき」「分散投資は相当な投資資金を持つ金持ちでなければできない。だから資金の少ない人は集中投資しないとダメだ」といったものが大半です。この発想が私にはよくわかりません。投資というものはリスクを抑えるのが一番重要であって、リターンなど二の次だと思うのですが、こうした集中投資派の考え方では、リターンだけを考えていて、リスクを全く考慮していません。それに、金持ちでないと分散投資できないっていうのは一体どういう理屈なんでしょう?世の中には、1万円から買えるインデックスファンドがたくさんあるのに、それを知らないの?と思ってしまうのです。


まあ、投資に対する考え方は様々ですし、集中投資派の意見も一見もっともらしく見えるのですが、よく考えてみればどう考えても合理的な投資方法ではありません。資金の少ない人が集中投資をすれば、単なる博打になってしまうのに、どうしてそれがわからないんだろう?といつも疑問に思うのです。


私が思うに、少なくとも投資の初心者にとっては、集中投資推奨派の意見は百害あって一利なしではないかと思います。




※現代ポートフォリオ理論について知らない方は、こちらのリンク先を参照してください。多少なりとも参考になると思います。
All About Money 現代ポートフォリオ理論を実践する方法

「現代ポートフォリオ理論」のGoogleでの検索結果


--------------------------------------------

お知らせです。
都合により、ブログの更新を1週間ちょっとの間お休みします。次回更新は来週の末頃の予定です。
付けていただいたコメントについてのレスも少し遅れますのでご了承下さい。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

はじめまして。楽しく読ませていただいています。
分散投資否定派の人の一部は現代ポートフォリオ理論を否定すると言うよりも、
現代ポートフォリオ理論の結果を良しとしないのでしょうね。

たとえば毎月5万円(年60万円)を20年間5%で運用できた場合(かなり立派な成績だと思います)、結果は約2000万円の資産ができるわけですが、これをたった2000万円ぽっちと思ってしまうと、現代ポートフォリオ理論を否定せざるを得なくなるのではないでしょうか?
普通のサラリーマンが積み立てられる金額は、おそらく上記の毎月5万、20年というのと大差ないと思われます。老後資金が2000万で不足すると思って博打に走るのが現代ポートフォリオ理論否定派ではないでしょうか?
本当は博打に走るより、必要金額を少なくする(贅沢しない)とか収入を増やす(共働きする)等の方が必要なのですが、人間は見たくないものは見ないようになっているのですね。
【2007/10/18 10:32】 URL | ZORO #mQop/nM. [ 編集]


はじめまして。楽しく拝見させていただいております。
本件ですがまさに

>投資というものはリスクを抑えるのが一番重要であって、リターンなど二の次だと思うの>ですが、こうした集中投資派の考え方では、リターンだけを考えていて、リスクを全く考>慮していません。

この部分をどう判断するかではないでしょうか。masaさんの中で重要視されているのは
リスク>リターンであり、一方集中投資を推奨されている方(≠分散投資を否定されている方)はリターン>リスクを念頭に置いておられます。

投資信託にもリスク>リターンの商品、リターン>リスクの商品があります。ポートフォリオも投資信託の商品のように様々なパターンがあってもいいのではないでしょうか。

もちろん分散投資の否定をされる方はお門違いだとは思いますが。
【2007/10/19 22:05】 URL | すてご #- [ 編集]


集中投資の代表格といえば、ウォーレン・バフェットですが、集中投資は投資対象を精査して自信がもてたときに行うものであって、博打とは全くことなります。
分散投資が敗者のゲームなら集中投資はプロの勝者のゲームといえるでしょう。
本格的に集中投資は、敗者のゲームが抜け出すことのできるプロの方がされるものであって初心者は敗者のゲームを分散投資で乗り切るべきとは思います。
かといって、分散投資で、日本株・日本の債券を中心に据えたりするのは、愚者の知恵というよりも、愚者そのものになりかねませんけどね。
【2007/10/21 10:59】 URL | ぬりかべ #- [ 編集]


>> ZOROさん


>分散投資否定派の人の一部は現代ポートフォリオ理論を
>否定すると言うよりも、現代ポートフォリオ理論の結果を
>良しとしないのでしょうね。

確かにそうかもしれませんね。
見たくない現実よりも、集中投資で短期で大儲け・・・という夢を見たいのでしょうか。

ただ、私には、意図的に現代ポートフォリオ理論を無視しているようには見えない文献も決して少なくないと思うのです。
(つまり、無視しているのではなく、最初から知らないとしか思えないということです)
もしかしたら、現代ポートフォリオ理論自体が極めてマイナーな存在なのかもしれません。


>>すてごさん

確かにそれも一つの理屈ではあります。自分が何をしているかをちゃんと理解している限りにおいては、集中投資も悪くはないでしょう。

今回、記事の中で「少なくとも投資の初心者にとっては、集中投資推奨派の意見は百害あって一利なしではないか」と書きましたが、「初心者にとっては」という部分を今回は特に強調したいと思います。逆に言えば、相当な投資経験があり、リスクのなんたるかをわかっているというならば、集中投資もまた選択肢の一つになるのかもしれません。

いずれにしても、投資初心者がいきなり集中投資をするのは危険が大きいと思います。集中投資をするにしても、まずは分散投資である程度の投資経験を積んだ後の方がいいのではないか、と思うのです。


>>ぬりかべさん


>集中投資の代表格といえば、ウォーレン・バフェットですが、
>集中投資は投資対象を精査して自信がもてたときに
>行うものであって、博打とは全くことなります。

おっしゃることはもっともなことだと思います。
ただ、集中投資推奨派の方々の中には、明らかに問題があるというか、そうしたことが全くわかっていない人も少なからずいるのも事実だと思うので、今回はこういう記事の書き方になりました。
すてごさんへのコメントにも書いたことですが、「投資初心者がいきなり集中投資を行うのは危険である」というニュアンスで記事を書いたのであって、必ずしも集中投資を否定しようとは私も思いません。

投資資金・投資経験ともに豊富で、リスク許容度が高いか、あるいはリスク管理をしっかりする自信があるというのならば、集中投資をするのも悪くはないと思います。
ただ、私自身は、集中投資におけるリスク管理を行う自信が全くないので、集中投資をしようとは決して思いませんが・・・。

【2007/10/23 21:00】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/287-70aaf1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バニラコーク4号(2007/10/22)

masaさんのブログの「分散投資否定派の共通点」を読みました。この記事を読んだ真っ先に頭に浮かんだのはウォーレン・バフェットです。バフェットは最近でこそ「初心者には」または「多くの投資家にとって」インデックスファンドに投資する事が効果的であるような発言をして バニラコークの投資日記【2007/10/23 21:34】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。