プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回り(2007年10月27日現在)
2007年10月27日現在の運用利回りを公開します。

-------------------------
運用利回り(2007年 月 日現在)

*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 +29.8%  年間収益率 +11.2%
*インデックスファンドTSP 投資収益率 -4.5%  年間収益率 -5.1%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 +23.8%  年間収益率 +16.2%
*さわかみファンド  投資収益率 +18.1%  年間収益率 +9.0%
*HSBCチャイナオープン  投資収益率 +255.4%  年間収益率 +46.0%
*HSBCインドオープン  投資収益率 +84.4%  年間収益率 +47.6%
*日本プライムリアルティ 投資収益率 +74.3%  年間収益率 +19.7%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 +15.2%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 +32.7%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

-------------------------

商品説明(一部のみ)

TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)・・・TOPIX連動型ETF

インデックスファンドTSP・・・TOPIX連動型インデックスファンド

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド・・・米国バンガード社の4種類のインデックスファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ。日本以外の世界主要各国の株式に投資する。為替リスクあり。

日本プライムリアルティ(証券コード8955)・・・J-REIT

純金積み立て・・・田中貴金属工業にて純金積み立て。

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。

-------------------------

先日、J-REITの東京グロースリート投資法人を売却したので、ポートフォリオからは消えています。
前回書いたように、東京グロースリート投資法人の売却代金相当額をもって、トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドを購入しています。例のサブプライムローン問題で、下落する最中での購入でしたが、お買い得だったのかどうかは今後を待つしかありません。
インデックスファンドTSPは元本割れ。他は全てプラスです。一部の元本割れを考慮しても全体としては全く文句なしの状況です。

ただ、米国のサブプライムローン問題の影響が今後どうなっていくのか、予断を許さない状況だと考えています。長期に渡る下落も覚悟しなければならないかもしれません。もっとも、今回のサブプライムローン問題にしても、数十年という長期に渡る運用の中では、ほんの些細な出来事に過ぎないだろうと思っていますが。

運用利回り全体を見て、やはり目につくのはHSBCチャイナオープン、HSBCインドオープンの高い運用利回りです。これらについては、極めて慎重に、少しずつ追加投資をしていこうと思います。目先の高リターンにつられて、こうしたファンドに集中投資するつもりは全くないということはいうまでもありません。新興市場は、あくまでもポートフォリオ全体の一部にとどめなければならず、ポートフォリオの中心になることなどあり得ません。

今後も、当面の間はトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドをポートフォリオの中心に据えていこうと思っています。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

はじめまして。
資産運用(投資信託)について勉強中です。
こちらのブログを3日間かけて、初めから全部読みました。
大学生時代に、「私の財産告白」 本多静六 著 (実業之日本社)という本を読みました。
masaさんの主張が、この本の内容に酷似していることに驚きました。
【2007/11/01 16:36】 URL | taki739 #- [ 編集]


>>taki739さん

初めまして。

私のブログに限らず、資産形成論というものは、基本的に誰が書いても同じようなものになるだろうとは思います。


「私の財産告白」は私は読んでいないのですが(読みたいとは以前から考えているのですが・・・)、本多静六氏とその財産哲学については、渡部昇一氏の「財運はこうしてつかめ」に詳しく書いてあったので、それを読んで知りました。
本多静六氏の財産哲学は、まさに資産形成の王道でしょう。本多静六氏の主張が、全く古さを感じさせず、今なお有効なのは驚くべきことだとも言えます。
taki739さんは、大学生時代に本多静六氏の著作を読まれたとのことですが、若いときにこういう本を読むことは、非常に素晴らしいことだと思います。

追伸:
世の中には、資産形成には裏道があると考える人も少なからずおられるのではないかと思いますが、それは単なる幻想に過ぎないでしょうね。基本的なことが最も重要なのは、資産形成に限らず、どんな分野でも同じことでしょう。

【2007/11/04 16:42】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


レスをありがとうございました。

この本はmasaさんのおっしゃるとおり、渡部昇一氏の著書から知りました。
当時はまだ復刻版が出版されていなかったので、区立図書館にお願いして、
国会図書館から取り寄せてもらいました。
外部に持ち出し禁止だったので、1週間の期限の間に毎日図書館へ通って
すべて書き写しました。
その頃は、コピー代が高くて、学生の立場でお小遣いが少なかったからです。

復刻版が出ていることを知り、ひさびさに買って読んでみました。
若い時に写本した内容は、忘れませんね。
すぐに読み終わっちゃいました。(笑)
一連のシリーズで出版されています。
ぜひ読んでごらんになってみてください。
【2007/11/07 20:36】 URL | taki739 #- [ 編集]


>>taki739

本をすべて書き写したとはすごいですね!
それだけ気合いが入っていたのなら、記憶にもよく残っていることでしょう。
非常に評価の高い本のようなので、私も読んでみた方がよさそうですね。
【2007/11/11 16:35】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/289-d57809e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。