プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎月分配型投信における勘違い投資家
今日は、毎月分配型投信の話題です。
私の比較的身近なところにいる60代以上の方々で、毎月分配型投信を買っている人は何人かおられるのですが、中には、大きな勘違いをしている人がいます。

単純な話、「分配金が毎月入ってきているから、その分儲かっている」という勘違いです。
で、そういう勘違いをしている人が近所にいるという話を聞いたので、人づてに「分配金が入ってきているからといって、その分が儲かっているとは限らない。ファンドの基準価額の変動分も計算に入れて、トータルで判断しないと儲かっているかどうかは判断できない」ということを伝えてもらいました。

それでその人は、実際にファンドの基準価額とこれまでに受け取った分配金を元に、トータルでの損益計算をしたようです(恐らく、銀行でしてもらったのではないかと思います。自分で計算するほどの知識はないでしょうから)。
そしてその結果は・・・



案の定というべきか、これまで儲かっていたというのは単なる勘違いで、実際には損をしていたとのことでした。分配金は入ってきていたものの、ファンドの基準価額の値下がり分を考慮すると、完全な損失になっていたのです。




私はこれまで、毎月分配型の欠点として、複利運用できないとか、利益も出ていないのに分配金を出すタコ足配当だとかいうことを問題視してきましたが、投資家の意識としては、それ以前のレベルの問題のようです。実際には損をしているのに、利益が出ていると勘違いしている人は恐らくたくさんいると思われます。


その人は、ファンドの基準価額が変動していると言うことをちゃんと理解できていなかったのでしょう。ファンドの価格が変動することは商品を販売するときに説明を受けているはずですから知らないはずはないのですが、有利な預貯金という感覚で投資をしていたから、そんなことにまで頭が回らなかったのだろうと推測されます。


毎月分配型投信は、分配金が出るたびにはがきで通知が来るようですが、書いてあるのは分配金の金額だけで、基準価額の変動と合算した損益計算とか、運用利回りは一切書いていません。
例えばの話、「今月は○○円分配金が出ました。また、ファンド基準価額は決算日時点で○○円となり、前月と比較して○○円上昇(下落)しました。結果として、お客様の過去の総合損益は、+○○%(マイナス○○%)で、年利換算すると+○○%(マイナス○○%)となります」・・・とかいう風に文章でわかりやすく書いておけば、いくら投資のことを理解していない人でも、儲かっているか損しているかくらいはわかると思うのですが、そういう書き方にはなっていないので、非常にわかりにくいのです。


結果として、「分配金が出ているから、儲かっている」という勘違いを生んでしまっているのでしょう。


今回は、毎月分配型投信を取り上げましたが、儲かっているか損をしているかというのは、Microsoft Moneyのような資産管理ソフトを使っている人はともかく、そうでない人の場合、非常にわかりにくいように思います。資産管理ソフトがないと、いちいち自分で計算しないといけないわけで、基準価額変動と分配金を含めてのトータルでの損益計算はとくに初心者には非常に面倒だという気がします。この点、何とか改善できないものかな?といつも思うのですけど、何とかならないんでしょうか・・・?

この点が改善されないと、こうした勘違い投資家は一向に減らないと思います。もっとも、こうしたファンドの売り手側から見るならば、そうした誤解(本当は損をしているのに、利益が出ているという誤解)をして欲しいからこそ、利益が出ていないのに分配金を出すという、いわゆるタコ足配当をするのではないかという気もしますね。

というよりもむしろ、まさにそれこそがあえてタコ足配当をする唯一の合理的な理由なのかもしれません。売り手側からすれば、「誤解する方が悪い」ということなのでしょうか。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
はいめまして
はじめまして、現在40代前半ですが、2年ほど前に早期リタイアして、今は投資活動の収益だけで生活しています。現在は、毎月分配型の外債投信と不動産現物からのインカムゲインが収入のほとんどです。投資して約2年になりますが毎月分配の基準価格は円安基調もあって今のところ下がっていません。ただ、運用成績は8%(年利)ですが、運用報告書の直利が6%で信託報酬が1.3&なので為替を差し引いた運用益は5%弱ということですね。今まではこれで満足して来ましたが、やはり信託報酬が高いと最近は感じ始めています。代替として今後はFXで複数通過ペアのポートフォリオを組んで、低レバレッジで運用してみようかな考えています。ブログの記事はとても参考になります。私のブログのほうにも遊びに来てください。リタイア後の生活や価値観など気ままに書いています。
【2007/11/03 19:07】 URL | フリーパパ #pZP4El7. [ 編集]


フリーパパさん、はじめまして、もとまちあい(♂)と申します。

すばらしいですね。
現物不動産と、株式&債券の投資信託2本立ての運用。
インデックス投資をしている方は、現物不動産投資物件をもっていらっしゃる方は殆どいません。

店舗不動産に重点を置いた、不動産の購入方法もすばらしいです(理想的です)。
個人では、「ローンを使用して」 店舗不動産を購入することは不可能です。
わたしは当初、現物不動産投資をフリーパパさんのように、店舗物件から始めましたが、すぐに挫折しました。

今後もブログを見させていただきます。
不動産購入時の体験レポートなど期待しています。
いろいろ、勉強させてください。

PS:記事に関係のない書き込みですみませんm(--;)m
【2007/11/04 01:05】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


> 結果として、「分配金が出ているから、儲かっている」という勘違いを生んでしまっているのでしょう。

この点については、違法な投資もの(ファンドなど)と理屈は同じですね。サギ系のものでも当初は分配金を出して出資者を安心させます。そのうち破綻して元本が戻ってきません。

モノとしては全くの別物ですけど、運用側からの基本的な情報の出し方は似ているなあと思いました。
【2007/11/06 12:12】 URL | Gabbiano #qbIq4rIg [ 編集]


>>フリーパパさん

初めまして。
40代前半で早期リタイアとはすごいですね。
ブログは、じっくりと読ませていただきたいと思います。
早期リタイア実践者はかなり少ないと思われますので、非常に興味を持っております。


>>元町愛さん

>PS:記事に関係のない書き込みですみませんm(--;)m

この点は、特に問題ありませんので念のため(^_^;)

フリーパパさんのブログは、まだ一部しか読んでいないのですが、私も元町愛さんと同様、今後の記事を非常に期待しています。



>>Gabbianoさん

本当にその通りですね。
分配金という目の前のお金には、人間は弱いということなのでしょうか。
【2007/11/09 20:56】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/290-b6830d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。