プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて投資をしたときの恐怖心

今日は、私が初めて投資をしたときのことを書いてみたいと思います。
私が初めて投資型商品を買ったのはソニー銀行での外貨建てMMFの米ドルで、そのとき買った金額は、1万2000円くらいのものでした。
今にして思えば、その金額はごく小さなものです。何しろ、現在の投資額は1000万円を超えてしまっているのですから・・・。それでもなお、私はそのお金を投資するのを相当に迷ったのを覚えています。



注文確定の際には、マウスを持つ手が震えていたかもしれません。



私は、投資というものに対してそれほどの抵抗感を持っていたのです。何しろ、長年にわたって堅実に貯めてきたお金です。あぶく銭ではないのですから、ある意味でそれは当然のことだったとも言えます。
堅実に貯めてきたお金だっただけに、「元本割れするかもしれない恐怖」におびえていたのです。たとえわずかな元本割れであっても、耐え難いものがあるのではないか、と考えていたのです。自分のリスク許容度については未知数でしたので、なおさらでした。



そして、注文確定のクリックをしたときにはこう考えました。
「ああ、もうこれで後戻りはできないんだ・・・」と。



今にして思えば非常に大げさな反応だったかもしれません。しかし、それまで貯金一辺倒であった私にとっては、いかに投資の勉強をしてきたとはいえ、その心理的抵抗はすさまじいものがあったのです。

・・・その後、2回目からは最初の時のような抵抗感は少しずつ薄らいできました。しかし、同時に「慣れとは恐ろしいものだ」と感じたものです。例えとしては不適切かもしれませんが、初めて借金をするときには強い抵抗感があるが、2回目からは慣れてしまってなんとも思わなくなるのと同じようなものでしょうか。

「慣れ」というと聞こえはいいのですが、別の視点で見れば「感覚が麻痺してくる」とも表現できるかもしれません。


投資において、「慣れ」や「感覚の麻痺」というのは、見方によっては非常に危険なものだともいえます。積み立て投資を重ね、その結果として非常に大きな投資資金を運用するようになっても、何も感じなくなってしまうからです。


この感覚の麻痺というのは、すなわち「金銭感覚の麻痺」を意味しています。


このことを考えたとき、私は時々自分が恐ろしくなることがあります。すでに1000万円超という巨大なお金を運用していることに対して何の抵抗感も持っていない自分自身に対して・・・。
理想としては、初めて投資をしたあのときの恐怖心を決して忘れないようにしたいとは思っているのですが、残念ながらもはやそれはできそうになさそうです。


結局、慣れとは恐ろしいと思いつつも、より多くの利益を求めて前へ進むしかなさそうです。このことがいいことなのか悪いことなのかはわかりませんが・・・。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

> 初めて投資をしたときの恐怖心

口座を作るために、はじめて証券会社の支店に行ったとき、
ドキドキでした。個別銘柄を幾つか買って、併せて、るい投
の申し込みをしましたが、キンチョーして、しどろもどろ
だったと思います。正直、怖かったです。予め、良質な投資
の本を沢山読んでいて、長期・分散であれば、大丈夫だ、と
頭では理解していたハズなのですが、実際にやってみると、

"株なんて買っちゃったよ。大損したらどうしよー"

という、気持ちの方が先行しました。で、値下がりして、
含み損を抱えると、ブルーになったものです。こういうこと
は、本には書いてないので、実際にやってみて、慣れるしか、
ありませんね。今では、自分の月収以上の変動があっても、
全く気にならなくなりました。ある意味、麻痺してるな(笑)

でもまぁ、いいんじゃないでしょうかね。そういうもんだ、
と思うようになりました。
【2007/12/02 17:26】 URL | ひろん #- [ 編集]


私が、投資信託を始めて購入したのは、東京三菱銀行の窓口でした。
ネット証券は持っていたのですが、なんとか三菱銀行と付き合いたくて
ためしに購入してみました(何の効果もありませんでしたけれど)。

とにかく、記入する書類がたくさんあって、購入するまでが大変でした。

「これと、これと、この書類にサインしてください」(たくさんあんのね)
「このアンケート(チェック方式)に答えてください」(意識調査かな?)
「お客様は、「リスクはあまりとりたくない」にチェックされていますが、
   これでは投資信託はご購入できません」(なんと、これで購入資格が決まるのか!)
「アンケート書き直しますか」(あ、書き直せばOKなんだ。追試みたいだな)
「これが目論見書ですので、目を通してください」(短時間で無理だろぉ)
「あ、読むのは後でいいですよ」(先に言ってよ)
「それでは、商品の説明をします。この商品は元本の保証が・・・」(え、これから購入作業に入るの)

はっきりいって、ドキドキする暇なんてなかったですね。
(担当が、綺麗なおねえさんだったので、ウキウキはしましたが・・・)

ちなみに、後日、
「すみません、印鑑がもれていました。ご自宅にお伺いしてもいいですか?」
と電話がかかってきました。

「金融商品取引法」が施行された現在は、さらに手続きが煩雑なんでしょうね。
投信は、ネットで買うに限ります。

PS:
え、三菱のおねえさんを、自宅に招いたのかって?
いや、こちらから銀行に再度出向きました。
ミッキーマウスの粗品がもらえました。
【2007/12/03 03:23】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]

金銭感覚の麻痺
暴論と思いますが、ある程度の自己資本(ストック)が出来たあと、私は投資に関しては金銭感覚は麻痺すべきだ(気にしないのが楽)と思います。
自分の選んだアセットアロケーションを信じることができなければ投資できないと思いますし。

企業でも個人でも日々の収支(キャッシュフロー)が破綻しなければ(いくら借金しても)存続できます。その中で自己資本比率を増やしていくことが、企業でも個人でも重要ですが、そこまで考えない企業も個人も多いとも思っています。私は住宅ローンも含めて借金嫌いなので(無借金ですが)賃貸住宅生活ですが。。。

自己資本を増やすという決断をしたのであれば、日々のキャッシュフローで余剰金を多くして(節約と増収で)自己資本(ストック)を増やす、そしてそれを投資した後は、忘れてしまえ!というのが、どうも王道のような気がします。
インデックス投資は、いつか上がるだろうという漠然とした神様がいるので根強いと思いますし、私もその信者ですが、ストックがある程度積み重なったら、日々の生活のキャッシュフローとストック(投資)の収支は分けて考えないといけないかな?と思っています。

ひろんさんのおっしゃる通り、自分も月収以上の金額が相場の変動(ボラティリティー)で上下します。またそこが気になる日々もありました。正直に言うと今でも気になります。
そんなものを気にしないで、収入>支出という生活で、自分のお財布にあるお金で生活をして行って、余剰金で投資したら忘れてしまえ!というのが正論と思い始めていいます。

日々の収支(キャッシュフロー)が破綻していないのでば、生活はいつもどおりにできていまますし、ストックも(上下はありますが)長期的に勝手に増えているので、だんだん投資結果については考えなくとも良いと思います。また考えても投資結果が上がるとも思えなくなりました。さらにストックが減っても生活に影響ありませんし。

日々に必要なお金は意外と少ないです。そして、意外と多くなったストック(の評価額の上下)を日々の生活に必要なお金と比べることは無意味なような気がしています。
日々の生活で1000円の出費に悩む自分ですが、リスク性資産の評価額が数十万変化することには悩むことが無くなってきたのは、麻痺かもしれませんが、それでいいような気がしています。
ある程度の資産ができたら、その資産は無い物と考えて、日々節約生活が一番のようなきがします。
とりまとめがありませんが、最近そう思ってきています。
【2007/12/04 22:51】 URL | とりさん #SFo5/nok [ 編集]



>>ひろんさん

やっぱり初めての投資は似たようなものですね。


>今では、自分の月収以上の変動があっても、
>全く気にならなくなりました。

これもまったく同じです(^^)




>>元町愛さん

詳しく書いていただきありがとうございました。
いつもながらユーモラスなコメントですね(^^)
光景が目に浮かんできそうです。
私は窓口販売で投資信託を買ったことはないのですが、さすがに手続きが煩雑なのですねぇ。
これだけ手間暇をかけるのなら、販売手数料が高くなってしまうのもやむなし?




>>とりさん

非常に丁寧で長文のコメント、ありがとうございました。
私自身を含めて、このブログを読んでおられる読者の方々にとっても、非常に参考になる話だと思います。

全体として、強く同意します。

>日々の生活のキャッシュフローとストック(投資)の収支は
>分けて考えないといけないかな?と思っています。

これはまさにその通りだと思います。
私も、同様の感覚を持ちつつあります。


>日々の生活で1000円の出費に悩む自分ですが、
>リスク性資産の評価額が数十万変化することには悩むことが
>無くなってきたのは、麻痺かもしれませんが、
>それでいいような気がしています。

1000円の出費に悩む一方でリスク資産の数十万の変化に対しては悩むことがなくなってきたというのは、よく考えると奇妙な気もするのですが、しかし、これこそが健全な投資家の姿なのかもしれないですね。リスク資産が増減するたびに一喜一憂していたら、神経が持ちそうにないですし(^^)

【2007/12/09 08:22】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/298-27a6be3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。