FC2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スタートラインに立てるかどうか
一般的に世の中というのはお金持ちに有利にできています。

お金持ちはさらに金持ちになるし、貧乏人はさらに貧乏になるようにできているといってもいいでしょう。
「貧乏暇なし」という言葉があります。
「貧乏人ほどよく働く」という言葉も聞いたことがあります。
貧乏な人はその貧乏ゆえに、よりお金を稼ごうと、より多く働こうとする、ということですね。仕事に追われ、時間に追われ、の毎日を送ることになります。
貧乏人の典型的なパターンは以下のようなものでしょう。
本業での稼ぎが少ないから、本業の仕事が終わったら、何かバイトをして稼ぐ。それでも足りないから、また別の仕事を兼業でする。当然体力が続かず、しまいに体を壊して働けなくなってしまいゲームオーバー。

一方、金持ちの生活の典型的パターンはこうなるでしょう。
十分な金額の資産があれば、それを働かせてお金を稼ぐことができます。
たとえば、仮に10億円のお金があればそれを何らかの金融商品で1%の利回りで運用できたとして、毎年1000万円の収入になります(ここでは話の単純化のため税金は考慮していません)。ここで重要なことは、この収入は「不労所得」つまり物理的な労働なしに得られたものであるということです。
また、ここでは1%で計算していますが、現実にはもっと有利な形での運用ができるでしょうから、利益はもっと大きなものになる可能性が高いでしょう。

貧乏人は体を壊すほど働いても貧乏なまま。一方のお金持ちは働かずして大金を稼ぐ。
不公平といえば確かに不公平です。しかし、世の中がそういう風にできている以上、いくらわめいてみても負け犬の遠吠えにしかなりません。

貧乏人が金持ちになるためには、
「スタートラインに立てるかどうか」
で最初の勝負が決まる気がします。
「どうせダメなんだから・・・」と最初からあきらめてしまうか。
あるいは先に書いたように「資産の把握・収支の把握」をスタートし、天引き貯金などで、たとえ、すこしずつでも貯金を増やそうとするか。

つまり、スタートラインに立つ前にあきらめるのか、スタートラインに立とうとする意思があるのかどうか。
そのいずれの道を選ぶかが第一の運命の分かれ道という気がするのです。










この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/3-4aa360ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)