FC2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
安全資金と投資資金の比率
さて、安全資金と投資資金の比率をどうするか。元本保証での安全資金をどのくらい置いておくか。これは案外、非常に難しい問題のような気がします。
この前、私は安全資金として「手取り年収の3年分」置いていると書きましたが、あまりに多すぎるのは自分でもそうだと思うのです。まあ、私の場合は、中小企業勤務ということもあって、収入が世間の平均水準より低いです。よって、多めに確保しているわけですけど。

安全資金と投資資金の比率については、マネー本によっていろいろですよね。
例えば、

*3ヶ月分の生活費+使うことが決まっているお金
*生活費の2年分程度
*100-年齢の比率分(例:30歳なら100引く30で70。よって70%を投資にまわす)

というのが一般的。でも、「3ヶ月分の生活費+使うことが決まっているお金」とか「100-年齢」とかだと、私としては投資にまわす金額としては、ちょっと多すぎる気がするのです。まあ、元来が臆病なたちではあるのですけど。
現実的には、このへんの比率は、

実際に少しずつ計画的に投資していきながら決めていく

という方法が一番いいのでは?と思うのです。
単純に投資金額全体を「あらかじめいくら」と決めてしまってそれを順次投資するいう方法もありなのかもしれませんが、より慎重に事を進めるためには、「小額ずつ計画的に投資していく」方が精神的にも安心感が得られるのでは?と思います。

少なくとも、私の場合は、そういう方法でした。

一度にお金を投資するとそれこそ大金を失ってしまうおそれがありますから。実際に投資というものを少しだけやってみることで、まず「価格が値動きする」ということに慣れていきました。時には高いときに投資してしまって「失敗した!」と思ったこともありましたが、それでも「少しずつ」投資していったので、判断ミスによる失敗によって受ける損失も限定的ではありましたし。

そういう中で少しずつ学習していくことが大切だと思うのです。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/30-87b1a417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)