プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康とお金の共通点
たまにテレビで健康にまつわる番組などを見ていて思うことがあります。それは、健康とお金の問題の共通点について。どういうことかというと・・・



健康にしてもお金にしても、無知だと結果的にひどい目に遭う



ということです。どちらも、早い段階で意識的に適切な対応をとっていれば、将来的に起こるであろう問題のいくつかは回避することができると思うのですが、何も考えずに場当たり的で刹那的な生活態度をとっていると、あとになってとんでもないしっぺ返しをくらうということになってしまいます。

「若いときから健康問題に関心を持って、食生活の改善や運動などに取り組む人」と、同じく「若いときからお金のことに対して問題意識をもって節約・貯金・投資に励む人」とには、なんだか通じるものがあるなあ、と考えてしまうのです。


そして、この健康とお金の問題のさらなる共通点として、「年をとって、実際に問題が発覚したときにはもはや手遅れ」という状態になりやすいことも挙げられると思います。


労働者・投資家のいずれの立場であっても、健康な体こそが最大の資産であることに変わりはありません。お金の問題と同様に、健康問題にもきちんと取り組んでいかないとなあ、と感じる今日この頃です。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

> 「年をとって、実際に問題が発覚したときにはもはや手遅れ」

そうなんですよね。

健康にしても財産形成にしても、日々の努力は、ほんの少しでいいのですが、
それが積み重なると、一朝一夕では埋めようが無い圧倒的な "差" になる
ように思います。
【2007/12/06 21:38】 URL | ひろん #- [ 編集]

こんにちは
はじめまして。
僕もそう思いまして、スポーツジムへ通っております。
無理しなければ結構続きます。たいしたことのないような話ですが、これがコツかなと。
周りを見ていると、無理して激しい運動をしては挫折する人が多く、入れ替わりが激しいように感じます。
栄養に関しては、なるだけバランスよくというところでしょうか・・。

すべてではないですが記事を読ませていただきました。
良書を多く読み、考え、整理してないと書けないような内容だと正直思いました。
これからもよろしくお願いします。
【2007/12/06 23:40】 URL | makoto #LkZag.iM [ 編集]


はじめまして。
一事が万事ですね。
若いうちから健康管理に気を配り、節制できない方は、もしかすると長期に渡る資産運用をするのも難しいのかもしれません。
健康維持と資産運用には「自制心が肝心」という共通点がありますね。
メタボ症候群の予備軍入りしている自分には身に覚えのある相互関係です。
【2007/12/07 00:16】 URL | 上海ドラゴン #l588/3m6 [ 編集]


いつも楽しみに読んでいます
継続は力なり 備えあれば憂いなし ですね
masaさんのブログを読むと非常に考えさせられます。






【2007/12/07 00:40】 URL | ケージ #- [ 編集]


投資に関して、私がもうひとつ思うのは、

みんなと同じことを実行することが、必ずしも最善とは限らない

ということです。

みんなするから、毎年健康診断+人間ドックをする。
みんなするから、ジョギングなどの運動をする。

これは、健康維持の方法として正しいのか?
投資の世界では、

みんな、加入しているから、生命保険に入る。
みんな。購入しているから、マンションをローンで買う。
みんな、買ってるみたいだから、グロソブを買う。
みんな、利用しているみたいだから、銀行の窓口で投信や短期国債を買う。

テレビの宣伝なんかも、つい横並び意識でやらなきゃ(買わなきゃ)駄目なのかな、
と思ってしまいます。
(例:えびちゃん出演の、金融商品。タレント起用の外資の生命保険)

メタボリックシンドローム=ウェスト85cm

コレは正しいのか?自分で考える力をつけるのも大切だと思っています。
(あ、わたし85cmオーバーなので、自己肯定しているんで・・・説得力ないか)
【2007/12/07 04:32】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


 資産運用をしてる人というのは、本能的に健康の重要性をわかっているのではないでしょうか。いくらお金を増やしても不健康では元も子もない。体が不自由な状態で数千万、億といったお金を持っていても悲劇です。もっとはっきり言うと金持ちや資産運用家というのは、健康の重要性を理解してるというよりは、不健康になることの恐怖のほうが大きな原動力になっているような気がします。なぜならばこれだけ苦労して努力して貯めたお金が、全て水の泡になりかねないからです。
【2007/12/07 15:05】 URL | ゆうまりの #- [ 編集]


Blog主様は、まだ親御さんの介護を経験なさっていないと感じます。

実親の介護の負荷は、その時点でのキャッシュフローに比例します。
どうか、実親をつつがなく見送れるよう、資産形成したいものです。

#私は「済んでしまい」ましたが、つつがなく見送れましたので、
 充足しています。

【2007/12/07 22:55】 URL | S #- [ 編集]


>>ひろんさん

そうですね(^^)
「ほんの少しの差」が「圧倒的な差」になるのでしょう。
毎日の、ごくわずかな努力を忘れないようにしたいものです。


>>makotoさん

初めまして。

>無理しなければ結構続きます。
>たいしたことのないような話ですが、
>これがコツかなと。

確かにそれがコツなのだろうと思います。
「無理をしない」ことが長続きする秘訣なのでしょうね。
栄養のバランスなどは、まさに日々の食生活の習慣に全てがかかってきますね。

ちなみに、資産運用でも無理をしないことが一番だと思います。資産運用で無理をする人は、多くの場合悲惨な結末を迎えてしまうケースが多いと思われますし。


>>上海ドラゴンさん

初めまして。

>健康維持と資産運用には「自制心が肝心」
>という共通点がありますね。

これは素晴らしい名言ですね。健康管理と資産運用の共通点の一つと言えそうです。


>>ケージさん

初めまして。

>継続は力なり 備えあれば憂いなし ですね

これは、人生全般に関して当てはまりそうですね(^^)


>>元町愛さん


>みんなと同じことを実行することが、
>必ずしも最善とは限らない

なるほど。これは確かにそうですね。
健康ブームにはまる人と、投資ブームにはまる人。
どちらも似たようなものなのかもしれません。
(もちろん、自分でよく考えた上での結論であれば何の問題もないのですが・・・)


>>ゆうまりのさん

>不健康になることの恐怖のほうが大きな原動力になって
>いるような気がします

確かにそれはいえるのかもしれません。
私の場合は、「貧乏に対する恐怖」が資産形成の原動力になっていますが、まあ似たようなものなのでしょう。極端な貧乏であれば、健康を維持するのも困難でしょうし、病気になっても満足に治療も受けられなくなってしまいます。そもそも、人間らしい生活もできなくなってしまう恐れがありますから。


>>Sさん

指摘の通りで、私はまだ親の介護を経験しておりません。
確かにその点も見据えた上で資産形成を図る必要があるのだろうと思っています。

【2007/12/14 21:55】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/300-7a7fa233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。