プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネックス証券から投資信託「プレミアム・ハイブリッド2007」の案内が来ましたが・・・
先日、マネックス証券から、投資信託「プレミアム・ハイブリッド2007」の案内が葉書で送られてきました。
言うまでもなく、私はこんなものには全く興味はありませんが、葉書を見て思ったことを書いておきます。



宣伝文句は以下の通り。一部抜粋です。

-------------引用開始-------------------------------
機関投資家など一部の投資家にしか投資機会の無かった商品を個人投資家の皆様にも提供したい、そんなマネックスの理念から生まれた新投資信託、『プレミアム・ハイブリッド2007(愛称)』。
-------------引用終了-------------------------------


・・・別にそんなの提供していただく必要はないんですけど・・・(^_^;)
それにしても、この手のファンドって名前だけは立派なんですよね。
ネーミングセンスだけは認めてあげたいところです。


-------------(一部抜粋にて引用)----------

特徴1 有望な「非上場株式ファンド」を厳選組み入れ

特徴2 目指すのは市場に左右されない「絶対リターン」

特徴3 まとまった資金が必要だった商品を50万円から

特徴4 長期投資で大きな果実を目指します

-------------引用終了-----------------------


うたい文句も立派です。しかし、どう考えてもこの手の商品がインデックスファンドよりも優れているとは思えません。説明によると、「ベンチャー・キャピタル、企業価値を高める買収ファンドや再生ファンドなど、有望な『プライベート・エクイティ(非上場株式)ファンド』を厳選のうえ組み入れ」ているらしいです。また、「『非上場株式ファンド』に『ヘッジファンド』を加えたハイブリッド運用」とのこと。言葉だけ読んでると、なんだかすごそうに見えますね。
しかし・・・

「有望な非上場株式」が本当に有望かどうかなんてわかりませんし、リスクも相当高いはず。ヘッジファンドを加えて、絶対リターンを目指すのは結構ですが、そんなに都合良くいくとは思えません(まあ、「目指す」だけなら誰でもできるでしょうけど)。50万円から買えるといっても、個人的には1万円から買える低コストのインデックスファンドの方がよほどありがたいです。

ちなみにこの商品、「換金リスク」としてこうあります。

-------------引用開始-------------------------------
当ファンドは信託期間が15年間であり、当初約5年4ヶ月間は買戻しができません。その後の買戻しは年2回の特定の時期においてのみ可能であり、買戻しのお申し込みから買戻し代金のお支払いまでには約6ヶ月を要します。
-------------引用終了-------------------------------

さらに、買戻し手数料(信託財産留保額)としてこんな説明が。

-------------引用開始-------------------------------
2013年、2014年の買戻しについてのみ、受益証券1口当たり純資産価格の2.5%がファンドより課せられます。
-------------引用終了-------------------------------

どうやら、これは相当長い期間寝かせておけるお金が必要な商品のようです。どう見ても個人投資家向けの商品とは思えないのですけどね・・・。


マネックス証券も、この手の商品をわざわざ葉書で宣伝してくるとは、良くも悪くも「普通の証券会社」になったのだなあ・・・としみじみと思ってしまいます。


・・・にしても、この商品、かなりリスクが高そうな雰囲気です。この案内って、マネックス証券に口座を持っている顧客全員に郵送しているのか、それとも、一定の投資残高を持っている顧客にのみ郵送しているのか・・・?ふと、そんなことを考えてしまいました。


マネックス証券は私にとっては一番メインの証券会社ではあり、投資残高もけっこう多いのですが、だからといってマネックス証券にことさら肩入れするつもりはありません。ただ単に自分にとって便利なサービスや商品を利用するだけのことです。少なくとも、この商品は検討に値するような商品ではないということだけは確かだと思っています。

商品名と運用方針だけは、一見立派に見えるのですが、イマイチ運用方針がわかりにくい商品だなあ、という印象ではあります。なので、評価自体が難しい商品だと思います。

・・・私には各種インデックスファンドと、単純なアクティブファンドの組み合わせだけで十分です。こんなわけのわからない(?)商品は不要です。やっぱりいつもと同じ結論で、「 Simple is best」ということですね。複雑な商品などいりません。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
ファンドオブヘッジファンズ
 記事のファンド、面白い作りですね。興味があり マネックスのHPを見に行ってしまいました。
 構造だけでいえば ごくごく普通のファンドオブヘッジファンズのようです。HFRという会社もその世界ではBIG NAMEですから、たぶんそう出鱈目な運用はしないものと思います。それでリターンがでるかどうかは別問題なんですけどね。
 15年の運用期間で5年のクローズドってのも ヘッジファンドではよくある話で、ベンチャー投資やバイアウト系の戦略を使うなら仕方がないところでしょう。あと、パンフレットを見るとディストレスト戦略にもベットするようですから、こちらもクローズド期間が長くないと成立しない戦略です。
 ただ、どの戦略をとるにしても 非常にハイリスクな投資になりそうです。ディストレスト投資はサブプライム絡みでリターンが稼げる可能性がありますけど、その他の戦略は 既に先発者に食い荒らされている感が否めません。特に、PE系の投資はほぼ終わっているように見えるので、最後のゴミバケツにされないことを祈るばかりです。
 そして マネックスでこういう商品を買う人たちが 長いクローズド期間と非常に高いリスクを受忍できるかどうかも心配です。これまでオルタナティブ投資に手を出したことのない人たちを安易に葉書などで勧誘する姿勢は問題ですね。
【2007/12/27 08:24】 URL | いつかの通りすがり #- [ 編集]


こんにちは、いつも拝見しております。

ワタクシは去年の今頃なんとなく2006の方を買ってみたんですよ。同時期にトヨタアセットバンガードも買い追加投資はしてません。そして、今現在の状況ですが、2006は多少ですが元本割れ、トヨタバンガードはプラスです。
たった1年ではありますが、そんなリターン結果。口座を見るたびに反省できる投信に超進化です。聞くと見るとは大違いというやつかもしれません。

追加投資や換金の容易さから見てもわざわざ選択する必要は無いですねー
【2007/12/27 12:55】 URL | まひわり #- [ 編集]


先の、「アフィリエイト広告の洪水」にもからみますが、
手紙やCMなど、苦労せず自動で入ってくる情報には、役に立つものは殆どないですね。

インターネットでも、本当に有用な情報は、苦労して検索して探さないと見つかりません。
ただ、文字入力エリアにキーワードを入れて、「検索」をクリックするだけで、
「とっかかり」→「運がよければお宝」
が手に入る「Google」は、私にとっては、最強のツールだと感じています。

PS:「Wikipedeia」も、私的にはステキです。
【2007/12/29 01:29】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>>いつかの通りすがりさん

確かに作りは面白いと思いますし、ファンドオブヘッジファンズを個人が買えるというのも、ある意味ではすごいことだとも言えるのかもしれません。

>安易に葉書などで勧誘する姿勢は問題ですね。

私もこの点が気になってはいます。どうも世間では「ヘッジファンド=すごいファンド」というイメージが強いように思いますし、クローズド期間がきわめて長いわけですから、こうしたファンドの特性をきちんと理解しないままに投資してしまう人もけっこうおられるのではないかと思うのです。



>>まひわりさん

購入者としての貴重な意見と感想、ありがとうございました。

>追加投資や換金の容易さから見ても
>わざわざ選択する必要は無いですねー

いわゆるオルタナティブ投資という視点で見るならば、この商品も非常に面白いと言えるのでしょうけど、まさにまひわりさんの指摘事項こそが一番気になるところではあるのです。運用者側からすれば、こうしたやり方の方が都合がいいのでしょうけど、個人投資家という立場からすれば、どうしても躊躇してしまうところです。

こういうファンドは長期で考えるのが基本でしょうし、どのみちすぐには換金できないわけですから、今後の運用状況を見守るしかないのでしょうね・・・。


>>元町愛さん

>苦労せず自動で入ってくる情報には、
>役に立つものは殆どないですね。

これは名言ですね。
まさにその通りだと思います。
何かの商品の評判を調べようとするとき、販売側の情報は、いいことしか書いていませんから、実際の購入者側からのシビアな意見・感想というのは、手間暇をかけて集める必要があります。そうやって調べていくと、うたい文句はすばらしいのに、評価はボロボロ・・・というケースも珍しくありません。

ちなみに、wikipediaは私もよく利用しています。あと、よく見に行くのは、価格.comの口コミ掲示板です。
【2008/01/03 11:23】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/305-2c79e961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。