プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年を迎えて  昨年末時点での運用利回りとアセット・アロケーション
皆さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

年末年始の間に家計簿の決算を行いましたが、昨年は貯金の目標額を大きく下回ってしまいました。投資の方はきわめて順調だったのですが、給与収入から消費支出を差し引いた金額が、昨年の年初に立てた計画通りに行かなかったと言うことです(具体的な数字は非公開なので悪しからず)。

もっとも、元々が相当無理のある貯金目標であったので仕方がないと言えば仕方がありません。

昨年(2007年)は、全体としてやや浪費が目立った年でもありました。かなり支出を絞ったつもりではあったのですが、これまでの過度な節約の反動か、そして総資産額が大きくなってきたことに対する安心感からなのか、全体として消費支出が大幅に増加。要するに予算オーバーになってしまっていたのです。

決算としてまとめてみると、予想以上の支出金額になっていて、驚いてしまいました。

以前は月ごとに厳しいチェックを行っていたのですが、ここ最近は運用利回りにばかり気をとられていて、肝心の家計簿の管理がいい加減になってしまっていて、これは大きな反省点ではあります。


2008年は気を引き締めてかかる必要がありそうです。


できるだけ早い時期に大きな資産を構築したいとの思いが強いので、できるだけ支出を絞り込んでせっせと追加投資に励むことを目標にしたいと思います。あまりぐずぐずしているわけにもいきませんから・・・。


運用の方は好調だったとはいえ、本業からの収入が少ないわけですから、相当な努力が必要であることに変わりはありません。


--------------------------

では次に、運用利回りを公開しておきます。2007年末時点でのデータです。特に書いておくことはないので、数字の公開のみにとどめておきます。


運用利回り(2007年12月31日現在)

*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 +21.6%  年間収益率 +7.8%
*インデックスファンドTSP 投資収益率 -7.3%  年間収益率 -6.9%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 +21.3%  年間収益率 +13.8%
*さわかみファンド  投資収益率 +12.4%  年間収益率 +6.0%
*HSBCチャイナオープン  投資収益率 +192.3%  年間収益率 +38.0%
*HSBCインドオープン  投資収益率 +98.0%  年間収益率 +52.1%
*日本プライムリアルティ 投資収益率 +77.2%  年間収益率 +19.2%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 +13.9%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 +34.4%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 111円81銭、1ユーロ= 164円97銭(ソニー銀行)

-------------------------

商品説明(一部のみ)

TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)・・・TOPIX連動型ETF

インデックスファンドTSP・・・TOPIX連動型インデックスファンド

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド・・・米国バンガード社の4種類のインデックスファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ。日本以外の世界主要各国の株式に投資する。為替リスクあり。

日本プライムリアルティ(証券コード8955)・・・J-REIT

純金積み立て・・・田中貴金属工業にて純金積み立て。

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。

-------------------------

さて、最後にアセット・アロケーション(資産配分)を公開します。
同じく、2007年12月31日現在のデータです。

--------------------------------------------

*ETFおよびインデックスファンド(日本株式) 比率 14%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 比率 26%
*さわかみファンド 比率 4%
*HSBCチャイナオープン 比率 8%
*HSBCインドオープン 比率 9%
*J-REIT 比率 10%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 比率 13%
*外貨建てMMF(ユーロ) 比率 12%
*純金積み立て 比率 4%

(注)
※公開している比率は投資商品のみの合計で100%としており、預貯金など元本保証型の金融商品については除外しています。
※ETFおよびインデックスファンド(日本株式)は、TOPIX連動型上場投資信託(ETF)とインデックスファンドTSPを合計したものです。
※J-REITは日本プライムリアルティのことです。
※外貨建て商品は円換算のものです。
※純金積み立てのみ購入価格。それ以外は全て時価です。

--------------------------------------------


メインファンドのトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの比率が26%。名実ともに、ポートフォリオの中核を担っています。

HSBCチャイナオープンと、HSBCインドオープンの2つを合算すると17%。以前はこの比率に関して今後どうするかを迷っていたのですが、結論としては、現状を維持またはポートフォリオ全体の20%程度まで比率を引き上げてもいいかな?と考えています。
この点はリスク許容度との相談になりますが、昨年のサブプライムローン問題による大暴落の中で、私自身のリスク許容度は結構高いのではないかと考えるようになりました。
それなりに大きな下落にも耐えうるというのなら、比率をもう少し引き上げてもいいかもしれないなあ、と思い始めているところです。まだ決定ではありませんが・・・。

J-REITの日本プライムリアルティに関しては、正直なところ、「保有している意味は果たしてあるのだろうか?」という思いもあるのですが、まあもうしばらくはホールドを続けてみるつもりです。十分なプラス運用になっていますし。
もし仮に日本プライムリアルティを売却するとしたら、その売却代金をトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドに回すことになるでしょう。


当面の目標としては、トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの比率を、30%以上にまで引き上げたいところではあります。


2008年の投資計画に関しては、基本的には従来通りから変更なし。これまでの路線を引き続き継続することにします。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
はじまして
masaさん。はじまして。私は23歳会計事務所に勤務するサラリーマンです。
今日はじましてブログを拝見したのですが、masaさんの金銭哲学と私の金銭哲学が非常に似ているので親近感を覚えています。
私も早期リタイヤを目指してインデックス投資をしている一人として応援しています。これからも参考にさせていただきます。
【2008/01/09 21:59】 URL | KEI #- [ 編集]


今年もよろしくお願いいたします。

しかし、今年わずか12日で、株式市場はなかなかきつい。
あっという間に、含み損120万円オーバー。
(投資経験で、120万超えたのは初めてですぅ)

こんなとき、この方のブログを見て、「かなり」ホッとしてます。
http://www15.plala.or.jp/nenkinhunter/koubouryoku.htm
コメント引用(勝手に(^^;)):「この状況で買い下がれるかっていうと,精神的にキツイ.冬眠するか.」

精神的にキツイとき、同じ境遇の人がいるというのは、ホント心強いです。
【2008/01/12 04:03】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]

HSBCインドオープン  
masaさん。ご無沙汰しております。

HSBCインドオープンで
興味深い情報を入手しましたので、ここに報告いたします。

HSBCインドオープン 年間収益率+46.3%
http://www.hsbc.co.jp/jp/shared/pdf/india_w.pdf
HSBC GIF Indian Equity 年間収益率+77.92%
http://www.hk.morningstar.com/hkg/fund/FundQT.asp?Symbol=F0000000SH&Section=TOTALRETURN

外国為替による影響を受けていると思われます。
それにしても同じFundhouseの日本と香港で30%とも違うとは。
おそらくHSBCチャイナオープンも同様の結果だと思います。

ご参考までに。
【2008/01/13 19:21】 URL | スマイリー #TMk8PTho [ 編集]


>>KEIさん

初めまして。応援ありがとうございます。
お金に関して手堅い人の金銭哲学というのはみな同じところに落ち着くものだと思います。
非常に地味な内容のブログなのですが、今後ともよろしくお願いいたします。


>>元町愛さん

今年もよろしくお願いします m(_ _)m
年明け早々、波乱含みの展開ですね。

含み損120万円オーバーというのは相当きつそうですね(-_-)
大幅な下落時というのは絶好の買い場とはいうものの、無理をしない方がいいでしょう。
どんな場合であっても、自分自身で納得した上での投資活動でなければ、心理的に相当苦しくなるでしょうから・・・。


>>スマイリーさん

本当に久しぶりですね。

今回頂いた情報には私も驚きました。
HSBCインドオープンとHSBC GIF Indian Equityとの差がこれほど激しいとは!
外国為替の影響を受けていると思われるとのことですが、30%もの差が出るものなのでしょうか・・・。

HSBCに限らず、他にも同じような事例は多々あるのかもしれませんね。

【2008/01/18 21:25】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/307-5331f2fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

J-REIT

1月7日の利回り利回り6%以上のJ-REITは全10銘柄です。 年初から株価は大変な事になってますね。今年は激動の年になりそうです。こういう時こ... FXでたった2年5ヶ月で1億3587万円【2008/01/09 06:16】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。