プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がお金や投資について人に話さない理由と本音
私は、以前から何度か書いてきたように、ブログで書く以外には貯金や投資のことについて一切人には話さないようにしています(ごく一部の例外はありますが・・・)。その理由についていろいろと書いてきましたし、これからも書いていくつもりですが、今日は本音の部分についてあえて書いていきます。
私がお金や投資について人に話さない本当の理由。それは・・・



他人が貧乏になろうが破産しようが自分には関係ないから。



この一言に尽きます。私自身の本音としては、自分一人が資産形成できればそれで十分であって、別に投資の啓蒙活動をしようなどという気はさらさらない、ということです。このブログにしても、当初から書いている通り、基本的に「自分自身のマネー哲学をまとめるため」という理由付けで始めたわけで、それ以上でもなければそれ以下でもありません。

結局のところ、人生というものは、自分の面倒は自分でみるしか道はありません。年金制度が破綻してしまう可能性は極めて高いのに、そのことを考えようとしない人だって大勢います。自分の生活費くらいはなんとかなるだろうと思っている人。現実に起こっている事実を見ようとせずに目をつぶっている人。自分だけは大丈夫という何の根拠もない自信を持っている人。

たとえ、いかに自分の身近な人(自分の身内を含めて)であっても、私自身が親身になってアドバイスしたことなどないし、これから先もするつもりはありません。はっきりいって、努力しない結果として、貧しい暮らしに落ちぶれたとしても、たとえ飢え死にするはめになったとしても、それはその人自身の責任であって私の責任ではありません。いわゆる「自業自得」というやつです。



世の中に対する文句を言うのは簡単です。しかし、誰も同情などしてはくれません。あるいは同情はしてくれたとしても、誰も助けてはくれません。自分のために使う10万円は惜しくなくても、他人のために10万円を出してくれるお人好しはそうはいません。結局は自分でなんとかするしかないのです。




「自己責任」というのは投資だけの話ではありません。結局のところは、「人生そのものが自己責任」ということです。








テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

> たとえ、いかに自分の身近な人(自分の身内を含めて)であっても、私自身が親身に
> なってアドバイスしたことなどないし、これから先もするつもりはありません。

私も、手法などについて聞かれたら答えるけれど、自分から積極的に話すことはないですね。

投資の勉強をして実際に自分でも投資をしている人とは、”落ちてるねぇ、買い出動しないの?”
程度の話はしますが、勉強していない人は、興味本位に、”いくら投資してんの?” とか平気で
聞いてきますから、鬱陶しいし、そういうことをペラペラ喋るのは危険ではないかと思います。

【2008/01/20 22:32】 URL | ひろん #- [ 編集]


はじめましてコメントさせていただきます。

> 自分一人が資産形成できればそれで十分であって、別に投資の啓蒙活動をしようなどという気はさらさらない、ということです。

私の場合は『この人だけは幸せになってほしいな』という人にしか資産運用は話ませんね。
話をするにしても『行動』する人はあまりいないのも現状で、たまに会う人も『会社の○○○が駄目で~』とか『簡単に設ける話とか~』って聞いてるとウンザリして話す気も起きません。
そうなるときちんと考えのある人にだけ話すのが一番いいのだと思います。

ちなみに私の経験上、投資の話はベラベラ話すのは危険です。
投資始めのときに『投資してるんだ』と言うと、金のない人間からは『投資している = 金を持っている』と誤認して、さらに『金を貸してくれるのでは?』までたどり着きます。
そうなるとやっかいなことになるので、投資については人を選んで話すのが懸命だと思います。
【2008/01/21 23:10】 URL | にっしー #oRooDVwU [ 編集]


はじめまして。 piisukeといいます。

節約メインのブログを書いていて、最近投資信託を少し買い始めました。
あまり「儲けた!」とか「上がった!下がった!」とかを前面に出してない投資信託のブログを探して、いろいろ訪問しています。

この記事が、なんとなく好きだなぁと思って、ちょっと恥ずかしながらもコメントつけさせてもらいました。 うんうん…って思うワタシの感想を伝えたいっていうよりは、この記事を面白いと思って読んだヒトがいるって足あとを残したいなぁってカンジです。
そして、「せっかく匿名性のあるブログなんだから、本音の記事を書くのもいいかな」って思いましたー。。

とりとめのないコメントでスミマセン、、。 また訪問させてもらいます!
【2008/01/25 13:42】 URL | piisuke #- [ 編集]


>>ひろんさん

私も全く同感です。
投資についてちゃんとした知識を持っていない人に対して投資の話をするのは時間の無駄であり、また同時に自分自身を危険にさらすことにつながることにつながることでしょう。。



>>にっしーさん

初めまして。

自分の持っている不満をきちんとした形で行動に移す人なんて、ほとんどいないですよね。

>『投資している = 金を持っている』
>と誤認して、さらに『金を貸してくれるのでは?』
>までたどり着きます。

これは確かにその通りだと思いますね。
投資に無知な人の認識というのはその程度のものでしょう。
もっとも、これが世間の大多数の人の認識だといいうのが実情なのだろうと思います。
投資の話は、よほど賢明な相手でなければタブーとした方がよさそうです。

こうして、金持ちになる人と、一生貧乏で愚痴をこぼすだけの人との「情報格差」が拡がっていくのかもしれないですね。金持ちになれる素養のある人は、自分と同類の人たちと賢明な投資の話をする。しかしその話題は決して「愚痴をいうだけの心まで貧しい貧乏人」には話さない、という具合に・・・。



>>piisukeさん

初めまして。
とりとめのないコメントであっても歓迎します。

匿名性が高いがゆえの本音記事というのは、まさにブログならではだろうと思い、こうした記事を書きました。


ちなみに、この記事、当初の原稿はもっと過激な内容だったのですが、何度か訂正を加えて今回の記事となりました。そんなわけで、これでもかなりマイルドな内容にしたつもりではあります(^^;)
・・・それでもなお、相当にきつい内容ではありますけど(^_^;)



【2008/01/27 08:45】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/310-147957a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。