プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

様々な投資詐欺事件が起きるたびに思うこと
ニュースを見ていると、様々な投資詐欺事件を目にします。そんなときにいつも疑問に思うのは、「なぜ、わざわざわけのわからない投資話に乗ってしまうのだろう?世の中には、真っ当な金融商品がたくさんあるのに?」ということです。
こうしたニュースを見聞きするたびに、投資の知識を持ち合わせていない人がいかに多いかということをあらためて認識させられます。



投資詐欺というものは、きちんとした投資の知識があれば、引っかからずにすむはずだからです。逆説的ですが、投資詐欺に引っかからないようにするためには投資の知識が必要である、ということになりそうです。



また、「まっとうな投資商品で元本割れになって損をすること」と、「投資詐欺でだまされて損をすること」とは本質的に全く異なると思うのですが、その両者の区別がきちんとついていない人が多いのではないか、ということもよく考えてしまいます(もっとも、「詐欺リスク」も投資にまつわるリスクの一つと言えなくもありませんが・・・)。

投資詐欺のニュースを見聞きするたびに、詐欺に引っかかる人たちをたしなめる言葉として、「この世の中にうまい話はない」という言葉が必ず出てくるのですが、この言葉を口にする人たちの中には、合法的な投資商品を含めて、この言葉を使いたがる人が意外と多いのではないかという気がします。

その言葉の裏には、「投資でお金を殖やすことなどできるわけがない」とか、「投資でお金を儲けようなんていうのはとんでもないことだ」とか、あるいは、投資できるだけのお金を持っている人に対する、嫉妬・妬みの感情が込められているような・・・。私の考えすぎなんでしょうか・・・?


ニュースなどで見ていても、投資詐欺かどうかを見分ける方法などの解説を見たことがありません。いつも、事件の概要が説明された後に、ただ一言だけ、「世の中にうまい話はないのですから気をつけましょう」ということで終わってしまっています。

投資詐欺というものは、利益の源泉・利益を出す仕組みが不明確、異常に高い配当利回り、会社側資産と顧客資産の分別管理の仕組みがきちんとできていないなど、どこかにほころびがあるものです。投資詐欺が起こったときに、ニュースなどでそうした投資詐欺かどうかの見分け方などをきちんと伝えるようにすれば少しはだまされる人も減るのではないかと思うのですけどね・・・。



この記事に対するコメント

「この世の中にうまい話はない」
思いますに、悪い政治家とかはおいしい思いをしているに違いない。うまい話はきっとあるに違いない。
こういう時、真っ当な金融商品は「うまい話」ではないのだと思います。
投資の知識も必要ですが、やっぱりあまりに強欲過ぎるのは良くないことなのだと思います。
ところで、貯蓄動向の調査などで保険が含まれていたりしますが、
masaさんの保険の考え方とか記事にしていただけたらうれしいです。
【2008/01/26 08:59】 URL | ルノア #mQop/nM. [ 編集]


投資は、自分で考え、判断して、自分の責任で行うことが基本中の基本ですが、
日本人全般的に、自分で考えて何事かを行う、ということができてないような
気がします。要するに、"まわりがやっているから、自分も"、というような、
とても判断とは言えないような判断しかしていない。或は、断りきれなかった、
とか。

自分で判断して、結果は自分の責任。不要なときは、No と言う。

投資詐欺の話に戻りますが、被害に遭う人というのは、口コミとか、知り合いに
勧められてはじめちゃった、という人が多いのではないでしょうか。で、少額から
始めたが、最初のうちは、本当に高配当を手にすることが出来、それで信じ込んで
しまい、一気に投入。で、気がついたら、解約できず、大損。

投資をしたことがあるのであれば、一つの金融商品に、一気に投入!なんてしない。
"卵は一つのカゴに盛ってはいけない"、ということも、基本でしょう。

基本ができていない(或は知らない)大人がいかに多いことか。


> その言葉の裏には、「投資でお金を殖やすことなどできるわけがない」とか、
> 「投資でお金を儲けようなんていうのはとんでもないことだ」とか、あるいは、
> 投資できるだけのお金を持っている人に対する、嫉妬・妬みの感情が込められて
> いるような・・・。私の考えすぎなんでしょうか・・・?

そういったこと、あるような気がします。
そういうことも、根底には、"投資に対する無知" があると思います。
【2008/01/26 10:57】 URL | ひろん #- [ 編集]



>>ルノアさん

「悪い政治家」の件ですが、たしかにうまい話はあるかもしれません。しかし、たとえそうだとしても、それが本当にそれほどうまい話なのかという点についてはいささかの疑問点があります。その理由は以下の通り。


理由1:そもそも、他人がわざわざ「うまい話」を持ってきてくれるほどの人物になるのは容易ではない。

人がわざわざ「うまい話」を持ってきてくれるような人というのは、非常に大きな権力・影響力を持った、いわゆる「相当な実力者」「大物」と呼ばれる人のはずです。しかし、それほどの地位に上り詰めるというのは容易なことではないと思います。ライバルとも時には手を組み、仲間を蹴落とし、すさまじい権力闘争に打ち勝っていかなければならないはず。うまい話というのは、その努力に対する報酬なのかもしれません。


理由2:うまい話にも対価は必要である

そもそも、なぜわざわざ人に「うまい話」を持ってくるのかというと、そこには当然のことながら何らかの下心があるはずです。賄賂を渡すかわりに、自分の会社・業界に有利な取りはからいをしてもらいたいとか、そういうことです。政治家が金品だけ受け取って、実際には何もしてくれなければ、うまい話を持って行った側には何の利益にもならず、損をすることになるわけですから。
うまい話に乗る以上は、その対価として、「もらったもの以上の何か」をその見返りとして相手に与える必要があります。そう考えれば、うまい話にも対価は必要である、との見方もできます。
もし、金品の授受が犯罪行為と見なされるのであれば、それは犯罪という非常に大きなリスクをとっていることになります。ばれなければ万事オーケー。万が一ばれれば逮捕あるいは自分の信用失墜。これは相当ハイリスクといわねばなりません。


こうしたことは民間企業同士でも同じであって、1円のコスト削減にもうるさい民間企業が、なぜわざわざ取引先のお偉いさん方をコストをかけてまで接待したり、品物を贈ったりするのかということを考えればよくわかります。相手のご機嫌をとって、自社へ大きな利益をもたらしたいがため。そこには常に報酬とその対価という関係があるはずです。そしてその際には必ず「費用対効果」を意識していることでしょう。



ところで、保険に関する話ですが、これについては書くかもしれないし、書かないかもしれません。というのは、私はあまり保険に詳しくないからです。
保険の見直しなどは過去に行ったことがあるので、もしかしたら、そのことに関連する記事を書くことができるかもしれませんが・・・。




>>ひろんさん


>"投資に対する無知"


結局は、これこそが諸悪の根源なのでしょう。「知識は力なり」と思うのですが、詐欺商品をまっとうな投資だと勘違いしてしまったがために被害に遭うというのは、投資家としての視点で見るならば悲惨としかいいようがありません。

その上悪いことには、投資詐欺の被害者に対してすら、同情する人はほとんどいません。逆に被害者に対して、「欲の皮が突っ張りすぎてるからだ」などと批判する声も決して少なくありません。こうした被害者に対する的外れな批判もまた、「投資に対する無知」からきているのだろうと思います。


【2008/02/02 22:19】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/312-4122ec81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。