プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回り(2008年1月27日現在)
毎度おなじみ、運用利回りの公開です。


-------------------------
運用利回り(2007年1月27日現在)

*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 +11.8%  年間収益率 +4.3%
*インデックスファンドTSP 投資収益率 -20.6%  年間収益率 -18.8%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 +0.2%  年間収益率 +0.1%
*さわかみファンド  投資収益率 -5.2%  年間収益率 -2.6%
*HSBCチャイナオープン  投資収益率 +112.9%  年間収益率 +26.9%
*HSBCインドオープン  投資収益率 +55.1%  年間収益率 +30.8%
*日本プライムリアルティ 投資収益率 +40.3%  年間収益率 +10.9%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 +8.5%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 +27.4%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 106円49銭、1ユーロ= 156円47銭(ソニー銀行)

-------------------------

商品説明(一部のみ)

TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)・・・TOPIX連動型ETF

インデックスファンドTSP・・・TOPIX連動型インデックスファンド

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド・・・米国バンガード社の4種類のインデックスファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ。日本以外の世界主要各国の株式に投資する。為替リスクあり。

日本プライムリアルティ(証券コード8955)・・・J-REIT

純金積み立て・・・田中貴金属工業にて純金積み立て。

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。

-------------------------

見ての通り、運用利回りは大きく低下しています。
元本割れになっているのはインデックスファンドTSPのほか、さわかみファンドの2つ。
メインファンドであるトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドも、もはや元本割れ寸前の状態です。

また、これだけ円高ドル安が進んでくると気になってくるのは外貨建てMMFの米ドルですが、現状でもなお、8.5%のプラスになっています。過去の分配金を再投資してきたことによる効果が出てきていると言えそうです。

HSBCインドオープン、HSBCチャイナオープンともに、基準価額は大きく値下がりしていますが、それでもなお元本割れにはならず、大幅なプラス運用。



全体の結果として、ポートフォリオ全体としては今なおプラス運用となっています。もちろん、含み益は大幅に減少してはいますが。



なお、損益計算を全く行っていない純金積み立ても金価格の上昇で利益が出ているものと思われます。

さて、この大幅な下落の中にあっても、積み立て投資を続行するという方針に変わりはありません。底が見えるまで投資を控える、という方も大勢おられるとは思いますが、どこが底なのかということを事前に知る術はないのですから、これでいいのだと考えています。
重点積み立て投資対象も変更はなく、今や元本割れ寸前のトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドに今後も資金を投下し続けます。



ところで、長期に渡る下げ相場で不安になっておられる方に対しては、やはりなんといっても、かの名著「ウォール街のランダムウォーカー」を読むことをおすすめしたいと思います。






テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

私は、2年前と3年前は、個別株でマイナスでした。
で、そのマイナス分を繰越損失で確定申告していました。
今年、HSBCチャイナオープンを9月ごろに売却して、利益が出たので、分離課税の損益通算をしようと思いました。
ところが、銀行から「特定口座年間取引報告書」がとどきません(新生銀行で購入うしていました。)
で、電話で聞くと、銀行の投資信託は「解約=配当」扱いになるので、分離課税の譲渡損失での通算は出来ませんとの回答。
こりゃチト、ショック。

教訓:投資信託は銀行で買っちゃ駄目

税制どうにかしろよ、金融庁、ってな感じです。
【2008/01/30 03:46】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>>元町愛さん

それは初耳です(私は税金にはあまり詳しくないので・・・。これでは投資家失格と言われそうですが・・・)。

これは思わぬ落とし穴ですね

税制はもっとシンプルでわかりやすくすべきですね。一貫性のない税制は混乱を招くばかりだと思います。
【2008/02/09 16:40】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


確か、管理人さんも、昨年J-REITを損切りされていましたね。
確定申告で、3年間の繰越損失を計上すると良いとは思いますが、
後日(3年の間に)、節税のため売却益を出す場合、損益通算できない可能性がありますので、
売却方法は、必ず「解約」ではなく「買取」を指定する必要があります。
私は、こんなの全然知りませんでした。

「買取」なんて作業したことありませんので、「解約」に比べて手数料とか売却基準価格にどんな不利な点があるのかも分かりません。

ただ、インデックス投資家が利益確定することなんてあるのかが、最大の疑問なのですが(^^;)。
【2008/02/11 05:05】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>>元町愛さん

なるほど。
「解約」ではなく「買取」ですか。

税金については勉強しようと長年思いつつも、ちっともできていないので、その手の情報は非常に助かります。
一度詳しく調べてみる必要がありそうですね・・・。


>ただ、インデックス投資家が利益確定することなんて
>あるのかが、最大の疑問なのですが(^^;)

確かに(^^)
運用方針が変更になった場合か、実際に投資収益を現金化する必要が生じた場合以外には利益確定はしないんじゃないかと・・・(-_-;)

【2008/02/15 21:28】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/313-f724fc7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。