プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわかみファンドに対する率直な感想
私はさわかみファンドを保有していて、今も定期積立を行っているわけですが、今日は、そのさわかみファンドに関して思っていることを書いてみたいと思います。なんといっても最大の問題は、「さかわみファンドへの投資を続行すべきかどうか」という点。

正直に書いてしまうと、あえてさわかみファンドに投資すべき理由はあまりないというのが本音ではあります。その理由は、「さわかみファンドはもはやインデックスに近い値動きになっている」という点。見方を変えれば、「高コストのインデックスファンド」ということもできるからです。とはいえ、下記サイトを見ると・・・


さわかみファンド 【投信:71311998】とTOPIX連動型上場投資信託 【東証:1306】の比較(Yahoo!ファイナンス)


このグラフを見る限りでは、ここ最近(注・・・記事を書いている2008年2月9日現在の話です)は、若干さわかみファンドの方が上のように見えます。ただ、今後さらにさわかみファンドの規模が大きくなってきたときに果たしてどうなるのか。やはり、インデックスに勝つのはどんどん難しくなってくるのではないかという気はします。そもそも、最初に書いたように、両者の値動きは極めて近いわけですし。

また、Wikipediaでさわかみファンドの項目を見てみました。

さわかみ投信(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

今回の記事を書いている時点でのWikipediaには、こんな記述があります。


-------------引用開始-------------------------------

なお毎月積み立てを行った場合のパフォーマンスはTOPIXとあまり変わらない(図表)。 ファンド創設時の後継者であった岡大(おかまもる)氏をいつの間にか追放し、投資経験が少なくフリーターだった息子の澤上龍氏に運用を任せるなど最近の澤上氏の姿勢に批判的な意見も多い。また澤上氏自身の経歴にも不明瞭な点が指摘されている。

-------------引用終了-------------------------------


こうした点も考慮すると、最初に書いたように、あえてさわかみファンドに投資する理由が見つからない、という結論になります。私もいまのところは積み立て投資を続行してはいるものの、今後の状況によっては解約してインデックスファンドやETFに乗り換えることも検討すべきだと思っています。


ちなみに私は本やネットなどで、澤上氏の書いた文章をいろいろと読んできましたが、その内容にも非常に大きな疑問を持っています。しかしながら、それについては今回は書かないことにします。

最後に一言。
私としては、自分自身が積み立て投資をしているからといって、ことさらさわかみファンドに肩入れするつもりは全くないので、どうしても厳しい意見になってしまっています。その点を考慮の上で今回の記事を読んでいただければ幸いです。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

澤上氏に関しては、良い話や悪いような話というか噂がいろいろ耳に入ってきます。

私見ですが、長期投資の概念を日本社会に提示したことは良いことであると思います。
ただ、僕の場合は、統計、論理、戦略等が投資では重要と考えていますが、彼の様々な文を見ると、それらを重視しているのかなと少し疑問を感ずるところがあります。
【2008/02/09 21:35】 URL | makoto #LkZag.iM [ 編集]


>後日あらためて記事にしたい



ありがとうございます^^
http://quote.yahoo.co.jp/q?d=c&c=1306.t&k=c3&t=1y&s=71311998&l=on&a=&p=&z=l&q=l&x=on&y=on&w=on&v=on
これを見ると外貨(ドル)が一番安定してますね。。

私は日経225が一番多いので、これだけ連動していると信託報酬の高いアクティブはどうかとも思います^^;
金持ち父さんのように、集金マシーンになってたりして↓
http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/070912_person4.html

まあ日本株がどこまで下がるかわかりませんが、上がってきたら考えてみますか(笑)

【2008/02/09 21:49】 URL | 投信戦略の発想法 #- [ 編集]

世襲制について
はじめまして

大きくはない金額ですが、私もさわかみファンドで定期積み立てをしています。
さわかみファンドの世襲については、私も以前から疑問を感じていました。
でも、さわかみ氏の投資哲学への共感から、今でも続けています。
息子さんは投資銀行での経験を積んだ上で運用を任されていると思っていたのですが、投資経験の少ないフリーターだったの行は少なからずショックを受けました。
フリーターだからどうのと言うつもりはないのですが、1%もの信託報酬に見合うパフォーマンスを出せているのかについては、厳しく見なければならないと考えています。
その点で最近のさわかみファンドには疑問符がつきますね。
また、ヴィレッジ構想と言うのもよくわからない。

また、気になる情報がありましたら、ご紹介ください。
【2008/02/10 00:47】 URL | さわかみ加入者 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/10 07:55】 | # [ 編集]


>息子さんは投資銀行での経験を積んだ上で運用を任されていると思っていたのですが、
>投資経験の少ないフリーターだったの行は少なからずショックを受けました。


私も、同様にショックを受けました。
(わたしは、さわかみファンドには投資していません。)
(口座開設が面倒だったので・・・(^^;))

逆に言うと、
「サルにファンドマネージャーを任せても、結果は同じ」
という理論を、実践しているのかもしれません。

来年の今頃、またレポートしてもらいたいです。
【2008/02/11 01:47】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


私はさわかみファンドに投資するか迷いましたが、結局は投資対象から外しました。
理由は1つ、

『長期投資での10年20年の投資した場合、澤上篤人氏が引退は確実だろうし、息子が父親と同じ考えでやるのか、それとも違う路線でいくのか分からない』

これにつきると思います。
今ではインデックスやETFの方が最終的に利益は大きいのでは?と考えており、さわかみファンドには投資しないという結論です。
さわかみファンドにはいろんな意見があると思いますが、他の方の意見よりも自分で調べて納得のいくまで考えたほうがいいと思いますよ。

【2008/02/11 13:30】 URL | にっしー #oRooDVwU [ 編集]


>>makotoさん


>澤上氏に関しては、良い話や悪いような話というか
>噂がいろいろ耳に入ってきます。

この点に関して具体的なことは私はよく知らないのですが、問題なのはそれが真実かどうかということですね。
しかし・・・「火のない所に煙は立たない」という言葉もありますし・・・。


>長期投資の概念を日本社会に提示したことは
>良いことであると思います。

なるほど。確かにその点は澤上氏の大きな功績だと言えそうですね。
投資=短期売買というイメージを覆したと言えますから。


>統計、論理、戦略等が投資では重要と考えていますが、
>彼の様々な文を見ると、それらを重視しているのかなと
>少し疑問を感ずるところがあります。


私もさわかみファンドの投資戦略に関しては非常に大きな疑問を持っています。

さわかみ投信のサイトを見ると、「チームのサポーターの様な気持ちで応援したい」などという記述がありますが(下記リンクを参照)、もし本気でこんな投資方針を持っているのであれば、相当問題ではないでしょうか。
スポーツの応援と、投資とは違います。もし本当にチームのサポーターのような気持ちで投資しているのだとしたら、お金を出している投資家としてはたまったものではありません。

澤上氏は、人の心の琴線に触れるような文章を書くのが得意なようですが、実質的な投資手法はいわゆるバリュー投資(割安株投資)だと私は理解しています。もし、さわかみファンドの実態が「単なるバリュー投資」であるならば、建前と本音には大きなズレがあるといえるのかもしれません・・・。

参考URL:

さわかみ投信 応援したい会社とは?
http://www.sawakami.co.jp/html/sf_00012.html




>>投信戦略の発想法さん


さわかみファンドに関しては、私も一度書いてみたいと思っていたのでちょうどよかったです(^^)

>金持ち父さんのように、集金マシーンになってたりして


確かにそうかもしれません。
さわかみファンドに関しては、やっぱりコストの高いインデックスファンドと呼ぶのが一番ふさわしいのかもしれませんね



>>さわかみ加入者さん


>息子さんは投資銀行での経験を積んだ上で運用を
>任されていると思っていたのですが、投資経験の少ない
>フリーターだったの行は少なからずショックを受けました。


私もこの点には疑問を感じているところです。
単なる親バカで運用を任せているのだとしたら、大問題だと思います。



>>元町愛さん


>逆に言うと、
>「サルにファンドマネージャーを任せても、結果は同じ」
>という理論を、実践しているのかもしれません。

・・・確かにその通りかも(-_-;)



>>にっしーさん


>他の方の意見よりも自分で調べて
>納得のいくまで考えたほうがいいと思いますよ。

結局はこの一言に尽きますね。

ちなみに、私も、澤上篤人氏の引退後のことは気になっています。運用方針が大きく変わる可能性もありますから。こうしたことは、さわかみファンドに限ったことではなく、アクティブファンド全体に言えることでしょう。これもまた大きなリスク要因と言えそうですね。

【2008/02/17 08:28】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/316-3ffc2895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。