プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機関投資家でない、個人投資家であるがゆえの気楽さ
投資をしていてつくづく思うことがあります。それは何かというと、「個人投資家であるがゆえの気楽さ」ということです。
よく、個人投資家は機関投資家と比べて不利だと言われます。しかし、私は全くそう思いません。むしろ、個人投資家の方が機関投資家よりもよほどよいと思うことも。



例えば、仮に私が顧客からお金を預かってお金を運用するファンドマネージャだったとするとずいぶん大変なことになりそうです。



具体的には・・・

--------------------------------------

(1)短期の運用成績を気にする必要がある

機関投資家であれば、常に運用成績を気にする必要があるのではないかと思われます。何しろ、お金を運用することで給料・報酬などのお金をもらっているわけですから、運用成績が悪いと給料泥棒呼ばわりされる恐れも。また、運用利回り低迷の原因が、一時的・短期的要因に過ぎず、長期的にはさほど影響はないと思われるような場合であっても、資金の出所である顧客からクレームがついたり、契約を解約される恐れだってあります。

対する個人投資家はそんなことを気にしなくても問題ありません。のんびりと運用していればよいわけで、一時的に運用成績が落ち込んでも、それを顧客にどう弁解するか、考える必要もありません。自分で納得していればそれでいいのです。


(2)自分の売買が市場へ与える影響の問題

機関投資家は、自らの売買が株価そのものに大きな影響を及ぼす可能性があります。一回当たりの投資資金の大きさによりますが、機関投資家自身の買いによって株価が上昇することがあり得ますし、逆に売却によって、株価が下がってしまうこともあり得ます。

しかし、個人投資家は、資金が小さいがゆえにそんなことを全く気にすることもなく売買が可能です。


(3)常に投資・売買のことを考える必要がある

機関投資家は投資を行い、お金を運用するのが仕事です。ということは、常に売買を行ったり、投資対象の分析を行う必要がありそうです。市況が悪いときや、明らかにバブルの傾向にあるときであっても、売買しなければならないかもしれません。これは何とも悲惨なことだと思います。

個人投資家であれば、市況が悪いと見れば「投資のことは何もしないという投資判断」を行うことが可能です。

--------------------------------------

・・・こう考えてくると、よく言われる「個人投資家よりも機関投資家の方が有利だ」というのはなんだか疑問に思えてきます。私はつくづく、個人投資家でよかったなあ、と思うわけです。




※注・・・今回の機関投資家に関する記述は単なる私の想像です。機関投資家の方々が実際にどんなスタイルで仕事をしているのかはよく知りません。そんなわけで、この部分については、あまり深く突っ込まないで頂ければ幸いです。

この記事に対するコメント

えへへ、突っ込んじゃうもんね 6(^^;)。

機関投資家というのは、「職業」なわけです。
対して、投信購入者は副業、もしくは趣味になります。
(本業等の収入がありますので、リターンが悪くてもあわてません)

ここから、わたしの本題(質問)です。
「早期退職して、投資信託のリターンだけで食べていかなければならないとしたら
 暴落相場でも現在のスタンスを保っていられるか?」

答え(想像)
「その質問は、ナンセンスである。早期退職の予定はない」

私は常々思うのですが、「インデックス投資家」は早期退職できないのではないかと思うのです。
リスクがありすぎるような気がします。
早期退職するなら、毎月分配型-グローバルソブリンに近い運用をしなければならいと思います。

PS:このコメントは、ちょっと生意気でしたか?
【2008/02/23 00:48】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


> 「早期退職して、投資信託のリターンだけで食べていかなければならないとしたら
>  暴落相場でも現在のスタンスを保っていられるか?」

正解は、

「年をとったら、債券中心のポートフォリオにアセットアロケーションを行う。」

です。
【2008/02/23 21:34】 URL | ひろん #- [ 編集]

相互リンク
こんにちは、ゲンマイと申します。
相互リンクを依頼させていただいておりましたが、いかがでしょうか?

私のサイトには掲載させていただいております。

よろしかったらお願いします。
【2008/02/23 23:55】 URL | genmai #JalddpaA [ 編集]


ひろんさん、レスありがとうございます。

コリャ私が間違っていた。
投資信託じゃyなく、債券そのものに移行すればいいわけだ。
納得。

当然、為替リスクのない国内債券に絞るわけですよね?

【2008/02/24 21:15】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


> 当然、為替リスクのない国内債券に絞るわけですよね?

個人的には、国内債券だけは、嫌ですね。理由は、日本の債務残高がデカ過ぎることです。
(日本というカントリーリスクがある)

債券に関しても、通貨を分散させた方が良い(ドル、ユーロ、元(できるかどうかわかりま
せんが)、円)のではないかと考えています。(外貨預金もやっていますが、ドルが下がって
もユーロが騰がっているので、トータルで損にはなっていない。また中長期的に考えて日本円
だけが騰がる状況は考えにくい。)

下記のURLで興味深い議論がされています。
http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/1e9be2f4113158518b0f23e5025ae411

財政規律が無いまま国債を発行し続けると、いずれ、インフレ(マーケットの海賊)という
しっぺ返しをくらうのではないか?と思っています。(ドルについても言えますが)
なので、分散していた方が良いと。
【2008/02/26 06:27】 URL | ひろん #- [ 編集]


なるほど。
わたしは、為替はドルー円しか見ていないので、気が付きませんでした。
通貨も、分散していれば、為替損失はゼロに近いわけですね。
去年末の急激な対ドル円高相場にも、まったく影響は無いと、なるほど参考になります。

私は、直接海外債券を買う方法が良く分からないので、「年金積み立てXXX」
見たいなものしかしていないもので。
やはり、FXで複数通貨を取引してみて、為替の勉強をする必要がありそうですね。

毎月の生活費は、年一回(?)の配当から充当・配分する形が中心だと思うのですが、
分散して海外債券を購入した場合、配当は、年率何パーセントぐらいが
期待できるものですか?

【2008/02/26 23:18】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


> 毎月の生活費は、年一回(?)の配当から充当・配分する形が中心だと思うのですが、

日興コーディアルのホームページで調べてみましたが、先進国の債券の利率は、
だいたい3-7%の範囲で推移(日本を除く)しているようです。
老後の生活費に関してですが、年金と合わせて、お迎えが来たときに0になるように元本
を切り崩していく使い方をすれば、億は必要ないと考えています。
といいつつ、BIGを買ったりしてますが(笑)。まぁ、純粋にエンターテイメントとして
楽しんでます。
【2008/02/27 06:19】 URL | ひろん #- [ 編集]


>>ひろんさん

的確なコメントをありがとうございました(^^)
まさにパーフェクトなコメントですね。


>>元町愛さん

>本業等の収入がありますので、リターンが悪くてもあわてません

その通りです。
そしてそれこそが、本業で稼ぎつつ投資をしている個人投資家の最大の強みでもあります。

現役で働いている間は、投資は副業に過ぎないがゆえに、比較的大きなリスクをとることが可能です。したがって、長期的に高いリターンの期待できるであろう株式を中心にポートフォリオを組むことになります。
それに対して、リタイア後は、本業からの収入がなくなるために、リスク許容度は大きく下がります。よって、債券を中心にポートフォリオを組むということですね(^^)
(注・・・これはあくまでも私個人の考え方によります。現実には、人によってそれぞれ違うことでしょう)

>>genmaiさん

申し訳ありませんが、相互リンクについては原則としてお断りさせていただいております。
相互リンクお願いの依頼を頂くことは多いのですが、当ブログの方針ですので、大変勝手ではあるのですがご了承をお願いしますm(_ _)m

【2008/03/01 20:34】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/320-b57d6161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。