プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「資産運用は長期で考えてください」というセールストークについて思うこと
投資信託の売り手側のセールストークの一つに、「資産運用は短期的に考えるのではなく、長期で考えてください」というのがあります。私はこの言葉を見聞きするたびにいつも思うことがあります。それは・・・


「うまい言い方だなあ」


ということです。そう思う理由は簡単。これは、顧客が買った投資信託が大きく値下がりした際の、顧客への言い訳・あるいは顧客に売却を思いとどまらせるための説得材料にピッタリだからです。おそらく、この一言のおかげで、投資信託を買った顧客からのクレームを相当減らせているのではないだろうか、と思います。

確かに、投資信託を短期的な運用利回りで一喜一憂するのではなく、長期的視点で考えるべきだというのは正しいことだとは思います。しかし、長期的視点で見ることがいつでも正しいのかというと、それもまた違うのではないかという気もします。
長期的視点で考えるのが正しいのは、あくまでも顧客自身がその投資信託の特性をきちんと理解し、短期的視点で考えるべきではない、と納得した場合に限られると思います。



すなわち、重要なのは「顧客自身が理解して納得した上での長期運用なのかどうか」ということです。投資期間を決めるのはあくまでも投資家自身であって、販売する金融機関側ではありません。



例えば、基準価額が大きく値下がりして、いわゆる塩漬け状態になっている投資信託を長期保有することが正しいとは必ずしも言えないと思います。場合によっては、さっさと損切りしてもっと別の投資商品に乗り換えた方がいいかもしれませんし、あるいは、自分が運用というものに向いていないというのなら、預貯金などの元本保証の商品に切り替えた方がいいかもしれません。運用に正解などないのですから、それは自分自身で決めるべきことなのです。

単純に、「投資信託というものは、短期ではなく長期で・・・」などというのは、もしかしたら、運用利回りの低迷の際に顧客からのクレームを抑えるための単なるセールストークなのかもしれないので気をつけようという話です。


---------------------------------

・・・もっとも、金融商品取引法が施行されて以来、何かと厳しくなっていますから、こうしたセールストークも使いづらくなってきているとは思います。販売者側も、セールスの際には相当苦労しているのではないでしょうか。


この記事に対するコメント

セールストークとアドバイス。この見極めが難しい。

床屋で髪を切ったほうがよいかどうか尋ねるようなものですから。
【2008/03/19 16:39】 URL | 消しごむ #- [ 編集]


>>消しごむさん

確かに見極めは難しいです。
良心的な営業担当者であれば、親身になっての適切なアドバイスをしてもらえる可能性も十分にありますから。

一般論として考えるならば、投資における適切なアドバイスというのは、まず第一に顧客である投資家がどの程度まで商品に対する理解力があり、どの程度のリスク許容度があるかを見極めること。そして第二に、そのレベルに応じた助言だと思います。
が、しかしこれはたとえ中立的立場であっても非常に難しいですよねぇ・・・。
【2008/03/23 21:25】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/326-4fb03c30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。