プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横領犯たちの金銭感覚
ニュースを見ておりますと、毎日いろんな犯罪のニュースがあります。今日は、その中で、横領に関するニュースにスポットを当ててみます。
横領事件のニュースを見ていていつも思うことがあります。それは・・・



お金を横領した犯人たちのお金の使い方のあまりの下手さに唖然としてしまう



ということです。まあ、そもそもが人から盗んだお金ですからお金の使い方にうまいも下手もないですが・・・それでも「いくらなんでもそのお金の使い方はないだろう」と思ってしまいます。

大抵の場合は遊興費に使っているわけですが、何千万円とか何億円というとんでもない金額を、ギャンブルや、実質的には資産価値の全くなさそうな贅沢品の購入に使っていたりします。私の知る限り「うまくお金を運用してお金を大幅に殖やした」などというケースは聞いたことがありません。


お金の使い方が下手だから他人のお金を盗むまで落ちぶれてしまったのかどうかはわかりませんが、お金を扱う能力が相当低いということだけは間違いなさそうです。はっきりいってもはや最低レベルだといって間違いありません。
こういう人たちが自分の実力でお金持ちになることは永遠にできないのでしょうね・・・。

犯罪によって大金を手に入れるというのは、全くもって最悪の方法です。横領などいつかは必ずばれます。最後までごまかしきるなど不可能なことです。いつかはその償いをしなければならない時がきます。そして、その結果、自分の残りの人生の全てを、事実上台無しにすることとなります。犯罪というのは本当に最悪のリスクのとりかただとしかいいようがありません。

まあ、横領という犯罪でお金を手に入れようという発想自体が、すでに金銭感覚が狂っているということなのでしょうね・・・。



この記事に対するコメント

masaさんこんばんは

たいてい横領に手を染める人は、横領に手を出す前の時点で既に身を持ち崩している人がほとんどだと思います。

ギャンブルや女性に注ぎ込むお金が欲しいから横領をするのではなくて、ギャンブルや女性にお金を注ぎ込んだ挙句、膨大な借金を背負ってしまって身動きが取れなくなってしまった人が最後に横領に走るのではないかと。

だからもう、その時点では金銭感覚とかではなく、自分の愚行を世間に晒し『バンザイできる勇気があるかないか』になってきているのではないでしょうか。

とはいえ自分の返済能力を超える借金をしてしまった時点で、お世辞にもお金の使い方が上手いとは言えませんから、結局はニワトリが先か卵が先かって話になっちゃいますけどね。
【2008/03/29 23:33】 URL | CHARO #- [ 編集]


masa-san wrote
> お金の使い方が下手だから他人のお金を盗むまで落ちぶれてしまったのかどうかは
> わかりませんが、お金を扱う能力が相当低いということだけは間違いなさそうです。
> はっきりいってもはや最低レベルだといって間違いありません。

確かに。遊ぶのであれば、収入の枠内で遊ぶ、ということが身に付いていないために
そういうことになってしまうんでしょうかね。

masa-san wrote
> 大抵の場合は遊興費に使っているわけですが、何千万円とか何億円というとんでも
> ない金額を、ギャンブルや、実質的には資産価値の全くなさそうな贅沢品の購入に
> 使っていたりします。

あと、住宅ローンの返済に困って、というパターンもあるかと思います。
この場合も、現在の収入がローンの返済が終わるときまで続くかどうかなんて、
全くアテにならないにも関わらず、ローンを組んでしまう人が多い、というのは、
やはり金融に関する教育の不足でしょうかね。

ただし、政策としては、個人が家を買ってくれた方が、景気が良くなる(家の
購入に付随して家具など購入する=個人消費が増える)ので、政府は、あの手
この手(個人が住宅ローンを組みやすい政策をとる)で家を買わせようとするの
で、家の購入には注意が必要です。

現在進行中のサブプライム問題も、この手の話です。
【2008/03/30 10:13】 URL | ひろん #- [ 編集]


>>CHAROさん

なるほど。
それにしても、身動きの取れなくなった状況を収拾させようとせずに、ますます事態を悪くする方向に走ってしまうというのはなんとも理解しがたい限りではありますね。

>結局はニワトリが先か卵が先かって話になっちゃいますけどね。

結局はそういうことですね。横領せざるを得ないような状況に追い込まれるというのは、よほど無茶苦茶な金銭感覚を持っている証拠でしょうから。





>>ひろんさん

>あと、住宅ローンの返済に困って、
>というパターンもあるかと思います。

これはありそうですね。夢のマイホームが地獄のマイホームに変わってしまうという最悪のパターン。
いずれにしても、横領でお金を用意したところで、いつかは絶対にばれます。そのことを十分に認識できないほどに追い詰められているのだとしたら、なんとも悲惨なことだと思ってしまいます。

>現在進行中のサブプライム問題も、この手の話です。

この問題に関してですが、そもそも、低所得者向け住宅ローンという発想自体がおかしいなあ、と思ってしまいます。米国の借金体質を物語っているのでしょうか。
【2008/04/06 07:49】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/330-d8a885c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。