プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロバート・キヨサキ氏の著作を読んでからの具体的な変化
以前の記事、当ブログ内における、ロバート・キヨサキ氏の著作を巡る議論についての個人的見解のコメント欄において、こういう書き込みがありました。LEOPARDさんのコメントです。

-------------引用開始-------------------------------

読んだ後で具体的な変化はあったのでしょうか?また、その具体的変化とはどのようなものでしょうか?

-------------引用終了-------------------------------

さて、ロバート・キヨサキ氏の著作を読んでの具体的な変化ですが、私の場合・・・



何も変わらない、というのが本音です。



こう書いてしまうと、なんともあっけないのですが、本当のことなので仕方がありません。
まあ、あえて言うなら、買い物をするときに、「今買おうとしているものは、資産か負債か」ということを意識するようになったくらいのことでしょうか。

これはほんの小さな変化ですが、しかし意外と大きな効果があるのでないかと思ってます。なぜなら、”ほんの小さな気付き”が長い目で見ると大きな違いを生み出すことになると考えているからです。

とはいえ、現実的には、ロバート・キヨサキ氏の言うところの「資産」と呼べるようなものは、投資商品くらいしかないので、実質的にはほとんど何の意味もないのも確かなことではあります。


実際のところ、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さんシリーズは大ベストセラーになりましたが、おそらく読んだ人の多くが、私と同じような状況だと思います。ごく一部の行動力のある方々だけは、実際に起業なり、不動産投資なりで成功したのだと思いますが、少なくとも私にとってはさほど役には立ちませんでした。


・・・もっとも、あの本は、このブログの記事を書く上では非常に役立ってはいるのですけどね(^^)
資産や負債といった言葉の定義が明確なので、私のような文章を書くのがヘタクソなブロガーにとっては、あの本の文章は引用するのにちょうどいいのです。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

30年固定ローンの持ち家を買おうかどうか迷っている20代は
一度読んでみるのもよいかもしれませんね。

ポケットにお金を入れてくれるのが資産、取っていくのが負債
というのは分かりやすかったです。
【2008/04/05 14:09】 URL | COCOA #- [ 編集]


実際に財務諸表を作ってみて、愕然としたことを覚えています。

その後、株や債券を買うようになり、「配当金のお知らせ」や「利金のお知らせ」を時折受け取るようになりました。

「勤労所得をポートフォリオ所得にかえよう」という考え方がわかったように思えます。
【2008/04/05 18:18】 URL | 消しごむ #6Qo8Vjvs [ 編集]


くぅーー、少しトラウマになっているのよ、「金持ち父さん貧乏父さん」。

2点、意見をだらだらと・・・

まず、キャッシュフローについて誤解している人が多いです。
「収入を増やして、支出をへらす」←これは誤り。

キャッシュフローを、「節約生活」と勘違いしている人が、あまりに多いんですね。
例えば、食費を減らしたり、割引券・クーポン券をあつめたり、チラシの特売に目を
光らせたり、30分ぐらいかかるスーパーに10円安いものを買いに行ったり。
これは、「金持ち父さん貧乏父さん」では否定していることです。
逆に、節約生活やケチケチした生活は「将来にわたって高くつく物になる」と定義しています。

節約生活やケチケチした生活は、簡単に出来るんです。
それほどの努力を必要としないからです。
もし、そんな生活を送っていたら、収入(=資産)を増やす努力をしなくなってしまいます。
「水は低きに流れる」ですね。

ロバートキヨサキの行っていることは、正確には
「資産を増やして、負債を減らす」 です。
たとえば、ぜいたく品ポルシェやベンツを購入することをロバートキヨサキは否定していません。
ただし、それら贅沢品を買うのならば、「資産が生み出したお金」で買いましょう。
と言っているのです。

◎資産を作る努力を常にしなければならない=怠け心を持ってはならない(=×節約生活)

資産を作り出すことは、とても大変です。
(インデックス投資にしたって、現在の自分にとっては死ぬ思いですよ、ホント)
(それに、インデックス投資の原資はあなたの労働であることを忘れてはいけません)
「節約生活」や「ケチケチした生活」は、「資産」を作り出すことに比べれば、簡単な作業だと言うことを覚えていてほしいと思います。
【2008/04/06 01:41】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


もう一点はですね、(えらそうに書いちゃってスミマセン)
私論なんですけど・・・。

◎労働を伴わない資産は無い。

ということです。
「金持ち父さん貧乏父さん」では、不動産を資産の例に挙げていますが、
不動産投資は事業であり仕事であり、いくばくなりの労働を伴います。

資産を作ることは、副業を作ることです。

副業を作りたければ、労働力に着目して、
「本業に影響の無い、労働力のかかる割合の低いものを探す」
ことが、重要です。
インデックス投資は、ほとんど労働を伴ないません。
いい副業だと思いますが、これだけで終わらせないで、ほかの副業を探す努力を
常にし続けなければ、副業は見つかりません。
副業が、やがて資産になるのだとおもいます。
【2008/04/06 02:04】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>>COCOAさん

私も全く同意見です。あの本は、非常にシンプルでわかりやすい内容ではありました。



>>消しごむさん

なるほど。財務諸表を作ってみたり、投資をするようになったというのは非常に大きな変化ですね。資産形成の世界では、ほんのわずかな違いが長い目では非常に大きな違いを生むことになるわけですから、結果から見れば、人生を大きく変える変化なのではないかと思います。



>>元町愛さん

いつもながら、素晴らしいコメントをありがとうございます m(_ _)m
非常に的確な内容だと思います。

>◎資産を作る努力を常にしなければならない=怠け心を持ってはならない

これは確かにその通りだと思います。「不労所得」といっても、それを得るためにはとんでもないほどの努力が必要なわけですから。


>副業が、やがて資産になるのだとおもいます。

これについては、副業がロバート氏の言うところの「自営業」ではなく、「ビジネスオーナー」のレベルにまで高められるかどうかが最大のポイントになりそうですね。

副業をするのなら、そうしたレベルにまでもっていけるようにビジネスプランを作る必要がありそうです。

・・・簡単ではありますが、今回はこの程度のコメントに止めておきたいと思います(^^;)


【2008/04/12 22:25】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/332-6fa4425a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。