プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネー誌が常に強気でなければならないもう一つの理由
マネー誌は一般的に金融機関の広告が満ちあふれているので、常に強気一辺倒・買い推奨一辺倒なわけですが、マネー誌が強気でなければならないのには、また別の理由があるのではないかという気がします。

それは、以前の記事、経済・投資関連のニュースや記事を読むときの注意点について考えるで書いたことと同じなのですが・・・


投資家が投資をするかどうかの決断をするにあたって、投資家自身が誰かに背中を押して欲しいからではないかと思うのです。つまり・・・
「マネー誌には、金融機関の広告塔として、いつでも投資のチャンスであるかのように書かれている。そんなことはわかっている。でも、それでもやっぱり・・・マネー誌を読んで”今が買い時だ”という記事を読みたいんだ。自分の投資の決断を促す(あるいは正当化する)何かが欲しいんだ」


という人が多いのではないかと。私自身も、無意識的にそうしたことを考えることがあるからです。たとえ投資目的であれ、自分のお金を出すということは、それなりの理由付けが必要です。理由という言葉よりもむしろ「言い訳」と言った方がいいのかもしれません。



前回書いたように、「人間というものは、自分にとって都合のいい情報を信じたがる傾向にある」のだとすれば、投資をしようという人間にとって都合のいい情報の掲載されているマネー誌というのは、投資家にとって必要不可欠なものなのかもしれません。

仮にその投資判断が間違っていたとしても、「・・・だって、あのマネー誌には今がチャンスだって書いてたし」と、自分自身に対して弁解することができるからです。

結局のところ、マネー誌は「投資家が求めている情報」を掲載しているだけのことなのかもしれません。だとすれば、マネー誌もまた、読者のニーズにきっちりと答えているということになりそうです。


この記事に対するコメント

投資雑誌はあまり読みませんが、雑誌掲載のスポンサー(=証券会社、ファンド会社、投資顧問会社)の意向に沿った記事を載せることが多いのではないでしょうか?
また、私は毎日Nikkei短波の投資情報番組を聴いていますが、この番組に出てくる経済評論家も、「買い」の発言が多いです。
「相場が悪いので休みましょう」という、評論家はあまりいません。
これはその投資評論家が、経済展望や買い推奨銘柄をテープなどの教材を販売していることが背景にあると思います。

経済活動で、スポンサーの力は最も強力だと感じます。
【2008/04/09 00:36】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


儲からない話に金を出す人と、儲からない話に金を出す人のどちらが多いかというと前者だと思います。マネー誌はもちろん「四季報」もそうですが株価が低迷すると売上部数は減少します。出版社もビジネスですから、利益をねらう企画をたてます。
もっとも“安全”という切り口になると少し違うようです。少し前なら金融機関危険度ランキングなんかはよく売れたそうです。結局は損したくないからかなのですが。
【2008/04/09 00:57】 URL | 無雲 #- [ 編集]


他の方のブログにも書いたのですが・・・
競馬に例えるとですが、

競馬関係者の秘密情報とか、元騎手の人脈で得た情報とかあてになりません。
真実は1つ、それで当たるなら人に教えるわけないのだから。

投資にもこれが当てはまるのではないでしょうか?
つまり自分の言い分が正しいなら自分でやってるはずです。
そして成功してるなら他の人にそれをいうでしょうか?

つまり”今が買い時だ”と言ってるひとが本当に買ってるか分からないということです。

私はマネー雑誌や四季報に頼ることは良いと思います。
ただし、その情報を自分で把握し、分析し、行動すれば良いだけなのです。
間違っても『このファイナンシャル・プランナーが言ったから買ったのに・・・』とか言うのは間違いなのです。
テレビでたまにいる上海個人投資家と同じことを言ってるだけなのです。

あとは個人投資家が自分の買いたいのを自分を信じて買うだけだと思います。
【2008/04/09 21:18】 URL | にっしー #oRooDVwU [ 編集]


【訂正】書き誤りました。スミマセン。

× “儲からない話”に金を出す人と、儲からない話に金を出す人のどちらが多いかというと前者だと思います。

○ “儲かる話”に金を出す人と、儲からない話に金を出す人のどちらが多いかというと前者だと思います。
【2008/04/11 00:21】 URL | 無雲 #2GFwm1XQ [ 編集]



>>元町愛さん

結局は、マネー誌というのは、投資洗脳教育誌ということになりそうな雰囲気ですね(-_-)
それにしても、マネー誌は、無料ではなく代金をとって販売しているのですから、もう少しスポンサーの意向にとらわれない記事作りはできないんでしょうかね・・・。



>>無雲さん

>安全”という切り口になると少し違うようです。

なるほど。これは「損しないためにお金を出す人」を狙ってのことなのですね。
出版社もなかなか巧みではありますね。


>>にっしーさん

>その情報を自分で把握し、分析し、行動すれば良いだけなのです。

まさにその通りですね。一次情報ソースとして、マネー誌をいかに有効活用するかは投資家次第、ということになりそうですね。


【2008/04/18 21:36】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/333-416ea084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。