プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資の本当の難しさは、いかにして投資資金を用意するかという点にある
前に書いた記事、楽をしてお金を儲けたいと考えるのは悪いことなのか?の関連記事です。

この記事のコメント欄において、私はこう書きました。


-------------引用開始-------------------------------

個人投資家における投資の難しさというのは、投資そのものではなく、「いかにして巨額の投資元本を用意するか」という一点のみではないかという気がします。

つまり、「投資で稼ぐこと自体は簡単だが、莫大な金額の運用元本を用意することが難しい」ということです。巨額の運用資産があれば、過大なリスクをとる必要すらなくなるわけですから。

-------------引用終了-------------------------------


「果たして、投資収益のみで食べていけるか?」という問いに対する答えは、ただこれだけのことに尽きると思います。十分な金額の運用元本があれば、投資収益だけで生活することは可能なはずだからです。利回りが大きく低下しても、元本を取り崩して生活すればよいのです。3億とか10億とかの莫大な金額があれば、そうしたことも可能なはず。
資金が用意できないからこそ一般の個人投資家は苦労しているわけです。

こうした視点で世間の投資関連本を見てみると・・・

「高いレバレッジをかけての信用取引」「ロバート・キヨサキ氏の言うところの『よい借金』」「まず働いてお金を稼ぎ、投資資金を捻出する」・・・などなど、その他いろいろありますが、これら全てが、「投資元本を最大化するための方法」ということになりそうです。

(余談ですが、いわゆるナンピン買いがダメな投資手法とされるのは、これもまた、投資資金には限りがあるがゆえんです。もし、仮に投資資金が永遠に尽きることがなければ、ナンピン買いだっていつかは成功します)


また、ドルコスト平均法も同じです。「ドルコスト平均法は、有利でもなければ不利でもない」という話はすっかり有名です。

参考サイト:
山崎元のホンネの投資教室「ドルコスト平均法は有利でも不利でもない」

山崎流マネーここに注目「ドルコスト平均法は本当に有利か」


有利もなければ不利でもないとされるドルコスト平均法が、なぜそれほどまでに支持されるのかというと、「個人投資家が、投資元本を用意するためには、事実上それしか方法がない」という点が非常に大きいと思います。

一般的な個人投資家の場合、十分な資金を用意することができないため、積み立てによってお金を用意するしかないからです。また、仮に、長年貯めてきたお金・あるいは退職金によって、まとまった資金があったとしても、心理的な抵抗感から、一度に大量のお金を投資してしまうのはどうしても躊躇してしまうでしょう。まとまった金額のお金とはいえ、個人が持つお金にはおのずと限りがあるわけですから。


とすれば、結局のところはドルコスト平均法(あるいは分割買い)をするしかない、ということになります。他の選択肢がないのですから仕方がありません。


ドルコスト平均法という積み立て投資はまた、投資信託などの金融商品を販売したい金融機関側の立場から見ても、顧客へのアプローチがかけやすいので、ここにおいて、顧客である投資家側と金融機関側の思惑が一致することになります。


投資の勉強をしていると、どうしても投資手法にばかり目がいきがちですが、本当に重要なことは、「いかにして、投資資金を用意するか?」ということにこそあるということを理解しておくべきだと思っています。

もちろん、その答えは、いかなる投資本も教えてはくれません。結局は、自分で試行錯誤するしかないのです。

「果たして、早期リタイアすることは可能かどうか」という点に関しても同じことで、「早期リタイアまでにどれだけのお金を用意することができるか?」という一点に尽きるでしょう。十分なお金が用意できるならば可能でしょうし、できなければ不可能という単純な話です。




--------------------------------

最後にお知らせです。

まもなくゴールデンウィークですが、その間はブログの更新を休みます。
次回の更新は5月10日前後の予定です。
悪しからずご了承下さい m(_ _)m

なお、過去の記事に対するコメントは、連休の間に書く予定です。




この記事に対するコメント

個人的にドルコスト平均法は,「平均買い付け価格が,買い付けた期間内の平均価格に収束する事が保証されている」というのがメリットだと思っていました.一度に買い付けると買い付けるタイミングによって価格が大きく異なる可能性があり(つまりリスクが大きい),そのリスクを抑えられるのがメリットだと.
あとは,そのメリットと,長期間に渡って買い付ける事による機会損失のデメリットを天秤にかければいいのではないかと.
【2008/04/24 00:04】 URL | ガウス #- [ 編集]


投資資金を用意することができるか?

結論は、自分の中で用意するしかない、です。くだらない話ですが、貯金箱に100円を入れる、それをその都度忘れる。都度忘れたものがある程度たまったら、口座に移してとりあえず利息を得る。利息の分だけ運用にまわす。気持ち的には損はない。運用益が出たら運用益分を別の投資に移してみる。そのうち自分にあった投資方法が見つかる(かもしれない)。そうして10年継続し、失敗もあれば成功もある。でも最初の貯金は減っていないという地味な作業を続けて現在に至ります、今後も同じ作業を続けるだけ。基本は貯金です。
【2008/04/24 01:09】 URL | 無雲 #2GFwm1XQ [ 編集]


 ドルコスト平均法というのは優れた投資手法ということで評価されるのではなく、何と比べるかで有利不利の差がでてくるのだと思います。例えば投資という行為をしたりしなかったりする人と、毎月半強制的にする人では当然積立は有利です。さらには仕事をしながら個別銘柄を売買するのにくらべ、有利になる可能性は高くなります。
 有利不利は断言できないけど、有利になる可能性のほうが高いというのが、積立に対する根強い信仰になってるのだと思います。
【2008/04/24 19:50】 URL | ゆうまりの #- [ 編集]


>個人投資家が、投資元本を用意するためには、事実上それしか方法がない」という点
これは目から鱗でした。つい、時間を掛けたドルコスト平均法は、右肩上がりならば損はしにくいという考えしかありませんでした。
確かに考えるとわたしの取れる戦法はこれしかないだろうということがわかります。
うまく言えませんが、10年、20年後に納得できたらいいなと思います。生きていればですが・・・
【2008/04/24 20:01】 URL | ルノア #mQop/nM. [ 編集]


はじめまして、うさみみといいます。
PALCOMさんのリンクからきました。

>本当に重要なことは、「いかにして、投資資金を用意するか?」

本当にそうです。
支出のコントロールをしていると、あるラインを超えると、お金の器が大きくなるというか、蓄財のスピードが加速する瞬間がありますが、それを体験してから、投資を始めるほうが、大きな種銭でのんびり運用できるって実感しています。

種銭をためるキャッシュフローについて、言及するブログが少ない中で、おもいっきりうなずいてしまいました(^^♪
【2008/04/25 07:31】 URL | うさみみ #- [ 編集]


もし、いま投資資金として5億円ぐらい持っていたとします。

では早速・・・どのように投資するか?

何パーセントは株式を購入して、あとは、債券で・・・。
などと、想像をめぐらした後、その結果を今の自分のポートフォリオと比較します。
もし、5億円の投資先と、今の自分のポートフォリオが大差ないものであれば、
(5億円の)投資先が間違っている可能性があります。
ここで考えるのは、
「お金持ちの投資戦略は、ローリスクかハイリスクか?」
ということです。

お金持ちはインデックス投資をするのだろうか?
多分しないと思います。
私は、投資元本が巨額になればなるほど、平凡な人間にはそのお金を有効に投資できないと考えています。
逆を言えば、巨額の資本を運用できる人間だけに、巨額の投資元本が与えられるのではないでしょうか。
【2008/04/28 06:56】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>元町愛さん

その話には重要な前提条件が抜けています.それは,5億円以外にどの程度の資産を保有しているかという事です.5億円以外に200億円程度(数字は適当です,5億円がある程度無視できるくらい大きな金額という事で)の安全資産があれば,5億円は全額をハイリスクなセクターに投資してもいいでしょう.一方,一般庶民がtotoビッグとかで5億円をいきなり手にした場合は,5億円を一挙に失いたくないという心理が働くでしょうから,各セクターのインデックスに分散投資するのがいいのではないかと思います.

あと,自力で投資をする場合にはリスク許容度の問題とは別に,投資対象を調査研究し,売買の指示を出すという作業が伴います.この労力は馬鹿にならないので,これを避けるという意味でも,リスク許容度の高い人がインデックス投資を選択する事はあると思います.他人に全部丸投げするのであれば,この限りではありませんが.
【2008/04/29 00:40】 URL | ガウス #- [ 編集]


>>ガウスさん

ガウスさんのおっしゃるとおり、メリットとデメリットを比較するのが妥当だと思います。しょせん、人は未来を的確に予想することなどできないのですから・・・。


>>無雲さん

これは非常に素晴らしいコメントですね。地味な作業こそが最も大切なことでしょう。



>>ゆうまりのさん

確かに、半強制的積み立ては、思いつきで投資する人よりも有利になる可能性が高いと言えそうです。何よりも、積み立てというのは日本人向けの投資方法だと思いますし。


>>ルノアさん

>これは目から鱗でした。

単純な話とはいえ、意外な盲点だったかもしれませんね。
私にとっても、これしか投資の選択肢はありません。



>>うさみみさん


>蓄財のスピードが加速する瞬間がありますが、
>それを体験してから、投資を始めるほうが、
>大きな種銭でのんびり運用できるって実感しています。

まさしくその通りですね。
私も貯金と投資の過程の中でそのことを実感しました。




>>元町愛さん

お金持ちの投資戦略についてですが、私が思うに、その元手をどうやって手に入れたかによって大きく変わってくるのではないでしょうか。

事業で手に入れたお金なら、やはり事業で殖やそうとするでしょうし、不動産投資で手に入れたお金ならば不動産投資で殖やそうとするでしょう。要するに、自分の最も得意な分野でお金を増やそうとするのではないかと・・・。

もし私だったらどうするかというと、やっぱりインデックス投資をすると思います。なぜなら、それ以外にお金を殖やす手段を知らないからです。


>私は、投資元本が巨額になればなるほど、
>平凡な人間にはそのお金を有効に投資できないと考えています。
>逆を言えば、巨額の資本を運用できる人間だけに、
>巨額の投資元本が与えられるのではないでしょうか。


これは名言だと思います。
私も全く同意見です。人は結局のところ、自分でコントロールできるだけのお金しか手に入れられないようになっているのではないかと思います。
大金をうまくコントロールできるような「器の大きい人」のみが、巨額の富を手に入れられるのでしょう。成功した事業家についての話を読むと、考え方自体が平凡な人とは明らかにスケールが大きく違います。



>>ガウスさん

(2回目のコメントに対してです)

結局のところ、そのお金をどの程度まで失っていいかどうか(リスク許容度はどうか)という問題が全てを決定付けることになりそうですね。

投資対象を精査するのは普通でも大変な手間がかかりますが、莫大な金額を投資するとなると、さらに大変な作業になりそうです。あらゆる投資の中で、インデックス投資が最も賢明な投資方法だと認識しているのであれば、たとえ億単位の莫大な金額であってもインデックス投資が一番いいかもしれませんね。
資産家などの場合、お金を殖やすよりもむしろ減らさないようにして、それを次世代に受け継がせることに重点を置くのではないでしょうか。そうであれば、なおさら無難な運用をするのではないかと思います。

その一方、まとまったお金を持ったことのない平凡な庶民が単なる幸運で突然億単位の大金を持つことになった場合には、実質的には何の価値もない贅沢品にばかりお金を使う可能性が高そうです。投資しようという発想がそもそもない可能性もあります。
【2008/04/29 17:15】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/337-c24a25fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。