プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金銭感覚の狂っている人に、お金のアドバイスをしても無駄である
世の中には、金銭感覚が狂っているとしか思えない人もいるものです。大して収入が多くないのに、じゃんじゃんお金を使う人。返す当てもないのに軽い気持ちで借金をする人。細かい節約はするのに、なぜか一番肝心な、大きな支出に関しては何のチェックもしない人・・・。パターンは色々です。


金銭感覚というものは、果たして先天的なものなのか、後天的なものなのかはわかりません。浪費家にしても、その対極に位置する節約家にしても、「そういう性格だから」の一言でしか説明できないからです。


その点について、時々思うことがあります。「金銭感覚というものは、教育によって変えることはできるのだろうか?」と。
この点については私は否定的です。性格を変えることが難しいのと同様、金銭感覚を変えるというのは相当難しいのではないかと思います。もし、金銭感覚を変えようとするならば、本人の尋常ならぬ努力が必要だと思います。それは、恐らく激しい苦痛をともなうはずです。


で、今日のタイトル通りの話へと続くのですが、金銭感覚の狂っている人に、お金のアドバイスをしても無駄だと考えています。いわゆる「よけいなお節介」になるだけの話だろうと・・・。

私は、いわゆるお金の教育に関しては、それなりの価値があると思っています。しかし、後先考えずに浪費生活を送っている人の場合は、「精神的に、何かが壊れている」としか思えないのもまた事実です。
私だったら、そんな人に対して、お金のアドバイスは決してしません。ただ単に関わりを持たないようにしようと思うだけの話です。そして、それこそが最も賢明だと思います。ニュースなどを見ていると「借金を申し込まれて、それを断ったがために逆ギレされて殺された」などという事件も少なくありませんから・・・。

とはいうものの、私は、一度身についてしまった金銭感覚を変えさせることは非常に難しいと考えていますが、それが身につく前、すなわちできるだけ若い時点での金銭教育については非常に有効だと思っています。それだけはきちんと書いておきたいと思います。

ところで、異常なまでに節約にこだわる人もまた、逆の意味で「金銭感覚が壊れている」のかもしれません。適切な金銭感覚を身につけるというのは非常に難しいものだと思います。どこまでが適切で、どこからが不適切なのか。その境界線は極めて曖昧だからです。


この記事に対するコメント

>性格を変えることが難しいのと同様、金銭感覚を変えるというのは相当難しいのではないかと思います

僕もそう思います。
ある人が今実際に行っていることには理由があって、本人の生まれつきの気質、育った環境、獲得した情報、経験、習慣、気分等の様々な要因でそのようなことをしているわけだと思います。

稀に反省して改善していく人がいますが、僕が見る限りは少数だと思います。
反省には自分の一部否定が伴うので、これは心理的には受け入れられにくいのでないかと思っています。
【2008/05/24 23:43】 URL | makoto #LkZag.iM [ 編集]


はじめまして。グラフトン通りと申します。
masaさんの、常日頃から現状に疑問を持ち考察されている点がとても参考になります。

今回の記事についても大いに同感です。
金銭感覚が狂っている人に対しては、「そういう性格だから」という理由で諦めることも納得することもできます。

今の世の中は、カネ余りで豊かですから、お金の大切さだけは伝えていきたいですね。
【2008/05/25 03:14】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]


>異常なまでに節約にこだわる人もまた、逆の意味で「金銭感覚が壊れている」のかもしれません。

無闇な節約は人生の質を下げるのではないか、という意味では度の過ぎた節約は好ましく無いといえます。
ですがまあ、平均余命まで生きた上で資産を山ほど残して死ねたとしたら、それは金に困らない人生を歩めたという証左でもあります。快楽の享受という意味では味気ないかもしれませんが、危機回避という観点からすると急な支出を伴う事故や病気に出会わないか、出会ったとしても被害を限定できたということになります。
そのような一生は経営としてみれば成功と表現していいでしょう。

寿命が縮むような極端な節約でなければ問題は無いと考えてよいと思います。
【2008/05/25 13:59】 URL | まひわり #- [ 編集]


お金の苦労で自殺した友人がいます。お金があれば自殺しなかったかどうかはわかりませんが、今も昔もお金と異性で生活が破綻する人はたくさんいます。やめろと言っても聞く耳持たずです。金銭感覚とはそういうものみたいです。
【2008/05/27 11:10】 URL | 無雲 #2GFwm1XQ [ 編集]


金銭感覚が狂っていなくとも、ファイナンシャルリテラシーorファイナンシャルインテリジェンスの低い方に対しても、アドバイスは無駄なのかと、私は思います。

インデックスファンドやETFで長期投資していることを、知人に話したところ、
「そんな馬鹿なことはやめた方がいい。堅実に働いて貯金するのが一番だ。」
と逆にアドバイスされました。
【2008/05/28 02:46】 URL | cocoa #- [ 編集]


 私のイメージする金銭感覚の狂ってる人というのは、競馬や競輪などのギャンブルが好きな人、それからパチンコやパチスロなどの大好きな人などです。こういう人種にアドバイスするお節介な人というのはいるものでしょうか?一言で言って私は「関わり合いたくない」です。こんな人たちに自分の資産でもバレようものなら、命まで危険に晒すことになります。

 cocoaさんの言う貯金好きな人はまだマシな部類に入るのではないでしょうか?お金を残そうという意思のある人であれば、アドバイスは有効であると私は思います。
【2008/05/28 15:17】 URL | ゆうまりの #- [ 編集]


>若い時点での金銭教育については非常に有効

これについては微妙ですね^^
大抵、教育となると銀行(証券会社)が来ますから。。

リスクとリターンの関係は、体験してみなければわかりません。
最低限の知識は必要かもしれないけど、実は投資しなければ一番金が殖えてた(ネット預金や国債の安全資産も含む)なんてこともあるかもしれません(笑)
【2008/05/29 13:16】 URL | 投信戦略の発想法 #- [ 編集]


こんにちは。
金銭感覚は子供時代からの環境が大きいと思います。ですので、教育は、金銭感覚の形成期には大きな効果があると思います。
親となれば、そのあたりの実感はあります。いろんな子供を見る機会が増えますから、なんとなくそう思うだけで、証明はできませんが。

大人になってしまえば、自分で改めないと改善は無理だとうさみみも思います。
例えば、このブログを読んで「自分が気がつけば」少し改善される可能性がありますが、面と向かって言われると反発するのが普通の反応ですよね。だからそんな無駄な努力はしないというご意見に賛同です。

お金でしんどい思いをしている友人に妻が相談をかけられていますが、現状の苦しさを分かって欲しいということであって、妻がアドバイスをしてもそれはこうだからダメといいわけしかかえってこないようです。こっちもつかれますよね…。

ブログは特定の誰かに対して書いているものではないので、、読者が心にしみるタイミングで、心に浸透する内容を噛み締めることができたときは、自己改善の可能性があると思います。

うさみみもそういう思いを込めてブログを書くこともありますけど、結局は自分のために書いていることになるんでしょうね。
コメントを頂くことで、刺激になって、また少し広がった考え方ができるのでしょうから(^^♪
【2008/05/29 15:02】 URL | うさみみ #- [ 編集]


masaさん、この記事をTBさせていただき、1000万円シリーズを勝手にご紹介させていただきました。
もしご迷惑であれば、すぐに削除いたします(^^♪
上記のURLではないもう1つのブログの方です。ややこしくてすみません(笑)


うさみみもmasaさんのブログを読んで、今まで書きたかった資産形成のことについて、意を決して書き始めてみました。

ここでは、「よけいなお節介」と書かれていますが、それは対面のことであって、このブログをきっかけに何かを考える人がいるかもという思いもお持ちなのではないでしょうか?

ブログを書いていて思うのは、記事に対するコメントが書いた側の勉強になるってすごいですよね。
【2008/05/31 12:31】 URL | うさみみ #- [ 編集]



>>makotoさん

>反省には自分の一部否定が伴うので

実際問題として、自分を省みて、生活習慣を大きく変えることのできる人はそう多くはないでしょうね。



>>グラフトン通りさん

現状に疑問を持ち続けることこそが、人が進歩する上で一番重要なことだと思っています。
お金の大切さを伝えるというのは非常に重要だと思いますが、これがまた意外と難しいのかもしれません。




>>まひわりさん

>無闇な節約は人生の質を下げるのではないか、
>という意味では度の過ぎた節約は好ましく無いといえます。

これは結構微妙なところではありますが、節約家というものは、ともすれば節約それ自体が目的化する恐れがあるので、注意すべき点だとは思います。




>>無雲さん

>お金の苦労で自殺した友人がいます

これは非常に気の毒なケースですね。この場合、どういう原因でお金の苦労をすることになったかによって、結果が異なるのではないかとは思います。
もし、単なる浪費が原因であるなら、どうしようもないのかもしれませんが・・・。





>>cocoaさん

>「そんな馬鹿なことはやめた方がいい。
>堅実に働いて貯金するのが一番だ。」 と逆にアドバイスされました。

これは非常に面白い話だと思いました
その考えも決して間違っているとは言えないので、それは単なる考え方・見解の相違というところでしょう。



>>ゆうまりのさん

そうですね。競馬・競輪・パチンコなどのギャンブル好きの人には、まさにアドバイスなど無意味でしょう。お金の話はしない方が無難です。

>cocoaさんの言う貯金好きな人は
>まだマシな部類に入るのではないでしょうか?

私もそう思います。至極真っ当なアドバイスだと言えるでしょう。投資志向の人にとってはこれもまた、「余計なアドバイス」にしかなり得ませんが(^^;)




>>投信戦略の発想法さん

>大抵、教育となると銀行(証券会社)が来ますから。。

言葉足らずでしたが、今回の記事では、家庭内教育の話を想定しています。
銀行や証券会社主導では真っ当な金銭教育は非常に難しいと思います。





>>うささみさん

記事の紹介などは歓迎します。どうぞご自由に(^^)

ブログというのは、非常に素晴らしいツールだなと思います。インターネット(あるいは昔なつかしのパソコン通信)が一般的になるまでは個人が自分の言いたいことを世間に対して公開するというのは考えられないことでしたから。
読者の方につけていただいたコメントから、また新たな記事のネタが生まれることもあり、そうした双方向性も非常におもしろいものだと思いますね。






【2008/06/01 21:47】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/342-b4eedcb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『お金の器』について何か感じることありますか?

35~40歳頃に効果が表れる貯蓄の重要性資産形成の本丸~『お金の器』を考えてみる『お金の器』ってなんやねん『お金の器』が大きくなるための前段階の目標についてという感じで、資産を形成していく過程をおってきています。なかなか書きにくいネタなので、最初は躊躇... 30歳代からの資産運用~よちよち投資家のブログ【2008/05/31 12:39】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。