プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職でキャリアアップ、というけれど
今日は単なる戯れ言です。

よく、「転職でキャリアアップ」などという言葉を目にしますが、私が思うに、それは転職情報誌や人材紹介会社などが作り出した幻想に過ぎない部分が多いのではないだろうか、といつも思っています。


キャリアアップするためには、そもそもその前提としてのキャリアが必要だからです。
今現在、他社で高く評価してもらえるようなスキル・キャリアがあるのであればともかく、そうでない場合には転職によるキャリアアップなどはまさに”幻想”と言われても仕方がないと思います。「転職するためにキャリアを積みたいが、そもそも、キャリアを積むにはどうしたらいいの?」というコロンブスの卵のような問題がつきまといます。

年齢によって、転職の可能性が大きく左右されるのも大きな問題です。一定の年齢(おおむね30歳から35歳くらいまで?)を超えると求人数は一気にがたんと減ってしまう傾向にあると思います。その意味では、転職に必要なキャリア・経験というのも、あまりに年をとりすぎているのはダメ、ということで、この辺が結構微妙なところです。

企業規模に関連する問題もあります。大企業から中小企業への転職はまだ比較的容易かもしれませんが、その逆はほとんどの場合、極めて難しいのが現実でしょう(難しいというより、ほぼ不可能に近いと言った方がいいのかもしれませんが・・・)。

また、同業他社への転職の場合、同じ業界であるがゆえに、仕事内容も、給与水準も、会社の雰囲気も同じようなもの、というケースも少なくないと思われます。この場合、そもそも何のための転職なのかわからなくなってしまう恐れも。これは業界によるのかもしれませんが・・・。


転職情報誌や転職サイトには、華々しい転職の事例が掲載されていますが、現実問題として、転職希望者のうち、果たして何人の人が本当の意味で満足できる転職が実現できているのだろう?と疑問に思ってしまいます。


私自身も、転職経験があるので、別に転職自体は否定はしませんし、転職もまた人生にとってはいい経験になるとは思うのですが、それにしても、どうもしっくりとこない部分があるのです。


いずれにしても、転職に際しては、転職情報誌や人材紹介会社の作りだした”幻想”に惑わされないようにする必要があると思うわけです。そうでなければ、理想の会社を求めて転職を繰り返すという「青い鳥症候群」になってしまう恐れもあります。


売り手側の論理に気をつけようというのは、消費や投資だけでなく、転職でも同じということですね。転職情報誌や人材紹介会社は、求人広告や人材紹介でお金を稼いでいるわけですから、転職に対してある種の幻想を作り出すのは仕方がないことですが、転職する側が、あまりにも無防備に広告戦略に乗せられてしまうと、かえって転職に失敗してしまう恐れがあると思います。





この記事に対するコメント

今回は、ちょっとキビシイコメントになるかもしれませんが、

> キャリアアップするためには、そもそもその前提としてのキャリアが必要だからです。

というか、キャリアアップするためには、普段からの勉強が必要ではないでしょうか。
一般的に、社会人になってから勉強しなくなる人が多すぎると思います。


> 企業規模に関連する問題もあります。企業規模に関連する問題もあります。

企業規模も、大きければ良いというものでもないと思います。業種によって違いは
あるかと思いますが、私の経験だと、日本のメーカーは、規模が大きくても給料は、
それほど高くないと思います。個人的な経験ですが、転職によって、企業規模が小さ
くなっていくほど、給料は上がりました。

転職には、メリット、デメリットがあると思いますが、大きなメリットとしては、
自分の市場価値がわかる、ということがあると思います。転職をしていない人ほど、
自分の能力を過大評価する傾向がある、のではないかと思います。自分の市場価値
(オファーされた給料)が自分の期待よりも小さかった場合、それは、自分の能力
を過大評価している、ということです。その時(現実を知った時)、どうするのか
(自分の市場価値を上げるべく努力するのか、クサって何もしないのか)で、
ビジネスマンとしてのその後が決まる面があると思います。


とは、言っても、市場価値がある仕事に対して、自分は興味が無い、場合もあるん
ですよね、実は。

給料が高くて興味が無いことを日々こなすのか、給料が安くても興味があることを
追求するのか、の選択は、個人の価値観の問題なので、一般的な解は、存在しない
と思います。


【2008/06/18 10:34】 URL | ひろん #- [ 編集]


>>ひろんさん

コメントをありがとうございました。
今回のコメントに関してですが、今後この内容に関連した記事を書きたいと思っているところなので、今回はあえてコメントを避けておきます(^^)

後日、記事になった際に、コメントを引用させていただく場合がありますのでご了承願います。

【2008/06/24 22:07】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/349-f447f747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。