プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分散投資もほどほどに・・・
投資をするときには、リスクを抑えるために分散投資をするというのは半ば常識となっています。しかしながら、なんでもかんでも分散すればよいというものでもないという気もします。


例えば、いくら分散投資が重要だからといって、何十もの金融商品・個別銘柄を保有する、などというのは現実的ではありません。それだけ多くの金融商品・銘柄を細かく管理することなど、一般の個人投資家には事実上不可能です。つまり、「分散する必要があるから」という、ただそれだけのためにむやみやたらと様々な金融商品を組み入れる必要もないと思うわけです。

分散もほどほどに・・・ということもまた、重要ではないかと思うのです。なぜならば、分散投資の目的は、あくまでも「リスクの最小化とリターンの最大化」であって、「分散すること自体が目的ではない」からです。


・・・まあ、現実的には数種類のインデックスファンドに投資することで、結果として、少数の投資対象への”集中投資”で、なおかつ国際分散投資が可能、ということになると思うのですけどね。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

こんばんは。
広く分散投資することは重要だと思います。
中央銀行が市場に投入する通貨供給量は管理できても、それがどこへ向かうかを知ることは難しいからです。
通貨政策によっても、期待収益率が大きく変化することを歴史が証明しています。たとえば、過去200年などという超長期では、金はドルとペッグされていた期間が長いため、金はインフレのヘッジにならずに株式をアンダーパフォームするように見えます。通貨にペッグさてているのだから当然です。
しかし、この結果を将来の資産運用にあてはめることは間違っており、事実、金本位制が廃止された1971年以降は新たな局面を迎えています。
ですので、「サブプライム問題が落ち着けば、(過去のように)株式市場も回復するはずだ」と願うのではなく、この程度の市場環境の変化には十分耐えられる資産運用を心掛けるべきではないでしょうか。
【2008/06/25 23:53】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]


>>グラフトン通りさん

非常にハイレベルなコメントをありがとうございます。

例によって、記事の主旨がわかりにくかったかもしれませんが、今回の記事の主張するところは、「分散投資は重要だが、自分で管理できる範囲にとどめよう」ということです。
私の下手な文章力では、なかなかうまく記事をまとめることができないので仕方がないと言えば仕方がありませんが・・・(-_-)

さて本題です。

>この程度の市場環境の変化には
>十分耐えられる資産運用を
>心掛けるべきではないでしょうか

確かにその通りです。
「もっとも変化に適応できる種が生き残る」という、ダーウィンの言葉がありますが、我々投資家も環境の変化に適応できるポートフォリオ構築を心がけたいものです(^^)

【2008/06/28 20:33】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


>>masaさん

私のコメントが少し脱線してしまったようです。

確かに、「とりあえず分散」とか「なんでもかんでも分散」という考えは良くないですね。
【2008/06/29 19:12】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]


>>グラフトン通りさん

まあそういうことですね(^^)
無秩序な分散ではなく、戦略的な分散投資を心がけたいところではあります。
【2008/07/06 08:23】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/351-1f9eb12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。