プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ人は社会人になると勉強しなくなるのか?
以前に書いた記事の関連記事です。
前の記事のリンクはこちら。

転職でキャリアアップ、というけれど

この記事のコメント欄でひろんさんからこんなコメントを頂きました。ごく一部だけを引用します。


-------------引用開始-------------------------------

キャリアアップするためには、普段からの勉強が必要ではないでしょうか。
一般的に、社会人になってから勉強しなくなる人が多すぎると思います。

-------------引用終了-------------------------------

社会人になると勉強しなくなるというのは、一般的な傾向だと私も思いました。そこで今回の記事は、「なぜ、人は社会人になると勉強しなくなるのか?」ということについてです。
とはいうものの、この問いに対する私の答えは極めてシンプルで、


社会人になってからは、たとえ勉強しなくてもなんの不利益もないから


という点に尽きると思います。勉強していないということを理由に減給になったり、クビになるというのなら、それは一生懸命勉強するでしょうけど、現実にはそういうことはほとんどないのが一般的。そして何よりも「社会人にとっての勉強=仕事をすること」という認識になっていて、それゆえに社会人になってからは一般的な意味での勉強をしなくなるのだと思います。
むしろ、逆に「余計な勉強ができるほどヒマなんだったら、顧客回りでもしてきたらどうなんだ」とか、「アフター5にスクールに通う時間があるんなら、もっと残業して仕事に力を入れろ。他のみんなはもっと遅くまで働いているんだぞ」などと、逆に勤務先の上司から”指導”される場合すらあり得ます。


また、ただ単に「勉強しなくても不利益にはならない」ということだけではなく、「仮に社会人になってからいくら一生懸命勉強してみたところで、その努力の割には報われることが少ない」ということも、勉強しなくなる一因に挙げられるのではないでしょうか?要するに、かけた労力に対してリターンが少ないということです。これを投資に例えれば、「ハイリスク・ローリターン」の状態になっている、というところでしょうか。


あと、転職に関してですが、いくら自分で新たな知識を勉強していたとしても、”実務経験という裏付け”がなければ、転職市場では何の評価もされないケースがほとんどであることも大きいと思います。例えば、一般事務しか実務経験のない人が、いくらデザイナーになるためのの勉強を一生懸命したところで、応募先から「デザイナーとしての実務経験がなければうちでは採用できない」と言われて終わり、というケースが一般的だからです(もちろん、例外もあるでしょうけど、それほどに実務経験の重要度は大きいということです)。


要するに、社会人が勉強しないのは、決して怠け者だからではなく、むしろ経済的合理性に従った結果に過ぎない、といえるのではないかと思います。




さらに書いておくならば、この”実務経験至上主義”あるいは”実績至上主義”とも言うべきものは非常に強力で、派遣社員などの非正規雇用の方々が、正社員になろうといくら努力しても、派遣での実績が認められず、それゆえに正社員としてなかなか採用されないという問題を作り出しているのだろうと思います。キャリアがないがゆえにキャリアアップできないという、まさに悲劇的な状態といえるでしょう。現実には、下手な正社員よりも優秀な人もいるというのに・・・。
(この非正規雇用の問題については、今回は詳しく書かないことにします。私自身、経営者側の一方的な都合で、ひどい目にあっている非正規雇用の実例をこの目で見てきましたし、また労働問題に関する文献も何冊か読んできて、そのあまりの理不尽さには怒りを感じるのですが、今日はそれが主題ではないので・・・)

最後に・・・
今回の記事についてですが、あくまでも一般論について書いているだけなので、その点ご了承下さい。
「社会人になったら勉強しなくなると言うけど、オレは勉強しているぞ!」という人も大勢いるだろうことは承知していますし、また、常に勉強していないと世の中の進歩についていけないようなシビアな業界があることもわかっているつもりです(^^;)


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

ここのところ、ネガティブな記事が多いように感じます。
なんだか、反論のための反論をひねり出しておられるような…。
余計なお世話かもしれませんが、何かあったのではとちょっと心配です。
【2008/06/28 19:39】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


>>水瀬 ケンイチさん

なにやら、心配をかけているようですのでコメントさせていただきます。
ネガティブな記事が多い、とのことですが、もともと、私のブログにはあまりポジティブな記事は少ないのではないかと思っています。

そもそも、私の場合、現状に対する不満と将来に対する不安から貯金に力を入れるようになったわけで、そのきっかけ自体がすでにネガティブです(-_-)

前々から書いているように、私は節約も貯金も投資もしたくないというのが本音です。実際にはやりたくもないのに、やらざるを得ないという理由でそれらに力を入れているわけですから、必然的に記事もネガティブになります。

特に、本業の仕事に関しては、将来的に何の希望も展望も持っていないのが本当のところで、収入が上がるのはムリとしても、せめて会社が潰れなければいいが・・・というくらいの感覚しか持っていません。私は、どちらかといえば仕事好きな部類に入りますが、それでも明るい材料など何もありはしない、というのが本音です(正直、弱小中小企業に勤めていて、明るい材料を探せという方が無理な話だと自分では思っています)。
まさに、その不安こそが、私を貯金と投資へと駆り立てているわけですから、私が持っているネガティブさも、一応は役に立っているようですが・・・(^^;)
【2008/06/28 20:53】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


何かあったわけではないのなら良かったです。
ブログのコンセプトに意見してしまったようで、たいへん失礼しました。
【2008/06/28 22:06】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]

はじめまして
ひょんなことからこちらに迷い込んだところ、とても興味深い記事が多く、さっそくブックマークしました。よろしくお願いします。
社会人になると強制で勉強はさせられませんから、本当に自分の学びたいというモチベーションの持てるものしかしなくなりますよね。
私の場合はそれはファイナンスの勉強でした。
【2008/06/28 22:23】 URL | えいちゃん #SFo5/nok [ 編集]


> 社会人になってからは、たとえ勉強しなくてもなんの不利益もないから

いわゆる "勉強" には、2種類あるのではないでしょうか。

インセンティブ(勉強の動機)が、自分の外にあるもの、自分の内にあるもの。

インセンティブが自分の外にあるもの、とは、例えば、(あまり興味が無い分野だが)
その資格を持っていると給料や社会的地位があがるため、資格や学歴、学位取得のため
の試験をパスするため、の勉強。

インセンティブが自分の内にあるもの、とは、その勉強をしても給料があがるわけでは
ないし社会的な地位が上がるわけでもない。しかし、自分が興味があるから・好きだから、
するもの。

私が問題だと思っているのは、日本人はどっちもやらない人が多いのではないか?
ということです。よく、忙しいのを言い訳にする人が多いようですが、本当に忙しい
人の方が、仕事以外にも一芸に秀でてたりするように思えます。忙しいことを言い訳
にする前に、

ツマらないことばかり要領悪くやっているから時間が取れないんじゃないのか?

ということをよく考えるべきではないでしょうか。
【2008/06/28 23:54】 URL | ひろん #- [ 編集]


いつも楽しくROMさせていただいておりました。
状況が同じようで、さらに生まれた年まで一緒で、親近感なんかもあったりして。

今回の記事は、まさにそのとおりと思い、ディスプレイの前にうんうんうなずいてました。
勉強しなくなりますよね。
でも、ここ数年、投資信託や株式投資など、それに伴う勉強を仕事に関係なくいろいろと始めてます。
masaさんや水瀬さんをはじめとする他人のブログを見たり、書籍や雑誌等でそもそも投資とは何ぞや?!といったようなことまで。

仕事は仕事、それ以外に趣味でも自己啓発でも何でも良いと思います、1つでもそれに邁進していくのは、1つの勉強でもあったりするのでは?と思ってます。
今は、金融系について知識を深めていくのが楽しいこのごろだったりします。

>ひろんさん
人によってはつまらないことを要領悪くしていることもあるとは思います。
でも、このごろは、人が足りず1人1人にかかる仕事量が増えているのではないかな?って思います。
(特に30台や40台は仕事量が増えるこそあれ、減るような状況を見出せないような気がします。残念ながら、できる人ほど仕事を回されるといった状況もあるようです。効率よくやればやるほど、仕事量が増加する・・・)
当然、業種や個々の就労環境にもよるでしょうが、日々8時出勤23時帰宅、週1日程度しか休めないような人が多いように思えたりしてます。
(自分を含め、その周りだけかもしれませんが・・・)

忙しいことを言い訳にする前に、とありますが、本当に睡眠時間を削っているような人もいたりますよって一意見をしてみました。
【2008/06/30 00:56】 URL | 煙々 #RaJW5m0Q [ 編集]


みなさんの意見に大いに共感します。

勉強するにしても、本当に必要なことを効率よく行うことは非常に難しいと思います。
「あの人はどうしてあんなことに時間を費やしているのだろう」と感じることもありますし、ほかの人から見れば私自身もそうに思われているのかもしれません。
そういう意味で、「報われない努力」とか「無駄な努力」は存在すると思います。

勉強しても無駄だと諦めるのではなく、適切なプロセスは必ず報われると強く思える、ポジティブな世の中であってほしいです。
【2008/06/30 23:52】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]


企業風土?などもあるかもしれません。
派遣を取っておけば安いんだ。とかそういうわけの分からないことを考えたり。
自分が勉強してスキルを持たなくても派遣社員にやらせれば
自分はチェックする立場で何もしなくてもシステムが出来上がるとか

森永卓郎さんが言うところの新自由主義とういかんじですかね。

そうすると知らず知らずのうちに、何も勉強しなくても成果が残っていくんですよね。

だから勉強しなくても問題ない?
【2008/07/01 12:42】 URL | silencejoker #- [ 編集]


>あと、転職に関してですが、いくら自分で新たな知識を勉強していたとしても、”実務経験という裏付け”がなければ、転職市場では何の評価もされないケースがほとんどであることも大きいと思います。

なんだかなっとくします。少し、転職活動をしたことがありますが、実務経験と+αがないとなかなか採用までは行かないですねぇ・・・・。

そのときは、実務経験は有るのですが+αがなくて、不採用を連発しました。。

+αは、グローバル力ですね~。ひたすらエンジニアなだけじゃだめですよ。。
【2008/07/04 23:54】 URL | silencejoker #- [ 編集]


> 派遣を取っておけば安いんだ。とかそういうわけの分からないことを考えたり。

経営側の立場だと、これは合理的な選択です。なぜなら正社員を
雇用すると、給料に加えて雇用保険,年金がのしかかってくるから。
これが結構な負担になります。

派遣を禁止して正社員しか認めないような法律を作ると、どうなるか?

そうなると、企業が日本から出て行き、雇用そのものが失われます。
なので、ポイントとしては、経営側が合理的に考えて、派遣を採らなく
てもいいような仕組みにするような政策を実行することが必要だと思い
ます。具体的には、以下の2つ。

・雇用保険と年金を企業から切り離すこと
・雇用の流動性を高めること

これに、

・法人税率を引き下げること

が加わったら、自分のポートフォリオ中での日本株のウェイトを
上げてもいいと考えてます。
【2008/07/05 10:20】 URL | ひろん #- [ 編集]


> 人が足りず1人1人にかかる仕事量が増えているのではないかな?って思います。

業種によっては、人手不足は、深刻な問題のようですね。先日放送された "ガイアの夜明け"
が外食産業の人手不足を特集していました。

ただ、人手不足には、本当の人手不足と、マネージメントがダメダメな人手不足がある
と思います。マネージメントがダメダメとは、限りある人的リソースの配分がヘタクソ
なため、どうでもいいところに人員を投入し、本当に必要なところに人員が配分されない
ために発生する、人手不足感です。

人手が不足の解消は、本当に不足しているのであれば、採用しなければいけませんし、
リソースの配分が間違っているのであれば、正さなければいけません。

これらは、マネージメントの仕事です。
【2008/07/05 11:24】 URL | ひろん #- [ 編集]


多数のコメントをありがとうございました。今回は一部個別レスであとはまとめレスとさせていただきます。

>>水瀬 ケンイチさん

「悲観的に計画を立て、楽観的に実行する」だったか、そんな言葉がありますが、それに倣うならば、「悲観的に現状分析を行い、悲観的に計画を立て、最悪の事態を想定して実行する」というのが私の考え方です。よって、現状認識はどうしてもネガティブになってしまうのです。

>>えいちゃんさん

>私の場合はそれはファイナンスの勉強でした。

なるほど。ファイナンスの知識は何かと役に立ちそうですね。
ともあれ、今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

----------------------------------

ここからはまとめレスです。頂いたコメントを引用しつつ、私のコメントを書いていきます。


>ツマらないことばかり要領悪く
>やっているから時間が取れないんじゃないのか?
(ひろんさんのコメントより)


この点に関しては、プレジデントの2007.4.16号の「『時間ない病』の研究」という特集記事が参考になりそうです(1年以上前の本なので、かなり古いですが・・・)

この中で、"時間ドロボーの正体"として、いくつかの要因が挙げられています。
一部抜粋の上で引用します。

-------------(一部抜粋の上、引用)-------------------

1.短期志向の事業構造
低効率の仕事を残業でこなし、薄利を積み重ねようとする

2.学習しない上司
マネジメントスキルの低い上司が部下の効率を下げている

3.奴隷型顧客主義
顧客の強すぎる要求に翻弄される

4.優先順位志向の欠如
頼まれ仕事の洪水に呑みこまれ、仕事を抱え込む

-------------引用終了-------------------------------

もっとも、こうしたことは会社の社風・企業風土に依存するので、個人レベルではなかなか難しいのも事実です。体育会系的なガンバリズム的な社風では、なかなか難しいでしょう。仮に上司・経営者に提言したところで、過去の成功体験にとらわれた上司・経営者であれば、それをすんなりと受け入れることはなかなかないでしょうから・・・。



>効率よくやればやるほど、仕事量が増加する・・・
(煙々さんのコメントより)

優秀で効率よく仕事ができるがゆえに仕事が集中し、ますます残業が増える、というのは確かにありますね。この場合、気をつけないと、過労死の恐れすら出てくるケースも少なくないと思います。この場合、自己防衛として、「あえて仕事の効率を下げて、忙しいことをアピールする」といったことをせざるを得ません。なんとも馬鹿げた話ですが、マネジメントスキルの低い上司・経営陣がいる場合、そうでもしないと自分の身を守ることができません(仮に、過労で倒れたり、最悪の事態として過労死したとしても、「残業は本人が勝手にやっていた。だから会社側には責任がない」などと平気で言うかもしれません・・・)。


>>そういう意味で、「報われない努力」とか「無駄な努力」は存在すると思います。
(グラフトン通りさんのコメントより)

誠に残念ながら、確かにその通りだと思います。報われない努力であっても、それをせざるを得ない、というケースもありますし。
個人的にはムダな努力はできるだけ排除したいところではありますが、雇われ従業員の立場ではそれがなかなか難しい場面は多数あります・・・(-_-)
あるいは、上司の側が効率よく仕事をしたいがために、効率の悪い仕事を部下に押しつけている、というケースは少なくないでしょう(この場合、上司の側は効率よく仕事ができるので早く帰れますが、部下の方は遅くまで残業せざるを得ないということになりますね・・・)。


>実務経験と+αがないとなかなか採用までは行かないですねぇ・・・・。
(silencejokerさんのコメントより)

これは、企業側としては、今すでに社内にいる人材にないタイプを求める場合、特に重要になりますね。あえて手間とコストをかけて人を採ろうというわけですから、その分ハードルは高くなりそうです。


> 派遣を取っておけば安いんだ。とか
>そういうわけの分からないことを考えたり
(silencejokerさんのコメントより)

これは、ひろんさんの書いておられるとおり、これは経営者にとっては非常に合理的な考え方だと思います。
しかし、これでは経営者と非正規雇用労働者の関係がWin-Loseになってしまいます(経営者だけが得をし、非正規雇用労働者が一方的に損をする)から、何らかの形で、これをWin-Winの形にする必要と思うのですが・・・。



>人手が不足の解消は、本当に不足しているのであれば、
>採用しなければいけませんし、リソースの配分が
>間違っているのであれば、正さなければいけません。
(ひろんさんのコメントより)


これについてですが、経営者サイドとしては、なかなか人を採用したくないというのが本音なので、なかなか難しいところです。得に、残業手当や休日出勤手当が十分に支給されない場合(あるいは全く支給されない場合)、残業=コストという考え方になりにくいので、経営者側としては、「人を増やすよりも、今いる人をその分長時間労働させた方が得」という考え方が合理的ということになります。

上に挙げたプレジデントの特集記事でも、生産性を低下させる社風として、「人員を増やさずに残業でまかなうという考え方が強い」(プレジデント 2007.4.16号のp.51より引用)という傾向がもっとも上位になっています。


最後に本題に戻りますが・・・

自発的に勉強するということに関してですが、それが合理的な行動でない、つまりは報われない行動である以上は、勉強しようと思わないというのはなんとも仕方がないことであるように思われてなりません。前に書いたように、最近、日本の労働問題について何冊かの本を読んでいます。それでふと思ったのは、格差社会の中で自分が所属する階層によって、努力が報われるかどうかが大きく決まってくるのではないか、ということです。ワーキングプアと呼ばれるような層におられる方々は、もはや努力は報われず、また、それ以前の問題として、自助努力しようというだけの経済的・精神的余裕が全くないものと思われます(この問題は単なる自己責任論では決して片付けることはできません)。逆に、一定以上の階層に所属しているのであれば、努力が報われる可能性は高そうです。

翻って、私の場合、大企業の労働者に比べれば圧倒的に不利な立場にいるとはいえ、それでもなお、非常に恵まれた立場にいるということを最近になって実感するようになりました。

努力が報われる社会であってほしいとは思うのですが、現実はどんどん逆の方向へと進みつつあるように思えてなりません。なんとも残念なことではありますが・・・。

-------------------------

※コメントを一部修正しました。

修正前:「悲観的に現状分析を行い、悲観的に計画を立て、楽観的に実行する」
修正後:「悲観的に現状分析を行い、悲観的に計画を立て、最悪の事態を想定して実行する」

私の頭の中には、楽観論などどこにも存在しないのです(-_-)

【2008/07/06 09:34】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/352-708ce49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。