プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回り(2008年7月20日現在)
運用利回りの公開です。今回は、2008年7月20日現在のものです。

-------------------------
運用利回り(2008年7月20日現在)

*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 +3.7%  年間収益率 +1.2%
*インデックスファンドTSP 投資収益率 -21.1%  年間収益率 -13.9%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -6.4%  年間収益率 -4.1%
*さわかみファンド  投資収益率 -6.1%  年間収益率 -2.8%
*HSBCチャイナオープン  投資収益率 +65.9%  年間収益率 +17.0%
*HSBCインドオープン  投資収益率 +8.0%  年間収益率 +4.1%
*日本プライムリアルティ 投資収益率 +14.8%  年間収益率 +3.8%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 +9.9%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 +39.8%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 106円70銭、1ユーロ= 169円23銭(ソニー銀行)

-------------------------

商品説明(一部のみ)

TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)・・・TOPIX連動型ETF

インデックスファンドTSP・・・TOPIX連動型インデックスファンド

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド・・・米国バンガード社の4種類のインデックスファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ。日本以外の世界主要各国の株式に投資する。為替リスクあり。

日本プライムリアルティ(証券コード8955)・・・J-REIT

純金積み立て・・・田中貴金属工業にて純金積み立て。

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。

-------------------------

運用利回りの公開の記事についてですが、いつも書くことべきことがなにもなくて困っていました。なので、今後は数字のみの公開にしようかと考えていたところでした。
しかしながら、今回は珍しく書くことがあるので数字だけでなく文章も書いておきます。

今回見ていただくと分かるように、メインファンドであるトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドが完全な元本割れになっています。他にも、インデックスファンドTSP、さわかみファンドが元本割れ。

元本割れのオンパレードという状況です。また、かろうじて利益の出ているファンドも、かなり厳しい状況下になりつつあるという印象です。
しかしながら、私としては積み立て投資を継続するという方針に何ら変更はありません。たとえ元本割れの状況になろうとも、私がとるべき投資戦略は他に何もないからです。そもそも、投資をすると決めたそのときから、元本割れになるのは覚悟の上。


実際のところ、今のような下落局面においては、投資よりも、預貯金オンリーの方が強いのではないかと思います。しかし、ここが重要なポイントですが、私にとっては、今現在の損失よりも、10年後・20年後の利益の方がはるかに重要なのです。


投資家の仕事がリスクをとることである以上、一時的な元本割れ・損失もやむを得ません。安全・確実にお金を大きく殖やすというのは不可能です。私としては、目先の損失のために大局を見誤ることがあってはならないと考えています。


そうそう。念のため書いておきますが、ポートフォリオ全体では、今なおプラスになっています。
ただ、今後さらに厳しい状況が予測されるため、今回は少し厳しめに記事をまとめてみました。これは自分自身を戒める意味合いも込めているのです(^_^;)

ちなみに、今の私のポートフォリオの中で、金額ベースで一番大きな利益を出しているのは外貨建てMMFのユーロです。円安ユーロ高の影響によるものが大きいのでしょうけど、少なくとも、現時点におけるポートフォリオの中では、今一番存在感のある金融商品ではあります(^^)


-------------------------

最後にもう一つだけ書き加えておきます。
今後とも積み立て投資を続けるというのは、あくまでも私個人の判断によるものです。読者の皆様におかれましては、自分自身のリスク許容度を超えてしまう(許容できる損失額を超えてしまう)と考えるのであれば、決してムリをせず、一時的に投資商品を売却して、預貯金をメインに考えるのもまた正しい投資判断ではないかと思います。そうしておけば、少なくとも「さらなる暴落で大損」という事態だけは避けられますから。
重要なのは、リターンではなくリスクだということを忘れるべきではありません。

私の場合、もともと預貯金の形で生活防衛資金を多めに確保しており、リスク許容度はそれなりに高いと考えているので、引き続きバイ&ホールドを続けるという判断をしただけの話です。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

>投資よりも、預貯金オンリーの方が強いのではないかと思います。しかし、ここが重要なポイントですが、私にとっては、今現在の損失よりも、10年後・20年後の利益の方がはるかに重要なのです。

いろいろ。。ブログを荒らしてしまったので^^;;
こういう時でも継続できることは素晴らしいと思います!(日本の小型株は死亡)
私は不器用なので、バランスファンドが似合います(笑)

しかしREITがまだプラスというのはすごい・・
日本の不動産株は完全に弾けましたからね。。

以前と打って変わって、少しずつ海外中心のバランスファンドをちょびちょびイキマス


【2008/07/22 21:59】 URL | 投信戦略の発想法 #- [ 編集]


「継続は力なり」ですね。
信念を持って継続することが、良い結果につながるのではないでしょうか。

私も基本はインデックス投資で、もう長い間方針を変えていません。
皆さんと違うところは、アドバイザーにポートフォリオを組んでもらっていることです。
保有している投資対象に下落の兆候があると、ヘッジや売却の指示が出たりします。それでも、基本はインデックスです。

確率的に最大限のリターンを得ることが目的であって、自分で運用することが目的ではないので、このようなやり方に至っていますが、今のところリターンに満足しています。
【2008/07/23 00:54】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/07/23 16:01】 | # [ 編集]


> 実際のところ、今のような下落局面においては、投資よりも、預貯金オンリーの方が
> 強いのではないかと思います。

デフレであれば、それでもいいかと思います。

ですが、現在は、原油の値上がりによるインフレ傾向になっていませんか?
インフレ時に預貯金オンリーは、(気がつかないうちに)結構なダメージに
なるのではないでしょうか。

【2008/07/23 21:04】 URL | ひろん #- [ 編集]


>>投信戦略の発想法さん

>こういう時でも継続できることは素晴らしいと思います!

私としては、むしろこういう状況こそが分散投資が効力を発揮するポイントだと思っています。たとえ全ての資産クラスが下落しても、分散しているがゆえに下落幅も比較的ゆるやかで済んでいるわけですから・・・。



>>グラフトン通りさん


>信念を持って継続することが、良い結果につながる
>のではないでしょうか。

まあそうですね。もっとも理論派の人にすれば「個人の信念の有無が利回りに影響を及ぼすことはない」と言われそうな気もしますが(^^)

運用の手法は様々ですが、いずれにしても、自分で納得しているやり方が一番ベストですね!

>>ひろんさん


>インフレ時に預貯金オンリーは、
>(気がつかないうちに)結構なダメージに
>なるのではないでしょうか。


ごもっともです。

一応、言い訳をしておきますと、私はインフレよりも、景気後退の可能性を考えていたのです(スタグフレーションになる可能性もありますが・・・)。
もちろん、実際にどうなるかはわかりません。

景気後退の影響が強いか、あるいはインフレの影響がより強いか・・・?こうした状況においては、純然たるインフレ対策のみを目的としての投資というのは難しいのではないかと思ったのです。

もちろん、私のような長期投資家にとってはなんの何の問題もありません。

しかしながら、投資においてはどうしてもリスクがつきものなので、リスク許容度の低い人にとっては下手なインフレ対策などよりも、預貯金の厚みを増す方向に動いた方が無難ではないかと考えた次第です。
インフレによる貨幣価値下落というダメージよりも、元本割れという目に見えるダメージの方が精神的には大きいと思うからです。


そうそう。この話の前段階として、預貯金を無リスク資産とみなすか、あるいはインフレリスクのある一種のリスク資産とみなすか、という見解の相違の問題もありますね(^^;)

【2008/07/27 08:47】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


>インフレによる貨幣価値下落というダメージよりも、元本割れという目に見えるダメージの方が精神的には大きい

ようやく理解できてきました・・・
預貯金=無リスク資産=生活防衛資金=普通預金

確かにインフレに負けてしまいますね^^;
あと、統計データに出ている定期預金も、大抵は都銀のものなのです。。
http://money.yahoo.co.jp/rate/

これでは物価の上昇には追いつきませんね!

私の預金の概念は高金利なものなので、個人向け国債とでも云っておくべきでした^^
【2008/07/27 11:15】 URL | 投信戦略の発想法 #- [ 編集]


スタグフレーションっぽいですね...

http://iiaoki.jugem.jp/?eid=2264

銀行に預けておくと、(金利よりも物価の上昇が勝っているため)損をする
ようになりつつあるようです。

【2008/07/31 13:47】 URL | ひろん #- [ 編集]


>>投信戦略の発想法さん

確かに普通預金ではインフレには勝てないと思います。
リスク嫌いの人があえて投資する場合には、特にリスクの低い債券などが無難かもしれませんね。



>>ひろんさん

なるほど。預貯金一辺倒ではダメなようですね。これはどうやら私の認識が間違っていたようです。
スタグフレーションという状況下において、「純然たるインフレ対策としての投資」を考えたとき、どんな投資手法がよいのか、勉強する必要がありそうです。

・・・もちろん、私自身は以前と変わらない投資を続けますが、今後何らかの要因でリスク許容度が大きく下がったときの対策を考えておく必要もあるので、少し調べてみようと思います。

【2008/08/02 07:27】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/359-ca92a667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。