プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーキングプアは決して他人事ではない
今日は、ワーキングプアについて書きます。
まずは、関連サイトへのリンクを貼っておきます。

ワーキングプア(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


また、サイレント・テロなどという言葉もあります。

サイレントテロ(はてなダイアリー)

これは、非常に深いテーマでして、私の拙い文章力ではうまくまとめることができませんし、考えもまとまってはおりません。
そこで、今日のところは、なぜあえてこのテーマの記事を書こうと思ったのか、そのきっかけを中心として、書いておくこととします。


私は、当ブログの記事のカテゴリーの一つである[本業一般]カテゴリーにおいて、本来は「ポートフォリオにおける中核としての本業との付き合い方」というテーマで書く予定でいろいろと文献をあさっておりました。

しかし、様々な文献を読むうちに、もはや、「本業こそがもっとも稼げる」という、個人投資家の投資行動における暗黙の前提がもはや危うくなりつつあると感じるようになりました。

私も、かつては、いわゆるワーキングプア問題は、ごく一部の人たちの問題に過ぎず、またそれは個人の自己責任の問題だろう、という程度の認識しか持っていませんでした。しかし、この問題に関する文献を読むうちに、これは決して個人の自己責任というような単純な問題ではないということに、遅ればせながらようやく気付いたのです。



それと同時に、私にとって「ワーキングプア問題は決して他人事ではない」と思うようになったのです。



私自身は、現在、弱小中小企業ゆえに収入は少ないといっても、それでもワーキングプアと呼ばれる方々よりは相当に恵まれたポジションにいるのだということを認識するようになりました。

とはいうものの、私自身の人生を振り返ってみると、ワーキングプアに陥る可能性は人生において2度ありました(最近になって、ようやく気付いたのですが・・・)。
一度目は、大学卒業のとき。1993年当時、就職氷河期の始まった頃、私は就職活動において大変苦戦をしていました。比較的規模の大きな企業の入社試験を何社か受けたところ、一次面接あるいはその前の筆記試験であっさり不合格。そこで中小企業にターゲットを変更したのですが、名前も知らなかったような中小企業を何社も受けるも、全てにおいて不合格。受けた会社は大企業・中小企業全てを含めると合計で30社を超えていたと思います。その全てで不合格となりました。

就職先が決まらないまま、年を越え、卒業する年である1994年を迎えることとなったのです。
「やれやれ。このままでは無職か・・・。仕方がないからフリーターにでもなるかな・・・」と諦めかけていたとき、1月下旬頃に、企業が集まっての合同就職面接会というのがあり、それがきっかけで受験した企業のうち、1社だけ合格し、ようやく就職先が決まったのです。

・・・もっとも、就職先が決まったとはいえ、自分が一体何の仕事をするのか、さっぱりわかりませんでした。ずいぶんいいかげんな話ですが、当時の状況は非常に厳しく、どんな仕事でもいいから働く先を決める必要に迫られていたので、何の仕事なのかなど、もはや何の興味もなかったのです(その後、今に至るまで同じ業界にいます。途中で会社が経営破綻したりして、会社は変わっていますが・・・)。



今にして、ふと思ったのは、もしあのとき、就職が最後まで決まらず、フリーターになっていたら、今頃はどうなっていただろう?ということです。極めて高い確率で、ワーキングプアの仲間入りをしていたのではないかと思うのです。


次に2度目についてです。私がワーキングプアになる陥る可能性の2度目の出来事は、2000年に訪れました。新卒で入社した会社が経営破綻し、同業他社に吸収されたあと、その会社の社風に合わず、退職したときです。会社を辞めた後、職安に行ったのですが、そこに行って驚いたのは、まず第一に職を失った人の多さ。こんなに多くの人が無職なのか・・・ということに驚きました。そしてもう一つの驚きは、並んでいる求人票の給料の安さです。


「・・・こんな安い給料でどうやって生活するんだ???」


求人票の多くは、私が新卒で入社したときの初任給を大きく下回り、「こんな給料では必要最低限の生活費だってまかなえないよ?」というほどの安い給料額だったのです。当時はまだ、ワーキングプアという言葉は存在していなかったと思うのですが、その後、ワーキングプアという言葉が登場したときに、あのときに見た求人票のことを思い出したのです。

幸い、私の場合は、知人から声をかけてもらって、今の会社に正社員として入社することができたのですが(もっとも、収入は以前よりダウンしましたが、それでもあのときに職安で見た求人票よりはよほどマシでした)、「もしあのとき、知人から声をかけてもらってなかったら・・・?」と思うと、背筋が冷たくなります(おそらく今頃は投資どころではなかったことでしょう)。

私の体験談は、このくらいにとどめておきたいと思います。まだ書けることはたくさんありますが、長くなるので・・・。



ワーキングプアの一番大きな問題は、いくつかありますが、中でも大きいのは、以下の点だと思われます。上記リンク先のWikipediaより引用します。

-------------引用開始-------------------------------

1990年代、とくに橋本龍太郎内閣以降一貫して進められた自由化・規制緩和の流れの中で、労働者の就業形態が多様化したが、企業の人件費削減の中で非正規雇用が増えた。そうした流れの中で、同時期の長期不況に社会に出た「就職氷河期」の世代は正規の職を得ることが出来ず、フリーターのような不安定な形で職に就くことが少なくなかった。また、日本の雇用慣行では、新卒として正社員の職を得られなかった場合、その後に安定した職業につくチャンスが少ない。こうした事情が、ワーキングプア増加の背景として指摘されている。

(中略)

正社員の採用については、新卒が主流なため、新卒で就職できなかったり、あるいはいったん正社員となっても、自発的な離職、倒産やリストラなどの非自発的離職で職を失うと、特別な技能や国家資格などがあるか、即戦力となれるだけの経験・技量がある(と求人先に認められた)場合を除き、定職に就くのは厳しい。また、派遣・アルバイト等の経験は、どれだけあってもキャリアとは認められない傾向が強く、正社員への道は極めて狭い。

-------------引用終了-------------------------------


まとめてみると、

(1)新卒で就職に失敗してしまうと、なかなか正社員にはなれない。
(2)一度職を失うと、特別な技能・即戦力となるだけの実務経験がない限り、なかなか定職につけない。その上、派遣・アルバイトなどの非正規雇用の場合、いくら実務経験があっても、それをキャリアとはなかなか認められないケースが多い。

・・・という2点が特に大きな問題だと思われます。日本という国は、失敗した人に対しては非常に厳しいようです。

参考書籍も挙げておきます。Amazonへのリンクを貼っておきます。

貧困大国ニッポン 2割の日本人が年収200万円以下

この本より一部を引用します。

-------------引用開始-------------------------------

 たとえば、国税庁の「民間給与実態統計調査(06年度)」によれば、日本の給与所得者4485万人のうち、年収200万円以下の人は22.8%に達し、その数は1023万人にものぼる。1000万人を超えたのは、実に21年ぶりのことだという。
 また、総務省統計局の「労働力調査(07年)」では、15歳以上の労働力人口5174万人のうち、正社員ではない非正規雇用の労働者の数は過去最高の1732万人に達したと報告されているが、そのうちの77%は年収200万円未満という驚くべき調査結果が出ている。人数にすると1333万人で、労働力人口の約25%に相当する。
 いずれのデータも、働くことが可能な人の2割以上が年収200万円以下だということを示している。

-------------引用終了-------------------------------

この数字は驚くべきものだと思います。

また、もう一つ、参考図書として、もう一冊Amazonへのリンクを貼っておきます。
(いずれのリンク先も、アフィリエイトリンクではないので念のため)

ルポ正社員になりたい―娘・息子の悲惨な職場(小林 美希 著)

ちなみに、この本の著者である小林 美希氏は週刊エコノミストの「娘、息子の悲惨な職場」の特集を担当された方のようです。



・・・ずいぶん長くなったので、今日のところはこのくらいでとどめたいと思います。何が言いたいのか書いている本人にもよく分からない記事になってしまいましたが、投資家である前に、一人の労働者として、どうしても書いておきたかったのです。このブログを読んでおられる読者の方々の大半にとっては、縁のない話かもしれませんが、少なくとも私にとっては決して他人事ではないので・・・。

私の考えがまとまったら、もう少しちゃんとした形で書いてみたいと思っています。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

たまに、小泉政権が原因でワーキングプアが増えたと、言っている人がいますが、
バブル崩壊による長期不況の始まりが原因であって、それは小泉政権以前なんです
よね。このWikiペディアの記事は、よく書けていると思いました。


> 少なくとも私にとっては決して他人事ではないので・・・。

実は、何かのきっかけで、誰でもワーキングプアに陥る可能性があり、一度そう
なったら、這い上がるのが大変、なのではないでしょうか。

私は、育った家庭環境も現在の仕事も、かなり恵まれていると思っていますが、
ワーキングプアの問題は他人事ではないな、と考えています。変化が速い業界で
仕事をしているので、自分の知識・技能が陳腐化しないように気をつける必要が
あります。私が仕事をしている業界は、知識・技能の陳腐化とワーキングプアは
紙一重です。

そう思っているので、私は、投資と(読書中心ですが)勉強を重視しています。
あとは、健康ですね。健康も(体も精神も)重要だと思います。

【2008/08/02 09:51】 URL | ひろん #- [ 編集]


>>ひろんさん


>私は、育った家庭環境も現在の仕事も、かなり恵まれている
>と思っていますが、 ワーキングプアの問題は他人事ではないな、
>と考えています。

なるほど。誰にとっても他人事ではないのかもしれませんね。
変化の激しい業界であればなおさらなのでしょう。


ここから先は記事の補足です。

一つ書き忘れていましたが、新卒で入社した会社が経営破綻して同業他社に吸収されることになったとき、そしてその後会社を辞めて無職になったとき、2度に渡って冷静に自分のスキルを自己評価してみました。その結果、他業界・他職種へ行くだけのスキル・実務経験は全くないことに気付き、愕然としました。自分で色々と勉強していた分野もあったのですが、市場価値はゼロ。人材紹介会社や派遣会社への登録をしたり、職探しもしましたが、全くダメダメでした・・・。結果として他業界・他職種へ行くことを諦め、再び同じ業界へと戻ってきました。「やれやれ。自分は一体何をしてきたのだろう?」と思いました・・・。


【2008/08/02 17:06】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

「蟹工船」がブーム?
こんばんは。

76世代の私にとっても、ワーキングプアの問題は他人事ではありません。
NHKのドキュメンタリーを見ましたが、客観的にみても、あの状況は個人の努力とかそういったレベルでは絶対に抜け出せない問題だと確信しました。
最近、プロレタリア文学とされていた「蟹工船」がブームになっているというのも、社会が不安定化しつつある兆しなのかもしれません。
続編を期待しております。
【2008/08/04 00:00】 URL | はむはむ #- [ 編集]


うーーーん、悩む。

労働報酬で生活できない、もしくは貧困の生活を強いられる労働者の生産した物やサービスは、実は「お買い得」なのではないだろうか?
コンビニ店員の給料が目を引いて安いのなら、(深夜とかに)コンビニで購入することはお得といえる。
行政が労働条件悪化を理由にタクシー流通量の規制を始めると言うことは、「乗らなきゃ損」という気がする。
自暴自棄になって無差別殺人まで起こす派遣社員の組み立てた、自動車や携帯電話は、すごく安いのではないだろうか。

で・・・私が言いたいのは、
インデックス投資家のブログを見ると、雇用についての感想は「労働者側」からの視点で事象が描かれることが多い。
ユーザー側、消費者側=資本家側からの意見は少ないと思う。
私の感想は、

「この姿勢はいいことだと思う」。

ライブドア旧社長の堀江氏のテレビでの発言を、いつも思い出すわけです。
「法律で、最低賃金というのが約束されているのだから、(格差社会は)そんなに問題視することではないと思いますよ」
【2008/08/04 17:48】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>>はむはむさん

私も、この件に関しては個人の努力だけではどうにもならないと考えています。
ワーキングプアに陥らないためにどうしたらいいのか、あるいはそういう立場になってしまったらどうしたらいいのか・・・。私もまだ考えがまとまっていないのですが、そのような内容について書いてみたいと思っています。


>>元町愛さん


>インデックス投資家のブログを見ると、
>雇用についての感想は「労働者側」からの視点で
>事象が描かれることが多い。

これは、投資家自身が労働者であることが多いということに加え、企業の株主という意識が極めて希薄であるという要因が大きいのでしょう。

株主としての意識が希薄であるという点には問題点も多いと思うものの、私も、投資家が労働者側からの視点で労働問題を考えるのはいいことだと思います。


堀江氏の発言については、いわゆる勝ち組と称される方々の代表的な考え方だと思います。そういえば、「過労死は自己管理の問題」などと言っていた、某派遣会社の社長もいましたね・・・。
【2008/08/10 16:12】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

はじめまして。
はじめまして。流れ着いてきました。MAOといいます。

私は74年生まれのロストジェネレーション世代です。
ワーキングプアです。(涙)。
1年間の契約雇用です。

確かに、本人の問題では解決できず、一度転がると再起不能のような気がします。
年金、年金と言って、30年先の老後の心配より、3年後がどうなっているのかもわかりません。
私が、投資に目覚めたのも、そういう理由からです。

今後ともよろしくお願いします。


【2008/08/28 21:37】 URL | MAO #OjtUTrsM [ 編集]


>>MAOさん

契約雇用では、本当に先行きが不透明ですよね・・・。
この問題は、本人の努力だけでは解決できないのは明らかなのに、世間では「単なる自己責任」との声がまかり通ってしまっているのは、なんとも異常な事態だと思っています。
ワーキングプア世帯とそうではない世帯とで、認識が全く異なっているところにあるのがその最大要因なのでしょう。だからこそ解決策を見出すのが余計に困難になってしまっている気がします。

今回の記事については、今後続編を書きたいと思っているものの、どんな切り口で記事を書くべきか、迷っているところではあります・・・。


【2008/08/31 07:44】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


コメントありがとうございます。

そうなんです。本人たちの努力ではもはやどうにもならないんですよね。
われわれの世代が一番割りにあわない世代なんですよね。

テレビじゃフリーターの数が減っているって・・・・
雇用回復の表れか!って・・・・
35歳以上ではフリーターと定義されていないので、かくれフリーターが一杯居ますよね。
その人たちは、もうカウントされず、あとは少子化により数字は自動的に減少。
こうして、フリーターの数は減少という筋書き。

こうした、作為的な数字の読み替えに、怒りを覚えています。

ぜひ、続編を期待しています。
ゆっくりブログ拝見させていただきますね~。
【2008/08/31 22:33】 URL | MAO #OjtUTrsM [ 編集]


>>MAOさん


>35歳以上ではフリーターと定義されていないので、

この件は、私もおかしいと思っています。こうした数字のトリック(というよりも、トリックですらないといった方が適切なのでしょうけど・・・)で実態をごまかそうとしているとしか思えません。
この程度のことは、誰もが分かっているはずなのに・・・。

世界を代表する先進国の一つなのに、個人の努力ではどうにもならないような大きな社会問題があり、しかもそれに対する明確な解決策すら見出せないというのはなんとも異常だと思います。
日本という国は、ここまでひどいのか・・・と思わずにはいられません。
【2008/09/05 21:21】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/362-b12f7ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。