プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金持ちになるのに有利な性格について考える
あるとき、「金持ちを目指す上で有利な性格とは何だろう?」と考えたことがあります。
そんなわけで、思いつきではあるのですが、私の考える「お金持ちになるために必要と思われる性格的特性」を少しだけ書いてみます。



*お金に関して、決して感情に流されない冷徹さ。
*お金に関する決定に際して、常に損得勘定で考える計算高さ。
*ムダなお金を1銭たりとも使わないドケチさ。
*”お金を稼ぐためのお金”と判断したものに対しては、たとえお金を失うリスクがあろうとも、お金を惜しまない決断力と思いきりの良さ。
*お金を稼ぎ、殖やすということに対する強い執念。




・・・ううむ。なんだかあまりいい印象のものがありません。
しかし、金持ちになるためには、こうした要因は必要不可欠ではないだろうか、と思うことがよくあるのです。

よく、「お金は後からついてくる」という言われますが、私はそれはウソではないかと常々思っています。当たり前のことですが、自分が欲しいものというものは、自分から求めなければ決して手に入らないと思うからです。
私の想像ですが、「お金は後からついてくる」というタイプで成功する人は、自分では何ら意識することなく、無意識的に、お金を稼ぎ・殖やすための仕組み作りのできる才能を持っている人ではないかと思います。金儲けに関して特別な才能を持っていない人が、「頑張っていればお金は後からついてくるさ」などと考えていても、一生金持ちになることはできないのではないかと思うのです。


それはさておき、いわゆる「金持ち」という言葉に対して、いいイメージを抱くことが少ないのは、もしかしたらこういう性格的要素を持っているお金持ちの人が実際に多いかもしれないなあ、と思った次第です(これも単なる私の想像ですけど・・・)。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

お金は後からついてる…私もこれは嘘だと思います。
お金は後からついてくと言っている人達程、実際にはお金が無く仕事も出来ない人が多いと思います。

【2008/08/05 23:54】 URL | kei #- [ 編集]


プロセスさえ正しければ「お金は後からついてくる」と思っています。
正しいプロセスがとれるための要素として、性格や情熱があるのだと思います。
【2008/08/06 00:39】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]


「お金は後からついてくる」というのは表現が難しい言葉ですね。
5つの要素も1つ1つ究極ですが、そこまで行かなくても強く意識していれば、ほっといてもお金は貯まります。そういう人はたいがいそうなるのかなって(^^♪
何も意識していない人がお金持ちになるとすれば、そういう星を持っていたということなんでしょうね。
セブンイレブンの株を眠らせていたとか。。(例外ですけど)

やはり、意識している人にはあつまりやすいのでしょうね。



【2008/08/06 19:56】 URL | うさみみ #- [ 編集]

当たらずしも、遠からず?
初めまして。Werder Bremenと申します。思うことあってコメントしますね。あくまで小生の私見と断っておきます。

>「お金は後からついてくる」という言われますが・・・

ある程度、合っていると思えます。例えば、インデックス国際分散投資している個人投資家さん。相関係数やら、リスク、リターン等々、調べ、熱心に研究し、有効フロンティアの曲線を描いて、リターン、リスクしかじか。期待収益率6%。毎月、いくらずつ、積立てると何年後に3千万円と計算できます。信託報酬手数料の低い、ノーロードの指数連動型投信買って、ETFにもリレー投資して・・・。でも、実際は10~20年後、平均3%だったとか、逆に8%だったとか。いろいろ努力しても、後は神のみぞ知る、運とか、自分の努力ではどうにもならない部分、「神の手」があります。小生も、例えば、99~03年にコマツ(437円)、新日鉄(150円)、三菱商事(802円)、川崎汽船(167円)、商船三井(185円)・・・でBuy&Holdしましたが、せいぜい2倍になれば御の字かと思っていました。ところが5年程度保有して、売却したら3~9倍でした。結果論、運だけですが。誰もあの頃、こうなると思ってなかった。小生もそうでした。そうなるのが判っていたら、皆、これらの銘柄、Buy&Holdして、大金持ちになっていたと思います。これらの銘柄の大活躍のお陰でファイナンシャル・インデぺンデンス達成の原動力になり、早期(セミ)リタイヤしました。自分の努力ではどうにも株価を上げたり、下げたりできません。
「お金は後からついてくる」を「運」と置き換えられれば、まんざら、当たらずとも遠からずと思えるのです。
【2008/08/06 20:36】 URL | Werder Bremen #- [ 編集]


お金をついて越させる(笑)
キャッシュフローと財務的な強さが必要だと思いますね!

>*お金を稼ぎ、殖やすということに対する強い執念。

必要なものだけにお金をかけ、残りをほとんど貯蓄(ないし投資にまわす)
たまには好きなものにお金をかけるが、大きな買い物は1日考えてから買う(あまりにも安いものは別ですが^^;)

>*ムダなお金を1銭たりとも使わないドケチさ。

細かいお金を気にし過ぎるよりも、全体のポートフォリオ(投資の意味ではなく)のバランスを考えて支出する。
お金を生み出すものに関しては、それ相応に使う!


【2008/08/06 23:27】 URL | 投信戦略の発想法 #- [ 編集]


>>お金に関して、決して感情に流されない冷徹さ。

この点に非常に共感を覚えます。
投資運用に関する意志決定において、感情的な判断はかなり悪い影響を与えるのではないかと思っています。
【2008/08/07 20:43】 URL | makoto #LkZag.iM [ 編集]


強い決意・意志、じゃないでしょうかね。
本多静六、ご存知ですか?

本多静六
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%A4%9A%E9%9D%99%E5%85%AD

財運は、こうしてつかめ
ISBN-10: 4884745817
ISBN-13: 978-4884745813

私の財産告白
ISBN-10: 440839582X
ISBN-13: 978-4408395821


【2008/08/07 21:30】 URL | ひろん #- [ 編集]


>>keiさん

同意します。私自身を含めて、大抵の人はそんなにお金を稼ぐ能力をもっていないと思いますね。
そういえば、「お金は天下の回りもの」という言葉も、お金を浪費するための言い訳に使われることが多いような気がします(^^;)


>>グラフトン通りさん

「プロセスさえ正しければ」というのは確かにその通りだと思います。

私が言いたかったのは、そのプロセスはお金を稼ぎ・殖やすためのプロセスでなければならない、ということです。私はそもそも「お金は後からついてくる」という言葉が嫌いでして、その理由はお金を稼ぎ、殖やすことに対する”考えの甘さ”を感じさせるからです。



>>うささみさん

>「お金は後からついてくる」というのは表現が難しい言葉ですね。

確かにそう思います。これはなかなか奥が深くて難しい言葉だと思います。

私としては、お金のことを明確に意識することなしに、お金を稼ぎ、貯め、殖やすことは不可能だと思った次第です。
「お金は後からついてくるという考え方で成功した人」というのは、起業家に多いと考えていますが、その場合でも、ほぼ例外なくお金に関してシビアな感覚を持っているのではないかと思います(過去に起業家や経営者にまつわる本を読んできての感想です)。


>>Werder Bremenさん


>「お金は後からついてくる」を「運」と置き換えられれば、
>まんざら、当たらずとも遠からずと思えるのです


なるほど。確かにそういう考え方はできそうですね。

ちなみに、私がふと思ったのは、そもそも期待リターンが計算できるのは、先人たちによって「どうすればお金が殖やせるか」ということを徹底的に追求した結果だということです。その意味では、投資であっても、お金が後からついてくるのではなく、適切なプロセスをとったことによる必然的結果であるという気がするのです。



>>投信戦略の発想法さん


>キャッシュフローと財務的な強さが
>必要だと思いますね!


この一言で全てを言い尽くしているといえますね。
お金をついてこさせる努力が必要だと思います。


>>makotoさん

確かにその通りですね。
私も、投資における感情的判断というのは、多くの場合、かえって状況を悪くするだけだと思います。


>>ひろんさん

>強い決意・意志、じゃないでしょうかね。


うむむ。一番肝心なのが完全に抜けておりました(-_-)
まさしく、それが一番だと思います。

「財運はこうしてつかめ」は読んだことがあります。なかなか素晴らしい内容でした。「私の財産告白」の方は、読みたいと思いつつもいまだに読んでいない本の一つです。


【2008/08/10 16:27】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/363-bb0dd303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

成功者やお金持ちになりたいわけでは・・・

20代~30代前半にかけては、がむしゃらに「絶対成功者になりたい!お金持ちになりたい!」などと強く思っていて、いろんなことに躍起になっていた。それでいて悲しいかな、貧乏から脱出できなかったり・・・。不思議なことに、今は当時のような気持ちもなく、それほど成功... 元東証一部上場企業の部長・現IT系企業3社の社長のホッと息抜きブログ【2008/08/17 01:51】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。