プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜお金のアドバイスは「よけいなお節介」になりやすいのか?
前に書いた記事、過剰な節約と適切な節約の境界線の中で、こんなコメントを頂きました。
まずは、コメントを引用します。

---------------------------------------

「実生活でお金の価値観を他人に話して、有意義だったためしがありません。
どうしても、しこりみたいなものが残りがちでした」(水瀬ケンイチさん)

「今まで省みたことはなかったのですが、今回の記事と上記の水瀬さんのコメントを読んで、たしかに、どう考えても家族や友人や後輩のためだと思って、お金の価値観や保険や資産運用のアドバイスをして、「しこり」が残らなかったことがありません。。。 」 (虫とり小僧さん)

---------------------------------------

そんなわけで、今日のテーマは、「ではなぜ、お金のアドバイスは余計なお節介になりやすいのだろうか?」ということについてです。

この点、考えてみたのですが、その結果は例によって単純なものでした。



お金の使い方は、その人の人生観・価値観を表すといっても過言ではない。よって、そのお金の使い方に対して他人から口出しされるのは、自分の人生・生き方・プライドそのものに対してケチをつけられるのに等しい



ということではないかと思います。ある意味では、「相手を知るもっとも簡単な方法の一つは、その人がどんなことにお金を使っているかを知ることである」といっても決して言い過ぎではないと思います。あるいは逆に、「決してお金を使おうとしないのはどんな分野に対してなのか?」という視点でみるのも面白いかもしれません。


お金に対するアドバイスというのは、本当に”よけいなお節介”になりやすいとおもいます。例えば、クルマを買おうとしている人に対して、「クルマを一生持ち続けたとすると、それにかかる経費は○○万円もかかるよ。それでも買うの?」とか、家を買おうとしている人に対して、長期に渡るローンを組んで家を買うことがいかにハイリスクで、経済的合理性に適わないか、などということを具体的データを示しながら延々と語る、などというのは、まさにその典型的なものだと思います(特に、持ち家購入の場合には、文字通り、人生を賭けての大きな買い物なので、それを否定されるというのは相当な不快感を感じるものと思われます)。



投資に関する話も同様で、投資に興味を持っていない人(あるいは投資反対派の人)に対して投資を語る、のはまったくもって百害あって一利なしです。「若いうちから投資などでお金の備えをしておかないと老後になってから困る」だの「長期投資家は短期でのお金の値動きなど気にしない」だのと”優れたアドバイス”も、聞く側にとっては、うんざりするだけです。
相手はこんな風に思っているかもしれません。

(あー。その話はもうわかったよ。だからおまえは一体何なの?オレとお前は違う人間なんだよ。そんなこともわからないの?オレにはオレの考え方があるんだよ。大体、そんなにお金にこだわって何が楽しいの?もしかして拝金主義?
・・・っていうか、そんなにお金があるんなら、オレにカネをくれよ。こっちはお前みたいに”投資とかいう遊び”に使うようなカネの余裕はないんだから・・・。そんなことより、宝くじ買わなきゃな・・・)




ちなみに私の場合、「なんでそんなにお金を使わないの?」と言われたことが何度かあります(-_-;)
その人にとっては「お金は貯めるものではなくて使うべきもの」なのでしょう。
私にとっては必ずしもそうではないのですが、説明は邪魔くさいので適当に答えておりましたが・・・。
当然のことながら、私も「そんなのは余計なお世話だ!」と心の中で思ったのは言うまでもありません(^^;)




------------------------------

最後にお知らせです。もうすぐ私の勤務先もお盆休みに入るのですが、例によって、休み中およびその前後は何かと忙しいので、ブログの更新をお休みします。次回の更新は、8月20日頃、もしくは8月24日頃の予定です。
なお、頂いたコメントに対するレスは、次回更新までの間に書くようにします。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
めずらしく不満の意を表明します
こんにちは、水瀬です。
masaさんの記事に対する共感から、あえて自らの失敗談を書かせていただきましたが、それを記事として、まるで余計なお節介の代表のように取り上げられるとは、やや心外であります。

同じく引用されている虫とり小僧さんがどうお感じになられているかは分かりませんが、少なくともいい気分はしていないと思われます。

ご自身の主張を述べる際に、コメントに寄せられた他人の失敗談を引用するのは、いかがなものかと思いますが、この点についてご意見をお聞かせいただきたいと思います。
【2008/08/09 19:12】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


今回の記事はmasaさんを含むインデックス投資を実践し、そこそこの金融リテラシーを身に着けている人を一括りにして、その人たちがよかれと思ってしてしまった「お節介」に関する一般的考察と解釈したので、私は不満というほどのものは感じていませんが、記事の中の「余計なお節介」の具体例がまるで実際に私がやってしまったことのようで、こっ恥ずかしい気持ちになったのは事実です。


記事を読んで気付かされたことは、相手のことをよく知りたいと思ったら「どういうものにお金をかけているか?またはかけたいと考えているか?」というような話題が使えそうだなということです。雑談から面接まで(笑)

それから繰り返しになりますが、やはりお金の話題を取り扱う際、特に情報提供などをする場合は、「余計なお節介」になる可能性が極めて高いことをしっかりと認識しておかなければなりませんね(苦笑)
【2008/08/09 23:35】 URL | 虫とり小僧 #YHpFg9Og [ 編集]

管理人よりお詫び
>>水瀬さん、虫とり小僧さん

今回の記事に関してですが、安易な形でコメントを引用してしまったことに対して、お詫びを申し上げたいと思います。

誠に申し訳ありませんでした。

今後は、読者の方からのコメント引用に際しては、より慎重に取り扱うように注意したいと思います。

また、今回の記事内容に関して、もし要望がこざいましたら、記事の修正・削除といった措置をとることも検討したいと思います。


【2008/08/10 06:53】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

虫とり小僧です
いやいや、、、改まって謝罪なんかを受けてしまうと、それはそれでなんかこっ恥ずかしいです(笑)
お互い様ですよ!!

記事の修正や削除に関しては、私はどのような形になってもmasaさんに好意的な解釈をすると思うので、お任せします。また、おそらくあえて苦言を呈してくださった水瀬さんは、本当に筋の通った方であるとで勝手に感心しております。

今回の件は、私も多くの人の目に触れる文章を書く際は、肝に銘じておくべきポイントだと感じることができ、大変勉強させていただきました。言葉を発信することに付随する責任というのは、時になかなかのものになってしまいますね。。。現在の私のこのコメントを含む、このやりとりそのものが「余計なお節介」という今回のテーマにも結びついているような気がしてきました(笑)

今後もブログの更新を楽しみにしています!!
【2008/08/10 10:26】 URL | 虫とり小僧 #YHpFg9Og [ 編集]

当ブログ管理人より

>>虫取り小僧さん


早速のコメントをありがとうございます。
今回の記事の扱いについてですが、異議があれば訂正・削除の措置を考えていたのですが、今後も特に異議が出ないということであれば、このままの形にしておこうかと考えています。

いずれにしましても、今後はコメント引用に関して極めて慎重に行うようにいたします。


>言葉を発信することに付随する責任というのは、
>時になかなかのものになってしまいますね。。。


この点、確かにその通りです。インターネットというのはオープンな場ですから、特に慎重になる必要がありますね。
今回の一件は、私にとっても大変大きな勉強となりました。
【2008/08/10 16:05】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


うーーん。
なぜ、水瀬さんが不満もしくは、不愉快に感じるのかが良く分からないですねぇ。
本記事は、水瀬さんの投稿に対する、賛同的な内容ですし、「誰しも経験していること」をより具体的に表すために引用したに過ぎません。
「余計なお節介の代表」というのは、考え過ぎであり、気の回しすぎなのでは?

なにより、ブログに対するコメントは基本的に引用自由が前提ではないでしょうか?

コメントに対して、管理者がその文章を引用し意見を述べるのを制約するのは、正しくない。
これでは、コメント機能付のブログの存在価値がないじゃないですか。
引用されたり、個別にコメントされるのがいやなら、非公開「管理者だけに表示を許可」にて投稿するべきだと感じますねぇ。
公開コメントを、管理者へのエールや賛同文書で埋め尽くしても、ちっとも面白くないと思いますよ。
コメントを引用して、それに対する提言、批判、否定をするのは管理者の自由だと思いますし、その行動を制約するべきではないと思いますねぇ。

話を戻しますが、今回の引用は、「一般論」を補強するための引用であり、皆さん気の回しすぎ、だと思います。
【2008/08/11 01:01】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>masaさんへ

いやいや、怒っているわけではありませんし、masaさんに悪意などないことも分かっているつもりです。
また、記事でご主張されている結論自体には、私も異論はありません。

ただ、masaさんのブログはいろいろなかたが読んでいる人気ブログなので、他人の失敗談を引用しての記事作成は誤解をまねく表現手法ではないだろうか?という勝手な懸念から、あえて不満のコメントを書かせていただきました。
同じ表現手法を繰り返されるうちに、「他人の失敗の傷口に塩を塗るようなやつだ」などと受け取る人が出てきて、masaさんの評判を落とすことにでもなったら大変です。

とはいえ、元町愛さんの仰るように気の回しすぎだったかもしれません。
記事に付けられたコメントは公開情報ですから、どう利用しようと管理者の自由というのもわかります。
器の小さなことを言ってしまいました。
こちらこそ、申し訳ありませんでした。
【2008/08/11 07:46】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


こんばんは。コメントの引用についていろいろ考えさせられました。
ブログを書く人は、基本的に引用されるとか批判される覚悟で書いていますが、コメントを書いていただいた人はどうなのかによって、受け止め方が違ってくるのかもしれません。

元町愛さんのコメントがうさみみも正しいという認識と持っていましたが、「はずかしい」という気持ちを持つもの事実(=引用したことに対してそう書かれたこともあります)だし、「取り上げていただいて嬉しい」と思う人もいますし、うさみみもブログを書くときに、コメントの引用は慎重にしないといけないといけないなって思いました。

ただ、コメントからの引用で話題を深くしていけるのも、ブログの良い点であると思うのも事実であり、そうでなければコメントを公開する意味もなく、公開されないコメントなら、他の方も得るものがないというのもブログの性質ですよね(^^♪
【2008/08/12 07:11】 URL | うさみみ #- [ 編集]

ネットにおけるコミュニケーションの難しさ
>>水瀬さん

わざわざコメントを頂き、ありがとうございました。
水瀬さんのコメントの主旨については、よくわかりました。

------------------

コメントを頂いた他の方を含めて、今回はまとめレスにて失礼します。


今回の件に関しては、ネットにおけるコミュニケーションの難しさを感じているところです。
私としては、基本的に元町愛さんが書いておられるとおりの考え方でありました。
私自身の書いているブログの文書に関しても、そもそもネット上で誰もが読める形で公開している以上、他の方々に引用される場合があるのは当然と考えております。また、同じく元町愛さんが書いておられるように、管理者への賛同文書で埋め尽くしてしまうというのは、私も同様に面白くないと思っています。私個人としては、例えば、私のブログに対する批判・反論・否定をすることを目的として、私の書いた文章を引用するのも別に何ら問題ないと考えています。ついでに書いておきますと、私自身も自分の失敗例を書いたりすることがありますが、それについても「失敗の代表例」として取り扱っていただいて構わないと考えています。物事を成功させる秘訣の一つは、他人の失敗例から学ぶことだと考えているからです。



ただ、私の間違いは、「自分がそう思っているからといって、他人もそう思っているとは限らない」という点だろうと思います。また、今回の記事の書き方・構成の仕方が悪かったのも事実です。



今後は、こういうことがないように気をつけたいとは思っています。

とはいえ、ここがまた難しいところなのですが、うささみさんが書いておられるように、コメントからの引用で話題を深くしていけるということもまた、ブログの特徴の一つだと思いますので、非常に判断の難しいところではあります。

コメントをどのように扱うべきなのか、もっと深く考える必要がありそうです。
いずれにしても、今回は反省すべきことばかりではあります。

現状ではまだ考え・今後の明確な方針がまとまっていないため、、今のところはこんなことしか書くことができません・・・。

【2008/08/14 08:11】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/364-7d7f460a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。