プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功から学ぶか、失敗から学ぶか
私は、物事を学ぶ上では二つの方法があると考えています。それは何かといえば、「他人の成功から学ぶこと」と、「他人の失敗から学ぶこと」の2つです。

私自身は、どちらかと言えば、他人の失敗から学ぶことに重点を置いています。その理由は、私の好きな言葉の一つで表現することができます。その言葉とは・・・


「成功者には必ずしも共通点があるとは限らないが、失敗者には必ず共通点がある」


というものです(この言葉、あるいはこれに近い言葉を何かの本で目にしたと思うのですが、忘れてしまいました)。
そもそも、成功者の事例というのは、現実問題として、役に立たないことが多いと私は考えています。どんなことであれ、物事が成功するためには、当人の意欲や能力・才能の他、運という要素も含めた、様々な要因が極めて複雑に絡んでいるからです(もちろん、成功者の人生を描いた文献などは、読み物として非常に面白いのは間違いありませんが・・・)。

それに対して、失敗というものは、多くの場合、極めて単純な要因に起因することが多く、それゆえに、より学びやすいと考えているのです。

そしてまた、何よりも、世の中には成功事例よりも失敗例の方がはるかに多いものです。一人の成功者の影に、何百人・何千人・何万人もの失敗者がいるということは珍しくありません。そういう意味では、ごく一部しかいない成功者の事例を学ぶよりも、多数の失敗事例から何らかの教訓を得て、それを他山の石として、あるいは反面教師として活用する方がはるかに現実的だと思います。


かくいう私も、様々な点において、他の人を反面教師として学んできた人間の一人です。


投資に関しても同様であって、少なくとも私の知っている範囲内においては、投資で実際にお金を儲けた人というのは誰一人としていないのが現実です。その失敗者の多くは、利益にばかり目がくらんで投資のリスクをきちんと理解していなかったり、投資手法が個別銘柄投資といったものが大半でした。

私はそうしたいくつかの事例を反面教師として、投資家として様々なことを学び、そして実践してきました。

・・・というよりも、投資で成功した人というのが一人もいなかったため、成功者から学ぶということができなかった、というのが本当のところではあるのですが・・・。
こう書いてしまうと、身も蓋もないのですけどね・・・(^^;)




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

 「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
 プロ野球の野村克也監督の言葉ですね。
【2008/08/30 11:18】 URL | いつかの通りすがり #- [ 編集]


成功しつづける人がほとんどいない以上、成功体験も再現性がないと考えれば、失敗から学ぶ方が多いかもしれませんね。
表面的な失敗例は分かるのですが、「内面=心の持ちよう」はなかなか見えてこないので、想像するしかないですね。

【2008/08/30 14:26】 URL | うさみみ #- [ 編集]


「歴史を学ばぬ者は過ちを繰り返し、歴史を学んだ者は新たな過ちを犯す」

という言葉もありますし、

「失敗しない」 ≠ 「成功する」

なので、成功するには成功者から学ぶのが早いと思います。
私の場合、幸運にも仕事や資産運用での成功者の話を聞く機会には恵まれていますが、方法を理解したからといって、それを実行することはまた別物だと感じています。
うさみみさんのおっしゃっている「内面=心の持ちよう」もありますし、知識や技術面の問題もあります。
【2008/08/30 20:03】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]


> 世の中には成功事例よりも失敗例の方がはるかに多い

今回の記事を読んで、思い出したことがあります。
どの本に書いてあったのかは失念してしまいましたが、確か、中国の
故事だったと思いますが、以下のような話を読んだことがあります。

昔、名馬を見分ける名人がいた。あるとき、この名人は、
嫌な奴だと思っている人には、名馬の見分け方を教えた。
かわいがっている弟子には、駄馬の見分け方を教えた。

なぜかというと、

名馬の数は少ないので、見分け方を知っていても、殆ど活用する機会が
ないので、馬の目利きとして生活することはできない

が、

駄馬は多いので、見分け方を知っていれば、それで生活ができる。

という話でした。

成功例と失敗例でもこれと同じようなことが言えるのではないかと思います。
私も、masaさんと同様、成功例はあまり参考にならない場合が多いのではないか、
と思っています。というのも、華々しい成功ほど、運の要素が大きいように思える
からです。

ただ、成功例は、モチベーションを高めるには、いいかもしれませんね。
よし、自分もああなろう!、というふうに。

【2008/08/31 07:58】 URL | ひろん #- [ 編集]


>投資で成功した人というのが一人もいなかったため、
>成功者から学ぶということができなかった、
>というのが本当のところではあるのですが・・・

私もおんなじ。
投資で億万長者になった人どころか、宝くじにあたった人にもあったことがない。
億万長者には会ったことありますが、皆さん事業で成功したか、代々金持ちかの
どちらかです。

で、私は思うんですけど、
投資や宝くじで億万長者になった人は、正体(金持ち)がばれないように
ひっそりと暮らしているのではないでしょうか?
【2008/09/02 21:03】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>>いつかの通りすがりさん

情報をありがとうございます。野村監督がおっしゃっていたのですね。
これは素晴らしい名言ですね!

>>うささみさん

再現性の有無というのは非常に重要だと思います。
もし、再現性があるのであれば、普遍的なノウハウとして、成功者から学ぶことにも大いに意義があるといえるでしょうけど。
内面の問題は確かに想像するしかないでしょうね。本当はこれが一番大事だと思うのですが、その部分だけは自分で考えるしかないということでしょうか。



>>グラフトン通りさん

>「失敗しない」 ≠ 「成功する」

確かにその通りかもしれませんね。

言い訳をしておきますと、私の場合、数多くの読書歴の中でサクセスストーリーも数多く読んできたので、いわゆる成功者の話というのはいささか食傷気味という点が大きいのです(-_-)

いずれにしても、たとえ成功者から学んでも、それを実行するのが困難であるのは確かでしょう。


>>ひろんさん

>駄馬は多いので、見分け方を知っていれば、それで生活ができる。

なるほど。これは面白い話です。
この話は現代社会においても、様々なことに応用できそうです。


>成功例は、モチベーションを高めるには、
>いいかもしれませんね。

そうですね。今回の記事の主旨とは矛盾するようですが、私もそのために数多くの成功者の話を読んできましたから(^^)



>>元町愛さん


>正体(金持ち)がばれないように
>ひっそりと暮らしているのではないでしょうか?

恐らくそうではないかと思います。
事業で成功というのは比較的わかりやすいですし、人目にもつきやすいと思うのですが、投資や宝くじ長者の場合、なかなか表には出にくいと思いますね。


【2008/09/05 21:28】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/367-cfd4a1ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。