プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナンシャルプランナーに投資の相談をしようと思わない理由
私は、ファイナンシャルプランナーに投資の相談をしたことはありませんし、これから先もしようとは思いません(保険商品に関する相談をしたことはありますが・・・)。
その理由は簡単です。自分で判断できるから、という理由も大きいのですが、私にはもう一つ大きな理由があるのです。

私が相談しようとしているファイナンシャルプランナーさんが、お金の投資・運用について本当の意味で熟知しているのか?という点についていささかの疑問を感じるからです。

これは、独立系とか、金融機関系とかそういう話ではありません。
ファイナンシャルプランナーさん自身が、実際に自分自身でどのくらいのお金を、どれだけの期間にわたって、どのような投資手法で、どのくらいの利回りで運用したことがあるのか、ということに対する疑問です。

以前に、マネー雑誌において、読者からの相談に応じているファイナンシャルプランナーさんの記事を読んだことがあります。相談者は1億円以上のお金を預貯金で保有している方で、そういう相談者に対して回答をしていたのです。その相談に対するファイナンシャルプランナーさんの回答は、細かい点は覚えていないものの、まさに「教科書通りの模範解答」という印象でした。しかし、私はここである一つの疑問を感じたのです。



・・・このファイナンシャルプランナーさんの回答は、確かに適切な内容だと言える。しかし、このファイナンシャルプランナーさんは、本当に”1億円以上のお金を持っている状態”ということをきちんと理解できているのだろうか?この相談者に対して回答をしているファイナンシャルプランサーさんは、恐らく1億円ものお金を自分自身では持っていないと思うが、果たして1億円というお金を持ったことがない人が、本当に1億円以上のお金の相談に適切に答えることができるのだろうか?



という疑問です。

実際問題として、お金というものは、持ってみて、そして実際に投資してみて初めて見えてくる部分がたくさんあるように思います。そういう意味において、私自身は、

「お金の投資・運用のアドバイスをする側は、アドバイスを受ける方よりも、より多額のお金を持っているのが当たり前」

だと思っています。
要するに、例えば、100万円のお金しか持っていない人が、1000万円のお金の運用のアドバイスなどできるわけがない、ということです。同様に、1000万円のお金しか持っていない人が、1億円のお金を持っている人に対するアドバイスなどできないのではないかと思うわけです(このことについては、確か以前にも書いたような気がしますが、ずいぶん前の話だと思うので、再度書いておこうと思った次第です)。

また、投資のアドバイスをするのであれば、アドバイスを受ける側よりも、当然のことながらより高い利回りで運用できていることとが大前提だと思います。これはつまり、ゴルフの下手な人が、ゴルフのうまい人に対してアドバイスをしても、何の説得力もないというのと同じです。


また、ファイナンシャルプランナーさんの中には、投資・運用の知識はあっても、自分では投資などしたことがない、という人もおられるのではないかと思います。そうなってくると、もはやそんな人のアドバイスなど机上の空論と言われても仕方がないのではないか、という気がするのです。


以上が、私がファイナンシャルプランナーさんに対して投資や運用のアドバイスを受けようとは思わない理由です。


---------------------------------------

最後に念のため追記しておきます。
今回の記事は、ファイナンシャルプランサーさんをけなすことを目的として書いたものではありません。優れた見識を持っているファイナンシャルプランナーさんもたくさんおられるものと思われます。

私が言いたいことは、お金の取り扱いというものは、感情面などの非常に難しい問題を伴うので、相談を受ける側は、相談者と同等、あるいはそれ以上の金額のお金を持った人でないと、なかなか話がかみ合わないのではないだろうか、ということだけです。例えば、100万円しか持っていない人にとっては10万円のお金の増減は非常に大きなものですが、1000万円のお金を運用するようになると、金融商品の価格変動による10万円程度のお金の増減はたいした金額だとは思わなくなるというような、そういう感覚のズレなどの問題などです。

また、逆に、お金が貯められなくて困っている人からの相談を受ける場合は、相談を受ける側も過去に同じような経験を持った人でないと、やはり話がかみ合いにくいのではないかと思います。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

masaさんのご指摘どおりだと思います。

必ずしも、ファイナンシャルプランナーが信用できないとか、そういう意味ではなく、資産運用のように経験や実体験がものをいう分野では、資格を持っているだけでは十分でないし、それほど資格は重要でないという意味です。

なお、エントリーの題名が「ファイナルプランナー」になっています。
【2008/09/03 17:01】 URL | PALCOM #- [ 編集]

こんばんは
こんばんは。
いろいろ考えるとFPというには大変な仕事だなって思います。
うさみみもFPの勉強をしようと本を買ったことがあります。まさに教科書を覚えるような感覚でした。
でも、そんな型にはまる前に、自分で考えてやってみようと今に至っています。

すると、投資をやっている人だとあたりまえの「感情的なこと、精神的なこと」が重くのしかかるということはFPさんからアドバイスを受けることってあるのかなという疑問と、FPさんから得られるもののほとんどは自分で習得可能であるように感じました。
資産形成の段階における思考の違いも、masaさんのご指摘のとおり、段階でちがってくるのを体感しました。1億円の体感もしたいとこですが(笑)

人にアドバイスするってのは、大変ですね。セミプロのような人や素人などいろいろいますもんね(^^♪

ところで、masaさんには教えていただいてばかりで恐縮なのですが、もしよろしければ相互リンクをお願いできませんでしょうか?

30歳代からの資産運用~よちよち投資家のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/ryukunusamimi/

を運営しております。どうかご検討よろしくお願いします(^^♪
【2008/09/03 21:14】 URL | うさみみ #- [ 編集]

記事のタイトルを訂正しました
>>PALCOMさん

>なお、エントリーの題名が「ファイナルプランナー」になっています。

ご指摘ありがとうございました。早速訂正しました。
記事内容について書いていただいたコメントに対するレスは後日あらためて書きたいと思います。


【2008/09/03 21:22】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


資格は単なるマニュアルだと思います^^
独立FPでもどこかの証券会社とつながっていたりして、結局はソコの商品の売り手であったり・・・
ETFがあれば運用成績も、さほど変わらないような気がします。。

運用以外の面では、家計のバランスや保険、相続など、使える面もあるのですが。
【2008/09/03 21:24】 URL | 投信戦略の発想法 #- [ 編集]


masaさんこんばんは

表現の一部の揚げ足をとるようなコメントになり恐縮ですが

>「お金の投資・運用のアドバイスをする側は、アドバイスを受ける方よりも、より多額のお金を持っているのが当たり前」

とありますが、これはそうでしょうか?

たとえお金持ちではなくても、汎用性のある資産運用方法(金融工学にもとづいた資産運用等)を学んだ上で少々の想像力を働かせることができれば、自分よりもお金持ちを相手にアドバイスすることは十分可能だと思います。

masaさんも読書の意義について考えるに書いていらっしゃるとおり、実際に体験していないことからでも身に付く知識・経験というものも相当あるように思いますから。

要は、ファイナンスインテリジェンスの問題なんじゃないですかね?

私の何倍もの資産を持っていながら、証券会社のカモにされていた父のことなどを考えると特にそう思います・・・i-229

日本のFPに資産運用の相談をするか?という点について言えば「しません」ですけどね。
【2008/09/03 23:23】 URL | CHARO #- [ 編集]

FPの役割
> 例えば、100万円のお金しか持っていない人が、1000万円のお金の運用のアドバイスなど
> できるわけがない、

一概に、そうとは言えないのではないでしょうか。

例えば、証券会社に勤めていてるFPの場合です。
自分で運用していると、自分の保有銘柄やポートフォリオ関してのバイアスが掛かり、
客観的なアドバイスができなくなるかもしれない。だから、職業倫理上、"証券会社に
勤めている間は、自分では運用しない"、のが正しいのかもしれません。(山崎元さんが
そうだったと記憶しております)

ただ、6桁を運用している感覚と、8桁を運用している感覚は、全く違うというのも、
そうだと思うので、やはり、8桁運用のアドバイスをする人は、それ以上の運用の経験
があった方が望ましいと思います。

また、FPの役割って、資産運用のアドバイスだけではないと思いますよ。
クライアントのライフプランを考慮して、資産運用、保険、税金などの、総合的な
アドバイスをする、また予期せぬ出来事でライフプランの修正をせまられた場合の
アドバイス、などが、その本来の役割だと思います。

【2008/09/04 21:46】 URL | ひろん #- [ 編集]


>100万円のお金しか持っていない人が、1000万円のお金の運用のアドバイスなどできるわけがない

とても悲しい考えです。
「資本主義のもとでは、資産規模に応じて投票権に重みをつけるべき」と同意のように思えます。

ところで、FPは顧客の要望に応じて、データベースから最適なアドバイスをするのであり、そのFP個人の資産がどうであるかは関係ないと思います。

また、話がかみ合うかどうかは、これも資産規模にはよらないのではないでしょうか。
というのも、個人のブログにおいても、管理人さんの資産運用の考えが多くの層の人々から支持されているという事実があるからです。

【2008/09/05 00:08】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]


masaさんのように、投資の基礎を習得した投資家は、教科書的な知識を得るだけでは満足できず、プラスαを求めているのだと思います。

人は、多くの場合、そのプラスαに相当する部分に、お金を落とすわけであり、よほど特殊な知識でない限り、本を読めば書いてある程度の知識を得ることだけにお金は払わないはずです。

お金を払って得る価値がある助言=教科書的な知識と考えている人が多ければ、FPという職業で独立できるはずですが、そうなっていない現状を見ると、お金を払って得る価値がある助言=教科書的な知識だけに留まらない、実体験に裏打ちされた助言を望む人が多いということだと思います。
【2008/09/05 21:55】 URL | PALCOM #- [ 編集]

記事の補足
皆さん、コメントありがとうございました。今回は、長文コメントにつき、個別レスではなく、まとめレスにて失礼させていただきたいと思います。
今回の記事は、恐らく相当な反感を買うだろう、と思っていましたが、案の定でした。

今回、私の記事に対して批判しておられる、CHAROさん、ひろんさん、グラフトン通りさんのコメントに対する率直な感想としては・・・


書いておられる通りであり、反論の余地は全くない


というのが本当のところです。

しかしながら、私自身は、投資のアドバイスをしてもらうなら、私自身と同等か、より多額のお金を持っている人に対してしてもらう必要がある、という考えに変わりはありません(記事では書き忘れていましたが、ただ単に多額のお金を持っているというだけではなくて、高い金融リテラシーをもっていることも前提条件です)。

今回の私の記事の主旨は、PALCOMさんのコメントにある通り、「お金を払って得る価値がある助言=教科書的な知識だけに留まらない、実体験に裏打ちされた助言を望む」ということなのです。さすがにPALCOMさんは読みが鋭いです。


そこで今回は、「ではなぜ、私はこんな風に考えるようになったのか?」ということについて簡単に書いてみたいと思います。
(「簡単に」と書いたのは、この話は非常に深い話で、詳しく書こうとすると膨大な分量になってしまうからです。今日のところはほんの一部分だけを書いてみたいと思います)


もともと、今回の記事の出発点は、「もし私だったら、1億円のお金に対するアドバイスができるだろうか?」という素朴な疑問から始まっています。その問いに対する私の答えは、「とてもムリだ」というものでした。

もちろん、私も様々なマネー本を読んできているわけですから、"それなりの回答”はできるだろうと思います。例えば、ライフイベント表(ライフプラン表)を作った上で、生活費・用途の決まっているお金・当面使う予定のない余剰資金に分け、そのうちの余剰資金を国内債券・国内株式・海外債券・海外株式に分割し・・・といったことです。要するに、”教科書通りの回答”というやつです。

しかし、それでも私は、「私には1億円のお金に対するアドバイスなどできない」と思ってしまったのです。なぜかというと、私には1億円を管理・運用するということがどうしてもイメージできないからです。

私自身は、1000万円超のお金を運用してはいますが、それでもしょせんは「1000万円レベルの思考」でしかありません。「1億円だというのなら、ただ単に1000万円を10倍すればいい」という考えもできますが、お金に関して思索を重ねてきた私としては、そんなに単純なものではないと思うのです。

1億円という金額になってくると、投資対象もより広がる可能性があります。例えば、不動産投資が視野に入ってくるかもしれません。仮に3000万円を不動産投資に回しても、1億円というお金の中の比率で考えれば総資産の30%に過ぎません。これなら、さほどムリをせずとも現物不動産を含めた文字通りの財産三分法が実践できます。しかしながら、私程度の思考レベルでは、その良し悪しの判断すらできません。

投資をするときの値動きの変動幅も非常に大きくなります。1000万円なら1%の変動で10万円の増減ですみますが、仮に1億円を投資するとするなら、1%の変動で100万円もの値動きになります。もし10%変動したなら1000万円の値動きになります。この巨額な変動幅を人は容易に受け入れることができるのでしょうか?私にはわかりません。

また、1億円超という規模になってくると、相続問題も切実な問題になってくるでしょう。相続税対策も、もちろん必要です。しかし問題は税金だけの話ではないと思います。このお金を相続することになる子供世代の金銭教育といったことも真剣に考える必要がでてくると思います。充分なお金の管理能力がないままに莫大な金額のお金を相続させてしまうと、子供の人生を逆に悪い方向へと向かわせてしまう恐れもあるからです。たとえ一人でも浪費家がいたら、家の財産はあっという間に食い潰してしまう恐れだってありえます。1億円を相続するというのは、文字通り宝くじに当たるようなものです。一体どんな風に金銭教育をしたらいいのでしょうか?実際に1億円超のお金を持っている世帯では一体どうしているのでしょうか?一般論としてイメージはできても、具体的なことはわかりません。


・・・他にも考え出すときりがありませんのでこの辺で切り上げたいと思いますが、要するに私には「1億円というお金を持っている状態」というのがさっぱりわからないのです。

人間というものは感情の生き物です。実体験を伴わない、金融の知識のみによるアドバイスでは不十分過ぎるのではないか、というのが私の基本的な考え方なのです。

ちなみに、この考え方は当ブログにも反映されています。それは、「1000万円を貯めてみてわかったこと」「1000万円を運用してみてわかったこと」のシリーズ記事です。こういった内容のことは、実体験がないとわからないものです。わかるはずがないのです。

確かに本を読めば、知識は身につきます。登場人物の立場に立っての仮想体験もできます。私自身も多くの読書を重ねてきたわけですからそれはよくわかります。しかし、いくら知識を身につけても、自分自身で実際に経験することに比べればたいしたことはありません。百聞は一見に如かず、という言葉の通りです。



もし仮に、私が誰かからアドバイスをもらうとしたら、”どこかの本に書いてあるような教科書通りの知識”などいりません。そんなことは本を読めばわかるからです。そうではなくて、私が欲しいのは”実体験に基づくアドバイス”なのです。そのためには、自分とできるだけ近い立場である必要があると考えます。私が、記事本編の中で、「実際問題として、お金というものは、持ってみて、そして実際に投資してみて初めて見えてくる部分がたくさんある」「100万円のお金しか持っていない人が、1000万円のお金の運用のアドバイスなどできるわけがない」と書いたのはそういう意味です。決して、充分なお金を持っていない人を軽蔑する意味で書いたのではありません。資産家の家に生まれない限り、誰でもゼロからのスタートなのですから・・・。


実際とのところ、お金のアドバイスというのは、ある意味では人生そのものに対するアドバイスと同じだと思います。人生の様々な局面を乗り越えるためのアドバイスです。そのアドバイスの良し悪しによって、アドバイスされた人の人生に大きな影響を及ぼすことになるかもしれません。だからこそ、実体験をベースとしたアドバイスが欲しいわけです。

・・・書くべきことはまだまだあるのですが、書き出すときりがないので今日のところはこの辺でストップしておきたいと思います。


今回頂いたコメントに対するレスとしては不十分なものではありますが、まずは私自身の基本的な考え方を述べることが先ではないかと思ったので、こういう形にさせていただいた次第です。申し訳ありませんがご了承願います。

なお、繰り返しになりますが、今回の記事は、ファイナンシャルプランサーさんを批判する目的で書いたわけではないということをあらためて明記しておきたいと思います。私自身ファイナンシャルプランサーさんに相談した経験があるのですから・・・。


-------------------------------------------

なお、うささみさんのブログとの相互リンクの件ですが、通常はお断りするのですが、今回は受けることにしました。すでにリンクの登録を完了しています。今後ともよろしくお願いします。

【2008/09/07 08:12】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


まとめレス、興味深く読ませていただきました。
うさみみも同じなのですが、自分で考えて行動していくという発想でやってきているから、自分の足りない部分を、見えてない部分、未知の部分のアドバイスを求めているということではないかと思います。

> 例えば、100万円のお金しか持っていない人が、1000万円のお金の運用のアドバイスなど できるわけがない、

こういうのは決め付けることが誤りであることは確かです。
ただ、求めているものによっては、人によっては、正しいとも言えなくないことであるとも思います。
反対意見もまとめレスも、どちらが正解といえるものを決めるのは困難であり、そういう必要性が無い性質のものなんでしょうね。

こうしていろんな本音の意見がたくさん出てくるこのブログは、本質的な部分を追求しているからこそであり、うさみみのブログでも目指すところです。

いつもはお断りされている相互リンクをうけていただいて、非常にうれしいです(^^♪
早速、リンクを張らせていただきました。
今後ともよろしくおねがいします(^_-)-☆
【2008/09/07 18:48】 URL | うさみみ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/08 00:24】 | # [ 編集]


自分の力でこつこつ運用し、それこそ節約生活をして、その結果1000万円貯めたのであれば、1億円貯めたときも同じような感覚ではないのでしょうか。

代々の資産を運用している場合と違い、たぶん、masaさんがそのときを迎えても淡々としてそうに思えます。

FPに関してですが、masaさんのような位置づけでは、たぶん必要は薄いのではないかと思います。
私としては、もう少し技術的なところを含めて、個別で尋ねたいことが多くあり利用してみたいと思っていますけど、なかなか機会が訪れませんね。
(尋ねたいことが、ネットや本にないため。限界を感じているためです)
【2008/09/08 01:39】 URL | 煙々 #RaJW5m0Q [ 編集]


>>うささみさん

>こういうのは決め付けることが誤りであることは確かです。

確かに決めつけてしまうのは間違いではありますね。
今回の記事に関しては、「もし私だったら・・・」という話でしたので、こういう形になってしまったのですが・・・。
求めるアドバイスの内容によって、大きく違ってくるのだろうと思います。


>いつもはお断りされている相互リンクをうけていただいて、
>非常にうれしいです(^^♪

相互リンクについては、ブログを読ませていただいて、内容が充実しているようでしたので受けた次第です。
原則的には、相互リンクは断るという方針に変わりはないのですが。


>>煙々さん

>1億円貯めたときも同じような感覚ではないのでしょうか。

ううむ。なるほど。もしかしたらそうなのかもしれませんが、やはり1ケタの違いというのは非常に大きいのではないだろうか?と思っています。1億円となると、運用収益のみで生活するということも視野に入ってきますから、そういうことも含めて感覚が違うのではないかと考えているのです。1000万円単位での思考しかできない今の時点では、あくまでも想像することしかできませんが・・・。



>FPに関してですが、masaさんのような位置づけでは、
>たぶん必要は薄いのではないかと思います。


確かに、そう思うこともある半面、第三者に客観的に評価してもらいたいと思うこともあるのです(^^;)
今のところは、ブログの記事を書いたり、個人投資家さんたちのブログを読むことがその代替になっているのですけどね・・・。
【2008/09/13 09:07】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


masaサンの考えに
賛成ですけどね、わたし。

【2008/12/27 09:19】 URL | 横浜せくすい #- [ 編集]


こんにちは、FPや証券外務員1種などの資格を取得しコンサルの仕事をしております。
私としては、投資は、年に1回か2回チャンスがあるときに行いましょうという考えです。
今、はやりの相続税対策も、必ずしも年齢が高い順に死亡するとは限りませんからね。
内容をしっかり把握している人に相談できるチャンスがないのが日本ですね(笑)
【2014/11/26 10:28】 URL | サムライ太郎 #- [ 編集]

また、バブルが近づいてきたようです・・
本当に繰り返しますね、投資のサイクルは。
あの時(リーマン前)調子良かった人たちはどうしてるのでしょうか?
私はまだ生きてますよ。でもインデックスTSPは未だマイナスですが・・。

来年辺りから売っていこうと考えているのですが、アドバイス戴けないでしょうか?
【2014/12/21 22:04】 URL | 預金王 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/368-666ba713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。