プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融機関破綻のニュースで考える、リスクに対する鈍感さという問題
金融機関が破綻したというニュースを見聞きする度にいつも思うことがあります。
それは何かというと、「金融機関というのは、リスクというものについてもっとも良く理解しているはずなのに、なぜこうもあっさりと破綻してしまうのだろう?」ということです。
要するに、融資にしても投資にしても必ずリスクというものが伴う。にもかかわらずリスク管理がこうも甘いのはなぜなんだろう?と疑問に思ったわけです。

この、長きにわたって持ち続けてきた疑問について、私なりにその答えを考えてみたわけですが、その結果は毎度のことながら、単純なものでした。それは・・・



もしかしたら、金融機関というものはリスクをとることが当たり前であるがゆえに、リスクに対して鈍感になってしまい、少々リスクが大きくなってもそれをリスクだと感じなくなってしまっているのかもしれない



ということです。

私がこういう風に考えたのには理由があります。私自身が「リスクをとる」ということに対して、以前に比べて鈍感になってしまっていると感じているからです。どういうことかというと、当ブログで何度も書いてきたことですが、投資を始めた当初はわずか数十円・数百円の値動きにも一喜一憂していたのに、今では一日に何十万円という値動きがあっても、何も感じなくなってしまっている、という事実があるからです。

「投資に慣れてきた」と言えば聞こえはいいのですが、もしかしたら、私もリスクというものを甘く見過ぎている部分があるかもしれません。

自分がとっているリスクというものに対して、あまりにも鈍感になりすぎていないか、たまには自己分析をして見直した方がいいのかもしれないな、と思った次第です。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

> リスク管理がこうも甘い

一概に "甘い" とは言えないのではないでしょうか。AIGは、ご承知の通り保険会社であり、
保険会社とは、それこそ、リスク計算のプロ集団(のハズ)です。リスク管理が甘いという
よりも、想定の範囲外の出来事によって吹っ飛ばされた、というような感じだと思います。

伝統的な手法でローリターンで我慢するか、金融工学を駆使してハイリターンを狙うのか。
日本の金融機関は前者で、俗にいう外資は後者なのでしょう。ただ、日本の金融機関は、
1周遅れで先頭に立ったようなものだと思います。今回の "失敗" で、USは、デリバティブ
などの新たな規制を、"工夫" してくると思います。おそらく、立ち直りは意外に早く、
(日本の失われた10年のように長くはかからない)復活したときには、"工夫"された
デリバティブ、または新たに設計された金融商品、より進歩した金融市場によって、日本
の金融機関・市場に大きく差をつけるようになるのではないかと思います。


> 自分がとっているリスクというものに対して、あまりにも鈍感になりすぎていないか、
> たまには自己分析をして見直した方がいいのかもしれないな、と思った次第です。

同感です。
【2008/09/27 05:36】 URL | ひろん #- [ 編集]


うさみみが感じたのは、信用創造の仕方が問われているように思います。
もともと自己資本が少ない中で信用創造で大きな金額を動かしている中で、一瞬にして凍りついて砕け散るってことがあるんだな。。。あることは分かっていたけど、目の当たりにしたということで。

確かに崩壊した金融機関はリスク管理が甘かったのでしょう。
また、一方で風評被害とか別の要因でも一気に崩れることもあるし。

レバレッジがバッシングされているということは、そもそも相当背伸びしてきたという風に捉えると、これから長期的に必ず世界経済が成長し続けることは、実は、危ういのかななどと考えてしまいます。
そこが、うさみみが、長期投資だけにせずに、中期も取り入れている理由なんですが、やはり長期的な成長は信じたいところです(^^♪
【2008/09/27 15:20】 URL | うさみみ #- [ 編集]


はじめまして。ろくすけと申します。

金融機関は、金融機関同士の競争があるがゆえに、リスクをリスクとして認識しつつも
限界まで突っ込まざるを得なかったのでしょう。
「成功報酬、儲けた者勝ち。後のことは知らん」ですから、手っ取り早く収益を得る必要があったのかと。
幸い日本の金融機関は閉じた競争環境の中でやってきたから、結果として傷が浅かった、
ということだと思います。

個人投資家としては、リスクに対する鈍感さがむしろ武器になり得ると思います。
時間とアセットの分散が出来ている限り、致命傷にはならず、長期的には報われると信じています。
【2008/09/27 17:30】 URL | ろくすけ #- [ 編集]


リーマンブラザーズもワシントンミューチュアルも100年以上続いてきた企業ですから、リスク管理が「甘い」とは言えないと思います。
それに、リスクは数値で表わされるため、感覚でリスクを計ることは決してありません。

「サブプライムローン問題」と名がつく遥か前から、米国系金融機関の抱える不良債権について、知識人の間では問題視されていたことから考えると、金融機関もリスクを認識していたことでしょう。ひろんさんがおっしゃっている通り、想定外のことが起きただけです。
リスクを認識ていたからこそ大きな混乱が起きずに済んでいるのかも知れません。

> 自分がとっているリスクというものに対して、あまりにも鈍感になりすぎていないか、
> たまには自己分析をして見直した方がいいのかもしれないな、と思った次第です。

このように考えられる人は稀ですし、恵まれた思考の持ち主だと思います。
【2008/09/27 20:43】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]


>私もリスクというものを甘く見過ぎている部分があるかもしれません。

コレが認識できている内は、案外大丈夫かもしれません!
私が失敗したのは、大儲け(一時的ですが・・)した後に予測もできないほどの暴落(ほとんど紙くず)に見舞われたことです。
投資手法を変え、リスク資産をセーブしたので最近はぐっすり眠れますが^^;(山崎元よろしく)必勝法はないと思っています。

考え方はいろいろあると思いますので決めつけ(以前はご迷惑をおかけしました^^)はできませんが、今のリスク資産が大破しても対策をとれる!という状態にしておけば、リスク管理は成功するのではないでしょうか?
【2008/09/27 21:37】 URL | 投信戦略の発想法 #- [ 編集]

木を見て、森を見ず
> リスク管理がこうも甘い

「木を見て、森を見ず」
個別の証券化商品のリスク管理はできていたのでしょうが、証券化市場全体のリスク管理ができていなかったということだと思っています。それから実際、モラルハザードが蔓延していたのだと思います。投資銀行という業態は崩壊してしまいました。

私の金融資産構成も証券に偏っているため、今後コモディティを取り込んでいこうと考えています。
【2008/09/28 09:49】 URL | はむはむ #- [ 編集]


今回は、個別レスではなく、まとめレスとさせていただきますので悪しからずご了承下さい。


ひろんさんとグラフトン通りさんのコメントを読ませていただきまして、「なるほど」と思いました。いつもながら、このお二人のコメントは素晴らしいとしかいいようがありません。

確かに、リスク管理・リスク計算はきちんとできていたのでしょうし、想定外の出来事で吹っ飛ばされた、というのもその通りなのでしょう。その点は確かなのだろうと思います。

しかし、それでも私にはリスク管理が完璧であったとはどうしても思えないのです。
そんなわけで、今回は、私が「リスク管理が甘い」という表現を使った理由を書いておきます。

リスクは計算によって算出できたとしても、その計算結果に対してどういう判断を下すかは、あくまで人間が行うものだと私は考えました。リスクを感覚で捉えることはないにしろ、計算結果としてのリスクに対してどういう判断を下すかということは結局のところ、”人間の感覚”に委ねざるを得ないはずです。そこに、「リスク管理の甘さ」という問題が潜んでいるように思えるのです。

人間というものは、自分が見たいと思うものしか見ない、あるいは自分が信じたいと思うものを信じたがるという愚かな生き物だと考えて差し支えないと思います。これはいかに優秀な人であっても同じでしょう。

確かに、想定外の出来事ではあったのは間違いないと思います。しかし、長い伝統を持っている金融機関が、本当に、今日の事態を想定していなかったのだろうか?という疑問が私にはどうしても残ってしまうのです。「頭の片隅では想定していたが、あえてそれを無視しようとしたのではないだろうか」という疑問が・・・。

ろくすけさんのコメントにあるように「金融機関同士の競争があるがゆえに、リスクをリスクとして認識しつつも限界まで突っ込まざるを得なかった」のではないかという気がしてなりません。

こういう風に思うのは、かつての日本のバブル経済の時にそのような”雰囲気”があったからです。それゆえに米国でも同じだったのではないかと、私には思えてしまうのです。

結局のところ、はむはむさんが書いておられるように、「個別の証券化商品のリスク管理はできていたのでしょうが、証券化市場全体のリスク管理ができていなかったということ」こそが問題の本質なのではないかと思います。


【2008/10/04 22:37】 URL | masa #d0ejsjsM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/375-58dcd30a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。